6/4発売 辛節カレーそば

6/4発売のエースコック「辛節カレーそば」を食べました!
こちらはローソン限定の和風そば商品となっています!

このところ特定のコンビニ限定のエースコックの和風そばがよく出ますね!
少し前にはセブン系列でも「揚げなすのおろし風そば」が出ていましたし!

実際このところエースコックの縦型カップのそばの品質向上が著しく、
「エースコックはそばに強い」という印象が広がってるのかもですね!(*゚ー゚)

6/4発売 辛節カレーそば

辛節(唐辛子+魚粉)とカレーそばを合わせた商品のようです!

エースコックは以前に「EDGE」でこの辛節をよく使ってましたね!
EDGE 辛節かけすぎカレーうどん」も辛節+和風麺でしたしね!

なので、この商品とある程度は共通した要素が感じられそうですね!

6/4発売 辛節カレーそば(内容物)

◎内容物 - 後入れの「辛節」ふりかけつき


例によってカップの中には小袋が入っています!
ただ今回はそこまで粉末スープまみれではなかったですが!

それにしてもずいぶんとねぎがたくさん入っていますね!

6/4発売 辛節カレーそば(できあがり)

具も多いですが、それ以上に主役の辛節が目立っていますね!

◎スープ - 控えめなカレーの中で辛節の辛さと旨味が光る!


まずはベースのスープですが・・・かなり控えめな和風カレー味ですね!(*゚◇゚)

また辛節を入れる前の段階からけっこう和風だし感があります!
なので、和風だしベースの優しいカレーそばといった感じですね!

ある意味ではそば屋におけるスタンダードなカレーだしとも言えます!
カレーを和だしによって割った、あの優しい味わいのカレーですね!

その中にも一定程度引き締まったスパイス感は感じるのですが、
それでもトータルとして見ればかなり優しいと言えるでしょうね!

ただこの時点ではつゆの線がかなり細いのも否めないところです!

今回はかなり太めで主張の強い蕎麦が合わせられていることから、
このままの段階だと圧倒的に麺のほうが勝つバランスではあります!

そこで辛節を加えてみると・・・おっ、これは一気に化けますね!(●・ω・)

それまで線の細い和だしベースのカレーだったスープが変貌し、
魚介だしがガンガンと攻めるワイルド系魚介カレーになります!

魚介のバランスは辛節が入ることでさらに強まる方向に向かいますが、
それは決して和だしの優しさではなく、魚粉が暴れるような方向です!

そのため、カレーと魚介のバランスはさらに魚介方向に向きながらも、
魚介カレーとしてのパンチの強さや総合力はさらに高まってきますね!

そうなるうえで大きく貢献しているのが、辛節における唐辛子でしょう!

この辛節には一般的なカレー粉にあたる要素は入っていないのですが、
辛節に含まれる唐辛子も立派なカレーを構成する要素ということもあり、
辛節が入ってもカレーが変に後退するような印象が特にないのですよね!

むしろ辛節の唐辛子によってスパイシーなカレーとしての主張が高まり、
唐辛子がカレー側、魚粉が和だし側について両者ががっぷり組む感じです!

ある意味ではベースのスープの正当なグレードアップ版とも言えますね!

そして今回の大きなポイントの1つである辛さもなかなかのものです!
辛口を超えて、大辛と呼んでいいぐらいの辛さはしっかりと感じます!

今回の商品では辛さはそこまで主張してこないと予想していたのですが、
これぐらい辛さをビシッと立ててきてくれているとうれしいですね!

そのかわり辛さに弱い人は避けたほうがいいレベルではありますが!

◎スープの原材料


スープの原材料は魚介パウダー、食塩、カレー粉、糖類、小麦粉、
香辛料、大豆たん白、チキン調味料、粉末ソース、魚介風味調味料、
香味調味料、オニオンパウダー、酵母エキス、全卵粉となってます!

魚介とカレーを主役に香辛料(唐辛子など)が加わるという構成で、
動物系のベースとして鶏も加わり、ソースで素朴さも出してますね!

そういえばたしかにカレーにソースを加えた感が少しありましたね!
そして玉ねぎの風味を効かせているのはエースコックらしいですね!

◎麺 - エースコックのもう一つの強みであるわしわし系極太蕎麦


麺はかなり太めで、わしっとした力強い食感の油揚げ麺の蕎麦です!

最近のエースコックは上品でつるみのある蕎麦を多用していて、
セブンから出た「揚げなすのおろし風そば」もその路線でしたが、
今回はそうした路線からはあえて対極的なスタイルを取ってます!

実はエースコックはもともとワイルドな田舎そばを得意としていて、
最近になるまではむしろそちらのほうが主流だったのですよね!

そしてそれをひさしぶりに全開で出したのが今回の商品と言えますね!
セブン向け商品と正反対な路線を取ってきてるのは面白いですよね!

この麺はワイルドで力強いので、下手なスープを合わせてしまうと、
麺に完全に食われますが、今回は辛節がバチッと主張しているので、
この強い麺と合わせても全く食われてなかったのが素晴らしいです!

ちゃんとこの麺とバランスの取れるスープになってたのですよね!(`・ω・´)

このあたりの組み立てについてはさすがだなと思わされましたね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは377kcalとなっています!
脂質は11.4gで、油揚げ麺の商品としては非常に軽いです!

具材に揚げ玉が多いのに、よくここまで数字を抑えられましたね!

◎具材 - 主役不在ながらねぎと揚げ玉は充実


具材はねぎ、揚げ玉、大豆加工品、唐辛子という組み合わせです!
粗びき唐辛子に関してはスープの一部として機能している感じです!

まずはねぎですが、これはかなり驚くぐらいの量が入っています!
画像ではほどほどの量に見えますが、実際にはかなり多いですね!

でもって、今回のねぎは2種類のものが入っているのですよね!

薬味らしいノーマルで硬めの乾燥具材としてのねぎが入りつつ、
さらにリアル感のあるふわっとした食感のねぎも入っています!

具としてのねぎと薬味としてのねぎの2つが合わさる感じですね!(=゚ω゚)

そして揚げ玉も量が多いことで、なかなかの存在感を見せてます!

またこの揚げ玉はカップの中でかなりのカレー粉をまとってるので、
きちんとカレー風味が全体についているのもポイントになってます!

さらにスープのコクを底上げするという点でも役立っていましたね!

大豆加工品は要するに疑似肉として加えられている具材ですね!
見た目から判断すると、おそらく鶏肉を模しているのでしょう!

エースコックは「そぼろ」と称しながらほとんど肉の味がしない、
「スポンジそぼろ」と呼びたくなるような具材をときどき使いますが、
今回はそれではなく、純粋に大豆を使って作ったものとなってます!

なので、食べるとたしかにちょっと豆腐のような風味がしますね!

何の味がするのかわからないスカスカしたスポンジそぼろよりも、
むしろこちらのほうがいいのではないかと思ってしまいましたね!笑

◎まとめ - 辛さ、魚粉、カレーが融合し、力強い麺と渡り合う良作


一つバランスを間違えば麺の独壇場になりかねない一杯でしたが、
辛節によってスープに明確なパンチを出したことで上手くまとまり、
それぞれの強い主張ががっぷりと組み合う一杯に仕上がりましたね!

ここ最近のエースコックのそば商品は上品系のものばかりでしたが、
こうしてひさしぶりにワイルド系が登場すると面白いものですね!

それぞれの要素がバチッと力強く噛み合う、見事なカレーそばでした!(゚x/)モッギギギ
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.