7/8発売 東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き

7/8発売のサンヨー食品
「東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き」
を食べました!

ひさしぶりのサンヨー食品と「青葉」とのコラボ商品ですね!

これまでサンヨー食品と「青葉」とのコラボ商品については、
いつも「名店の味」ブランドから発売されていたのですが、
今回は「名店の味」という文字はどこにも書いてないですね!

もともと「名店の味」はどんぶり型ノンフライ麺だったり、
あるいは縦型だったりと形態をいろいろと変えてきてましたが、
最近は「名店の味」の数商品がスーパーでご当地系の1つとして、
定着してますし、それで製品スタイルを固定したのかもですね!

7/8発売 東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き

サンヨー食品のお店コラボの縦型カップは期待できないことが多いですが、
コラボ経験の多い「青葉」なので、そこはちょっと期待したいところです!

今回はトッピングの「ゆず唐辛子」が大きなカギになるみたいですね!(*゚ー゚)

ちなみにこれまでの「青葉」コラボはこのような商品が出てました!

名店の味 青葉 中野本店 東京魚介豚骨醤油
名店の味 青葉 中野本店 中華そば 今限定濃厚2倍スープ
名店の味 青葉 中野本店 中華そば 麺1.5盛
名店の味 青葉 中野本店 中華そば(ミドルカップ版)
名店の味 青葉 中野本店 中華そば

ノンフライ麺だったり油揚げ麺だったり、いろんな形態で出てますね!

7/8発売 東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き(内容物)

◎内容物 - 後入れの仕上げの小袋(ゆず唐辛子)つき


内容物はフタに張り付けられた後入れの仕上げの小袋となっています!
小袋はゆず唐辛子なので、ベースの味は中の粉末スープのみで担う感じですね!

7/8発売 東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き(できあがり)

具が少ないかなと思ってましたが、実際に作るとそうでもないですね!
おおむねベーシックなラーメンとしての基本は押さえている感じです!

このタイプの商品は味を濃いめに作ったほうが良さそうだったので、
今回はけっこう思い切ってお湯を少なめにして作ってみました!

◎スープ - 王道のWスープにゆず唐辛子がいいアクセント


まずはベースのスープですが・・・まとまりのいいWスープですね!(●・ω・)

この「青葉」は動物系+魚介系のWスープの元祖と呼ばれるほどですから、
ほんとその組み立てはWスープの教科書のようにしっかりとしています!

前面に出るのはかつおを中心にサバや煮干を重ねたふくよかな魚介系、
とりわけかつおの旨味の広がり、煮干やサバがサポートする感じです!

そして前面は魚介が担うものの、ベースの動物系もしっかりしています!

それも決して油脂に頼るのではなく、スープのコクで主張してきます!
豚と鶏を合わせることで、力強くコクのある、そうした下支えとなります!

魚介を前面に出しながらも、動物系の存在感もしっかりと打ち出す、
そしてどこか懐かしさもある、「青葉」らしい味わいと言えますね!

このあたりの組み立ては、これまでのサンヨー食品と「青葉」の
コラボ製品のおおむね延長線上にあると言っていいでしょうね!

そしてここにゆず唐辛子が加わると・・・ほう、これも面白いですね!(=゚ω゚)

一言で言うなら、柚子胡椒に近い味わいが加わると言っていいです!

柚子の香り高さ、ちょっと鋭さのある塩気、そして唐辛子の辛味、
ただし柚子胡椒のように青唐辛子ではなく普通の唐辛子なので、
青唐辛子特有の清涼感のようなものも特に主張してきません!

こうした柚子胡椒的な具材はいろんなスープに合うのですよね!
とりわけ魚介が前に出るようなスープとは非常に相性がいいですね!

たしかにWスープ以上にゆず唐辛子が前に出る側面はあるのですが、
そのゆず唐辛子の風味が心地よく、不満は抱かせてこないですし、
スープをきっちりと味わえばベースの動物系も魚介も生きており、
3つの素材がきちんとトライアングルを組んでる様が見えてきます!

「青葉」のカップ麺はこれまでも何度も発売されていることもあって、
普通のスタイルだと「おいしいけどいつもの味かな」で終わるところで、
なおかつ今回は油揚げ麺なのでその分のマイナス点も出てきますが、
今回はこのゆず唐辛子で一気に大きな得点に結びつけていましたね!

今回のこのゆず唐辛子の選択は大正解だったのではないかと思います!

◎スープの原材料


スープとゆず唐辛子の原材料は食塩、香辛料、糖類、ポークエキス、
魚介エキス(魚介類)、魚粉、しょうゆ、チキンエキス、
クリーミングパウダー、酵母エキス、昆布エキス、発酵調味料です!

この2番目に来ている香辛料がゆず唐辛子にあたるのですかね!

動物系は豚と鶏、魚介も複数種類に昆布も加えているなど、
複合的で重層的な旨味への意識がはっきりと見えてきますね!

◎麺 - 平凡ながらもスープの邪魔はしない


麺はやや平打ち気味で、食感はごく普通の油揚げ麺となってます!

サンヨー食品の縦型カップの油揚げ麺は平凡なものが多く、
食感がいやにゆるみやすいか、あるいは油揚げ麺臭が強いか、
大抵は何らかの欠点を持っていたりすることが多いのですが、
今回は普通ではありながらも特にネガティブさはなかったです!

またお湯を少なくすることで、スープの存在感を強めたことで、
麺の風味がスープを邪魔するというようなこともなかったですね!(*゚◇゚)

このあたりは「青葉」コラボに対する経験値も感じますね!

ただそろそろサンヨー食品はこうした縦型のカップ麺にも
新世代的な油揚げ麺臭の少なくしっかりしたコシがあるような
そうした麺を起用するようにしてほしいとは思いはしますが!

どうしても毎回「麺がなぁ」と思うことが多いですからね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは397kcalとなっています!
脂質は15.4gで、麺量を考慮しても少なめの数字と言えますね!

これは後入れが調味油ではなく、ゆず唐辛子だったためでしょうね!

後入れが調味油だと、全体的にオイリーな方向へと向かいますが、
今回はゆず唐辛子だったことがこうした面でも功を奏しましたね!

このスープはあまりオイルが強くないほうがおいしいと思いますし!

◎具材 - 最低限のものはきっちり


具材はチャーシューチップ、なると、メンマ、ねぎとなっています!

ねぎについてはごく普通で特筆すべきものはないですね!

メンマも普通ながらもきちんとコリコリ感は楽しめましたし、
なるとも素朴な中華そばを演出するうえで貢献してくれましたね!(`・ω・´)

チャーシューチップはやわらかくて甘めのものではありましたが、
肉らしい素材をラーメンに添えるという点では役立っていました!

◎まとめ - 安心のWスープにほどよいアクセント


何か強烈に突出したようなインパクトのある一杯ではないですが、
ベースとなっている動物系と魚介のWスープのまとまりは見事ですし、
そこに加わったゆず唐辛子もなかなかいい仕事をしてくれてましたね!

これならかなり幅広い人が安心して手に取れそうな感じがします!
そのときはお湯はやや少なめにして作るのがオススメと言えますね!

そうすることで麺の持つ油揚げ麺臭の存在感が薄まりますので!

サンヨー食品と「青葉」コラボの経験値の高さが伝わる一杯でした!(゚x/)モッキヌー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.