10/7発売 麺魚 濃厚鯛だしラーメン

10/7発売の東洋水産「麺魚 濃厚鯛だしラーメン」を食べました!
イオン・ミニストップなどのイオン系列の限定商品となります!

10/7発売 麺魚 濃厚鯛だしラーメン

この商品については自分は入手をほぼ諦めていたのですよね;
自分はどうしてもイオン系列に行く機会がほとんどないですので;

ただ今回は偶然にもこの商品を「ウェルシア」で見つけました!
「ウェルシア」も実はイオン系列のお店だったりしますからね!

こうしてごくまれに「ウェルシア」にも流れてくるのですよね!

さて、「麺魚」は以前にも東洋水産からもカップ麺化されたことがあります!
TRY系の商品として「麺魚 濃厚鯛だしラーメン」を過去に紹介してますね!(=゚ω゚)

どうも今回も商品の路線についてはおおむね継承されているようです!

10/7発売 麺魚 濃厚鯛だしラーメン(内容物)

◎内容物 - 後入れの液体スープつき


内容物はフタに貼り付けられた液体スープとなっています!

以前は東洋水産の縦型というと粉末スープの量が多いうえに、
麺が戻りにくかったので困ったことになることがありましたが、
最近は麺も変更されたのでそうした問題はずいぶん減りました!

10/7発売 麺魚 濃厚鯛だしラーメン(できあがり)

うん、いかにも鯛+鶏白湯らしい白いスープになってますね!

◎スープ - 鶏白湯のコクと鯛の旨味が上手く融合


まずはスープですが・・・うん、厚みもあって旨味も豊かですね!(●・ω・)

それにしても最近は鯛系統のラーメンがずいぶん増えてきましたね!
大阪でも鯛のスープのラーメンを出すお店はかなり増えましたし!

こちらのお店はそのパイオニア的な存在としての側面もあるのでしょうね!

魚介を使ったラーメンというのはこれまでにも多くありましたが、
基本的には節系としての処理が施されただし素材がメインなのですよね!

それに対して鯛系のラーメンは鮮魚スープというのが大きな特徴です!

鮮魚としてスープを取っても特有のクセや臭みがそれほど出なくて、
なおかつ旨味が明確という点がこうした注目につながってるのでしょう!

一方で魚介だけだと、スープに厚みを出すのが難しくなることから、
そこを鶏白湯のコクでサポートしたのがこのスープとも言えますね!(*゚ー゚)

なので、ベースのコクを鶏白湯によってどっしりと固めたうえで、
鯛によって鮮魚系の旨味を立てて全体をまとめるという形です!

このスープの場合はそこにかつお節の旨味も加えているので、
魚介系の旨味が純粋に鮮魚系のみというわけではないのですが!

それでも旨味の主役は一般的な節系とは違う良さが出てますね!

◎スープの原材料


スープの原材料は鯛エキス、チキンエキス、乳糖、でん粉、食塩、
豚脂、しょうゆ、かつおエキス、香味油脂、砂糖、香辛料です!

鯛と鶏の2つが主役になっていることがしっかりわかりますね!
でん粉などはスープの粘度を加えるために入ってるのでしょう!

◎麺 - 数年前の商品よりも遥かに進化


麺は最近の東洋水産らしい新世代系の油揚げ麺となっています!

数年前の商品はいかにも以前の「本気盛」らしい無骨なタイプの
油揚げ麺臭が盛大な暴れるようなスタイルの麺だったのですが、
今回はもうそういった暴れるような印象は全くないですね!(*゚◇゚)

ほんと最近の東洋水産の縦型カップの油揚げ麺は優秀になりました!

平打ち気味の麺でありながらしっかりとしたコシを持ってますし、
硬さとはまた違ったしなやかな質感を持ってるのが見事です!

なおかつ油揚げ麺特有の香りが弱いという点でもポイントですね!

この麺が採用されたおかげでスープの個性を壊すことがなくなり、
より全体としての完成度が底上げされたと言っていいでしょう!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは416kcalとなっています!
脂質は17.0gで、ほどほどの数字といったところですね!

2年前よりも脂質は増えていますが、カロリーは下がってます!
とすると、糖質か何かが2年前よりは減ったということですかね!

◎具材 - やや控えめだがチンゲン菜が印象的


具材はリアル系豚肉、チンゲン菜、玉ねぎ、ねぎとなっています!
2年前の商品と比べると、玉ねぎが新たに追加されています!

ただその玉ねぎは量はあまり多くなくそれほど目立ちませんが!
シャキッとした食感と軽い辛味が楽しめるタイプの玉ねぎですね!

ねぎについてはごくごく普通の乾燥具材の薬味といった感じです!

豚肉は東洋水産が得意としているリアル系のものとなってます!
量はやや少ないですが、食感と風味は申し分ないものですね!(`・ω・´)

そのかわりチンゲン菜については量もしっかりと入ってます!
青菜らしいほんのりとした苦みも感じられるものとなってます!

このチンゲン菜は間違いなくこの商品を上手く特徴づけてますね!

◎まとめ - 麺の改良で全体のバランスがさらに向上


今回は2年前とは違ってイオン系列のみでの販売となってますが、
味の個性も明確で、なおかつ全体の完成度もさらに上がってますね!

スープの方向性についてはそれほど大きく変わってないと思いますが、
麺が改良されたことによってその印象はさらに向上したと言えます!

新世代のラーメンの味わいを楽しむことができる一杯でした!(゚x/)モッキュゥー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.