6/10発売 火炎辛麺 赤神 神増し

6/10発売のサンヨー食品「火炎辛麺 赤神 神増し」を食べました!
北九州の「火炎辛麺 赤神」という辛口ラーメン店の再現カップ麺です!

6/10発売 火炎辛麺 赤神 神増し

こちらの「火炎辛麺 赤神」の基本のラーメンが「火炎辛麺」で、
その唐辛子や花椒を大幅に増したものが「神増し」となります!

お店にはさらに辛口仕様の「赤神」というラーメンもあります!
なんだかどちらも店名とかぶっているので混乱しそうになりますが!(=゚ω゚)

この手の辛口ラーメンのお店って東京に多い印象がありますが、
北九州ということで、なんだか珍しいような感じも抱きますね!

6/10発売 火炎辛麺 赤神 神増し(サンヨー食品のロゴ)

この商品でいやに気になったのがこの「サンヨー食品」のロゴです!

「あれ、このロゴって今まで使われていたかなぁ」と思って考えると、
そういえばこれまではサンヨー食品はどんなカップ麺であっても、
いつも「サッポロ一番」のロゴを使って、また商品名についても、
必ず「サッポロ一番」と入れていたのですが、今回は省かれています!

さらにこの次週に発売された商品でも同様の変化が見られたことから、
「あらゆる商品をサッポロ一番と呼ぶ」という方針を変化させたうえで、
「サンヨー食品」という社名の認知度を上げる方向にした感じですね!

自分の中では「サッポロ一番」は味噌や塩のあのブランドのことであって、
サンヨー食品のインスタント麺全般を指すことに違和感をおぼえていたので、
他の商品を「サンヨー食品」表記に切り替えるのはすっきりとしますね!

6/10発売 火炎辛麺 赤神 神増し(内容物)

◎内容物 - 仕上げの小袋つき


サンヨー食品の縦型系商品らしく、後入れの仕上げの小袋がついてます!

そして少し前の縦型商品からそうした傾向が出始めていたのですが、
今回もこの小袋の糊付けの強さがけっこう軽めになっているのですよね!

以前はほんとサンヨー食品の小袋は糊付けがいやに強固だったのですが、
それも改められたという点にサンヨー食品の小さな変化を感じますね!

6/10発売 火炎辛麺 赤神 神増し(できあがり)

このビジュアル、なんだかいかにもサンヨー食品の最近の店カップらしいですね;
具が貧弱で、いやに太いわしわし感のある麺、この組み合わせが最近多いです!

◎スープ - 唐辛子と花椒がビシッと効き、野菜の風味も生きた辛口スープ


まずはスープですが・・・うん、サンヨー食品らしさと辛さ・痺れが生きてます!(●・ω・)

スープの主役になっているのは辛さと痺れの2本と言っていいですね!

仕上げの小袋(調味油)を入れる前はそこまで強烈ではなかったですが、
調味油を投入すると辛味とともに花椒の痺れも一気に強まりましたね!

オイルによってバチッとアクセントをつけるスタイルだったと言えます!

そしてこのオイルはこのところのサンヨー食品が得意としている、
多少炒め感のある野菜の風味もある程度感じさせてきましたね!

このスタイルは「野郎ラーメン」以降に顕著になってきたものですが、
その手法が今回の商品に対しても適用されていると言っていいでしょう!

ただし「野郎ラーメン」が完全に炒め野菜風味が主役なのに対して、
今回はスープを支える様々な要素のうちの1つといった感じでしたね!

主役は辛味と痺れ、そこに炒めた野菜と香味野菜の風味が合わさって、
そのベースを動物系と味噌が支える、そのようなバランスでしたね!

そのため今回は「味噌ラーメン」ということにはなっていますが、
味噌感が前面に出るようなラーメンというふうにはなってないです!

「たしかに味のベースを確かめると、味噌ダレになってるな」と、
そんなふうにして味噌ラーメンであることに気付くような感じです!

そして辛味と痺れの強さは辛口と呼べるレベルには十分達していて、
これなら「大辛」ぐらいと呼んでもいいかなと思えるものはありました!(*゚ー゚)

なので、そこそこ本格派の辛口ラーメンと呼ぶことはできますね!
そのため、辛味が苦手な場合は一応は避けたほうがいいでしょう!

でもって、花椒の痺れが苦手な人もやめておいたほうがいいですね!

◎スープの原材料


スープの原材料は糖類、みそ、食塩、豚脂、香辛料、植物油脂、
ポークエキス、油脂加工品、チキンエキス、米粉、酵母エキス、
香味食用油、デキストリン、発酵調味料となっています!

米粉が入っているというのが、なんだか意外な気がしますね!
大阪では米のスープを主軸にしてるラーメン屋さんもありますが!

米の持つ自然な甘みをスープに加える狙いがあるのでしょうかね!

◎麺 - 最近のサンヨー食品が多用するごわごわ極太麺


麺はわしわしとした質感のかなり太めの油揚げ麺となってます!

商品説明には「もっちりとした食べ応えのある食感」とありますが、
正直なところもっちり感を感じるかというと首をかしげはしますね!(*゚◇゚)

どちらかというと、ワイルド系のわしわしとした食感が近いです!

というのも、標準の5分だとまだ完全には戻り切っていないですし、
それ以降もまだ硬めなので、もちもち食感まで達しないのですよね!

ほんと最近のサンヨー食品はこうした無骨な麺を多用してきますね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは435kcalとなっています!
脂質は17.8gで、おおむね標準的な数字でしょうかね!

◎具材 - さすがにさみしいと言わざるをえない


具材はキャベツと肉そぼろのみという組み合わせになってます!
一応は粗びき唐辛子も具材だそうですが、これは薬味ですしね!

見ての通りキャベツも少なく、肉そぼろも多いとは言えませんね;

実際のお店はもやしがけっこう多めに入るのも特徴なのですが、
そうした野菜盛りという要素はここには全くないと言えますね!(`・ω・´)

こうした傾向についても「野郎ラーメン」のときと同じですね!

スープはしっかり再現を目指すかわりに具材はかなり縮小させる、
それでガツ盛り系のお店の再現カップを出すのは少し謎ですが!

キャベツはごくごく普通、肉そぼろはそれなりに肉感はあって、
具材のさみしい中にもそれなりの存在感を見せてくれています!

◎まとめ - 辛味と痺れがビシッと効いたスープは見どころ


極太のわしわしとした暴れ麺、貧弱と呼ばざるを得ない具材と、
それぞれのパーツを総合すると困ったところもあるのですが、
スープに関しては再現度を高める努力がはっきり見えましたね!

唐辛子と花椒の刺激に野菜の風味が絡む様はなかなか優秀でした!

ビシッとした刺激を楽しみたいときには十分楽しめるでしょう!(゚x/)モキュール
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.