8/5発売 エチオピア監修 ビーフカリー味ラーメン

8/5発売のサンヨー食品「エチオピア監修 ビーフカリー味ラーメン」を食べました!
神田神保町のカレー有名店である「エチオピア」とのコラボ商品です!

「エチオピア」については、知っている人もかなり多いですよね!

自分は実際のお店のほうにはさすがに訪問したことはないですが、
こちらのお店のレトルトカレーは一度食べたことがありますね!(*゚◇゚)

欧風カレーとは一味違う複雑なスパイス感が印象に残っています!

8/5発売 エチオピア監修 ビーフカリー味ラーメン

最近は大阪スパイスカレーなどスパイスに凝ったカレーも増えてますし、
こちらの「エチオピア」はそうしたお店とはまた違ったタイプですが、
攻めのスパイス感を見せるカップ麺が出るのはうれしいことですね!

カレー系のカップ麺の味もずいぶんと広がってきたなぁと思いますね!

8/5発売 エチオピア監修 ビーフカリー味ラーメン(内容物)

後入れの小袋などはなく、お湯を注ぐだけで完成する方式です!

麺がカップのかなり下のほうに位置していることもあって、
お湯の規定の線がずいぶんと高く見えてしまう形状ですね!

8/5発売 エチオピア監修 ビーフカリー味ラーメン(できあがり)

ねぎがやたらと多く入っているのが印象に残りますね!

◎スープ - クローブなどのスパイスの強さが印象的な軽く酸味のあるカレー


まずはスープですが・・・うん、これは間違いなくなかなか独自性があります!(●・ω・)

一般的な欧風カレーやインドカレーとは一味違った風味ですね!

とりわけ目立っていると感じたのは、クローブの特有の風味ですね!

クローブのシャープな風味、そこにカルダモンも絡んでくる感じで、
もともとどちらもカレーによく使われるスパイスではあるのですが、
明らかにバランス的にこの2つのスパイスを強調してるのがわかります!

普通のカレーはクミンとターメリックの2つを主な軸にしてきますが、
こちらはそのバランスを崩すことによって印象的なスパイス感を演出し、
それによって「独自のスパイス感のあるカレー」としているのですね!

スパイスの全体量がものすごく多いとか、個性的なスパイスを使っているとか、
そういう感じではないものの、間違いなく個性のある風味に仕上がってます!

さらにこのスパイス感を後押ししているのがトマトによる酸味なのですね!(`・ω・´)

スパイスによってシャープな香りを立て、トマトの酸味で引き締める、
それによって香りが強くもサラッと食べられるカレーとなっています!

そして同時に王道のカレーとしての安定感も感じさせるのですよね!
このあたりは大阪スパイスカレー系とはまた違った個性を感じさせます!

老舗ならではのスパイスの技術を感じることのできる一杯ですね!

ベースのスープはビーフですが、これはあくまで下支えに近いです!
ただ意識して味わえば、ちゃんとビーフカレー系統なのは伝わります!

◎スープの原材料


スープの原材料は香辛料、食塩、砂糖、トマトソースパウダー、ビーフエキス、
トマトパウダー、クリーミングパウダー、香味調味料、粉末ポテト、
チャツネシーズニングパウダー、たん白加水分解物、みそ、酵母エキス、
リンゴ果汁粉末、デキストリン、発酵調味料、植物油脂となっています!

まさに王道のインド寄りカレーっぽい内容となっていますね!

スパイスが最大の主役でビーフでスープのベースを作ったうえで、
トマト、チャツネ、フルーツ、野菜などで全体をまとめていく、
その中でちょっと隠し味的に味噌が入っているのが印象的です!

ただ食べてみても味噌が入ってることにはほぼ気付きませんが!

◎麺 - ごくごく平凡な中細の油揚げ麺


麺はあまりこだわりのない、縦型カップ麺的な中細麺ですね!

ごくごく素朴な縦型カップ麺でも使われそうなタイプの麺で、
どちらかというと普通の醤油スープとかのほうが合いそうです!

そうした麺なので一定のスナック的な風味は持っていながらも、
目立ちすぎずスープになじむという点ではそこそこ評価できます!(*゚ー゚)

ただサンヨー食品の縦型カップの麺は全体的に質が低いので、
そろそろそのあたりも改良してほしいと思わなくはないですが!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは417kcalとなっています!
脂質は15.5gで、それほど高い数字になってるわけではないですね!

◎具材 - 肉そぼろ以外はどれもおまけ的な存在


具材は鶏・豚そぼろ、ねぎ、赤ピーマン、玉ねぎとなってます!

全体に肉感を届けてくれているのがそぼろ肉ですね!
肉感もありますし、肉カレーらしさを高めてくれてます!(=゚ω゚)

もちろんできればもっと本格派の肉具材のほうがいいですが、
コストの関係などもあって、それは難しかったのでしょう!

ねぎは薬味としてラーメンらしさを上手く強調していますね!
赤ピーマンはその軽いフルーティーな風味でさわやかさを運びます!

玉ねぎは極めて小さいですが、ときどき軽いアクセントになります!

◎まとめ - 具材や麺はそこそこだが、スープの個性は秀逸


麺や具材も含めた総合力として見ると弱点もあるのですが、
この商品に関しては間違いなくスープが主役と言えるでしょうし、
そういう点では力を入れたスープは注目するだけの価値がありますね!

スパイスの風味が効いたカレーを求める場合は十分オススメですね!(゚x/)モキリューヌ
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.