6/10発売 ピーヤング 激辛春雨END

6/10発売のまるか食品「ピーヤング 激辛春雨END」を食べました!
昨年大きな話題を呼んだ「激辛MAX END」が春雨でも登場しました!

6/10にローソン先行発売、7/1に一般発売開始となっています!

6/10発売 ピーヤング 激辛春雨END

何ですかね、このホラーなのかギャグなのかよくわからないデザインは;

このホラー調のデザインは「激辛やきそばEND」とほぼ同じなのですが、
「じゃないよ。」という白文字が入ることでギャグっぽくなってます(;゚◇゚)

この「ピーヤング春雨」は焼そばではなく春雨のブランドなのですが、
ペヤング系だとわかるように「やきそば」のロゴが入ってるのですよね!

普段の「ピーヤング」なら商品名ですぐに春雨だと気付きやすいのですが、
今回は焼そばとして発売された「激辛MAX END」のデザインを踏襲してるので、
そのままだと焼そばだと勘違いされかねない、だけどこのデザインを使いたい、
そこで出た苦肉の策がこの「やきそばじゃないよ。」の表現なのでしょう!

このデザインを見ると、この商品の正式な商品名は、
「ピーヤング やきそばじゃないよ。激辛春雨END」なのですかね!

焼そば版で「MAX」と入っていた部分が「春雨」へと変わっています!

6/10発売 ピーヤング 激辛春雨END(カップ側面)

ちなみに側面だけだと、うっかり焼そばだと勘違いする感じになってます!
もちろんちゃんと「激辛春雨」と、春雨であることは明記されていますが!

6/10発売 ピーヤング 激辛春雨END(内容物)

◎内容物 - 「激辛やきそばEND」のときと違いはなし


内容物はかやくと液体ソースと、焼そば版のときと全く同じです!

「ピーヤング春雨」は、焼そばに比べると麺重量は低いのですが、
それでも液体ソースの量は焼そば版と違いがないように見えますね!

ソースの密度が濃くなるのか、あるいは春雨だと麺の断面積が増えるので、
その分を補う目的もあるのか、そのあたりはいろいろ考えられますけども!

ソースの袋がおどろおどろしいのも焼そばのときと変わりませんね!
今回も「激辛ENDソース」というふうにデザインされていますし!

そもそも完全に焼そば版のときと同じものを使っているのかもですが!

6/10発売 ピーヤング 激辛春雨END(できあがり)

春雨になったことで、焼そば版よりも仕上がりの色は濃くなってますね!
これは麺の透明感と、麺の細さによるものと考えていいでしょうね!

◎ソース - 味も辛さも焼そば版と同じだが、体感的な辛さは上


まずはその味ですが・・・うん、ソースは焼そば版と同じでしょうね!(●・ω・)

これはソースを単体でちょっとだけなめてみるとよくわかります!
なめたときの感覚が焼そばバージョンのときと変わらなかったですし!

ただし麺と食べたときの体感的な味わいは実はけっこう変わります!

まず食べ始めの段階では「あれ、本当に焼そば版と同じ?」と感じました!

焼そば版の場合はソースと麺の強い風味が合わさってくるので、
ソースの風味と麺の香ばしさや甘みが等価にぶつかりあって、
それゆえに生まれる辛味と麺の風味のバランス感があります!

ただこちらは春雨なので、麺のそのものの風味の主張は弱く、
ソースの持っている風味がダイレクトに舌へと攻めてきます!

ペヤングの激辛系ソースは甘味がけっこう強くついているので、
最初はジャブ、それが3口目ほどで火を吹く感じになりますが、
今回は焼そば版のときよりも辛さの瞬発力が上がっていましたね!

さらに前半はとにかくソースの味がシャープに舌にやってくる、
「一気に前半にとどめをさしてやろう」と言わしめる展開です!(`・ω・´)

焼そば版の持っている、ソースの甘さと麺の相乗効果による、
辛さが遅効性になるという弱点を麺を変えることでなくして、
じわじわ系と瞬発力のある辛さが見事に両立していましたね!

こうして食べると油揚げ麺の持っている辛味緩和効果がわかりますね!

それがなくなった分だけ、やはり体感的な辛さは強まってきます!

しかも麺が細くなることでソースの絡みがさらに向上してるので、
けっこういろんな側面から焼そば版以上の攻撃性を見せますね!

自分は焼そばの「激辛MAX END」に関しては途中スピードを落とさず、
最初から最後までほぼハイペースのまま完食まで持って行けますが、
今回の春雨は途中それなりにスローダウンが必要になりましたからね!

ただ面白いことに、後半になると焼そば版と味が一致してきます!

前半は麺の主張が弱く、その表面絡むソースがダイレクトに来ましたが、
時間が経つとソースがなじんで、麺との一体化がより進むのですよね!

そうすると味もソース単体ではなく、麺と融合した味わいになるため、
焼そば版と近い風味へとだんだんと近づいていったのでしょうね!

◎ソースの原材料 - 「激辛やきそばEND」のときと同じ


ソースの原材料は糖類、たん白加水分解物、植物油脂、食塩、しょうゆ、醸造酢、
りんごピューレ、香辛料、トマトペースト、ポークエキス、野菜エキスです!

原材料の並びも含めて「激辛やきそばEND」のときと同じです!
なので、ここは全く同じソースだと判断していいでしょう!

◎麺 - もち感とプリ感を両立した春雨


麺はかなり細めのノーマルな春雨となっています!
もちろん春雨なので、油揚げ麺ということはありません!

緑豆春雨に比べるとややもっちり感が強めではありますね!
ただ緑豆春雨っぽいプリ感もちゃんと持ち合わせています!

おそらくは緑豆でん粉と他のでん粉のミックスなのですかね!(*゚ー゚)

◎麺量と栄養成分


麺の量は40gで、カロリーは217kcalとかなり軽いです!
脂質は2.1gで、やはりノンフライなので脂質は極めて少ないです!

焼そばの「激辛END」の脂質は26.8gだったことを見ると、
麺だけでおおむね24.7gの脂質が含まれているのですね!

改めてペヤングの油揚げ麺の脂質の高さを感じますね!

実は食べ始める前は「春雨なんて40gって量が少ないし、
辛くてもすぐに食べ終わるんじゃ簡単すぎるだろう」
と思いましたが、間違いだと思い知らされましたね;

まず春雨は40gでも、その倍量の麺ぐらいの食べごたえがあります!
「麺量が少ないから軽く食べられた」という感覚は皆無でしたね!

なので、もしかするとこの商品のもう1つの意義は、
「実は春雨商品は意外と食べごたえがある」
ということを激辛商品を通じて知ってもらうことかもですね!

「ENDにしちゃ麺量が少ないから弱いだろう」と先入観は、
食べ始めてその体感的な辛さの強さと意外なボリュームに、
あっという間に打ち砕かれて、焼そば版より辛いと感じましたね!

なので、この商品は春雨だとあなどるのは絶対にダメですね!
むしろ「焼そば版より激しい」と思って手に取るべき商品です!

◎具材 - 多めのキャベツがオアシス


具材は焼そば版と同様にキャベツと鶏ひき肉となってます!

キャベツはさすがペヤングというか、かなり多く入ってます!

そのカットについても、それなりに大きなサイズではあるので、
箸休めとしての機能性はしっかりと果たしてくれてましたね!(=゚ω゚)

鶏ひき肉は例によって、鶏肉より大豆の風味が強いものです!
煎り大豆粉末を小さな筒状に固めたと考えたほうがいいです!

お世辞にも味は良くないですが、大豆と思えば楽しめます!

◎まとめ - 「春雨だろ」と油断させておいて全力で攻めかかる猛者


とにかく「麺量の少ない春雨だから大丈夫」の油断は禁物です!
むしろトータルで見れば焼そば版よりも苦戦する確率は高いですので!

油揚げ麺の辛味緩和効果がないことの厳しさを思い知らされます!

一方でトータルの味に関してはやはり焼そば版に軍配ですね!
ソースと油揚げ麺との相性の良さを逆に再確認させられましたね!

さて、これで「終わり」と思われていた「ペヤングEND」に、
派生商品ではありながらも新商品が登場したことになります!

これは「ペヤングEND」の次を作ったという意味合いもあるので、
今後のペヤングの激辛系の展開に期待が持てそうな気もしますね!

次の「ペヤング激辛」との橋渡し役のような感もありましたからね!

春雨の激辛はなめてはいけない、そう忠告してくる一杯でした!(゚x/)モギギギギュ

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.