4/8発売 カップヌードル 蘭州牛肉麺

4/8発売の日清「カップヌードル 蘭州牛肉麺」を食べました!
中国の蘭州市のご当地麺料理をカップヌードルにした商品です!

4/8発売 カップヌードル 蘭州牛肉麺

なんだかこの「蘭州牛肉麺」って、ちょっと流行ってるのですかね!
少し前に同じく日清の「麺職人」からもこの味が出ていましたし!

ポイントは牛肉ベースのスープ+パクチー+ラー油とのことです!

パクチーというと東南アジアで使われるという印象が強いのですが、
こちらの蘭州市は別に東南アジアに近い地域というわけではありません!

中国の北西部あたりで、東南アジアよりモンゴルのほうが近いです!
パクチーってアジアのけっこう広い地域で親しまれているのですね!(*゚ー゚)

外国系のカップヌードルらしく、「CUP NOODLES」と複数形になってますね!

4/8発売 カップヌードル 蘭州牛肉麺(内容物)

◎内容物 - 後入れの特製辣油つき


後入れ用の小袋として、特製のラー油がつけられています!
また具材に目をやると、やたらとねぎの量が多いのが目につきますね!

パクチーとまざって緑が目立っているという側面もありますが!

4/8発売 カップヌードル 蘭州牛肉麺(できあがり)

ねぎも多いですが、ダイスミンチもなかなか充実していますね!

◎スープ - ラー油から広がるパクチーの香りが強烈


まずはベースのスープですが・・・けっこう優しい牛系スープですね!(*゚◇゚)

ちょっと白濁した牛系スープですが、ワイルドな牛骨ほどクセはなく、
むしろしっとりとした牛の旨味を引き出したタイプのスープですね!

なので、牛の風味がガンガンと攻めてくる感じではないのですが、
決して弱くはなく、優しさがありながらもじわっと旨味がきます!

日清はときどき牛脂をガツンと効かせるスープを作ってきますが、
今回は牛脂を使いつつもそこまで攻撃的な印象はないですね!

全体的にほどよくコクがありつつも優しいスープと言えるでしょう!

さらにそこにふわっとパクチーの香りが軽めに漂ってきます!
また牛以外の旨味についてはこれと言ってアピールしてきません!

なので、複合的なスープというよりはかなりシンプルな内容ですね!

そしてここに後入れオイルを入れると・・・一気にパクチーが来ますね!(●・ω・)

この後入れオイルは基本的には「ラー油」ということになってますが、
完全にメインとなっているのは「パクチー風味の香味油」と言えます!

オイルを単体でなめても唐辛子の辛さより遥かにパクチーが強いです!
ラー油の持っている唐辛子の風味はもはやおまけと言えるぐらいですね!

でもって、最初の段階ではオイルが少し凝固していたことを考えると、
おそらくパクチー香味油+唐辛子+牛脂という構成なのでしょうね!

なので、このオイルが入ることで牛の風味も増していると見られます!

ただそれでも、やっぱりこのオイルに関してはパクチーに尽きますね!

最近はパクチーをアピールするタイプのカップ麺が増えて来てますが、
その中でもかなり上位に入ってくるぐらいの攻撃性を持ってます!

というか、パクチーが苦手なら絶対に手に取らないほうがいいですし、
かなり人を選ぶぐらいのパンチを持ったスープなのはたしかですね!

それにしても今はカップ麺もここまで攻めるようになったのですね!(=゚ω゚)

決していかにもキワモノ系的な形で発売された商品ではないのに、
これだけガツンとパクチーの攻撃性が出ているわけですからね!

後半はオイルが減ってくるので、いくぶん印象はやわらかくなりますが!

◎スープの原材料


スープの原材料はビーフ調味料、植物油脂、牛脂、香味調味料、
香辛料、チキン調味料、たん白加水分解物となっています!

ほんとにシンプルに牛を中心とした組み合わせになってますね!
牛+パクチー、この2つだけで徹底的にアピールしてきますからね!

◎麺 - カップヌードルらしい麺だが、いつも以上にシンプル


麺はいつものカップヌードルらしい、平打ち系の油揚げ麺です!

ただ麺の持っている個性はいつものカップヌードルより控えめです!
原材料も小麦粉、植物油脂、食塩、香辛料と極めてシンプルですからね!

カップヌードルの麺でシンプルというとシーフードヌードルですが、
そのシーフードヌードルの麺と比べても原材料が簡素になってます!

ただ麺の太さに関してはシーフードヌードルよりも少し幅広ですね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は60gで、カロリーは356kcalとなっています!
脂質は15.9gで、ちょっと高めの数字と言えますからね!

◎具材 - 牛ダイスミンチがなかなかワイルド


具材は牛ダイスミンチ、卵、ねぎ、赤唐辛子、パクチーです!

赤唐辛子は粗びきで、スープに軽くパンチを加えるものですね!
パクチーは具材としてはそれほど目立つ存在ではないですね!

ねぎを減らして、もっとガツンとパクチーを入れても良かったかもです!

ねぎに関してはほんとに量が多いですが、主張は普通ぐらいでした!
オイルに含まれているパクチーの風味が圧倒的な強さでしたからね!

卵はいつものカップヌードルに入っているおなじみの具材ですね!

そして牛ダイスミンチですが・・・なかなかのワイルドさですね!(`・ω・´)

いつもの謎肉(豚ダイスミンチ)ほどジャンクなタイプではなく、
ストレートに肉本来の旨さを伝えてくるのは好感が持てました!

ジューシーというよりは、肉らしさをアピールする感じでしたね!

◎まとめ - 想像以上のパクチーの風味でインパクトはバッチリ


「牛肉麺」ということで、食べる前は牛の印象が強かったですが、
むしろ牛は下支え的な存在で、主役は完全にパクチーでしたね!

それもここまでパクチーを主張してくれるとすがすがしいですね!

それゆえにパクチー嫌いの人には絶対にオススメできないですが、
カップ麺もここまで攻められるんだなという感慨がありましたね!

牛とパクチー、シンプルながらもしっかりとおいしい一杯でした!(゚x/)モキギューヌ

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.