12/2発売 日本うまいもん 吉田のうどん

12/2発売の東洋水産「日本うまいもん 吉田のうどん」を食べました!
ご当地麺料理をカップ麺にする「日本うまいもん」からの新作です!

12/2発売 日本うまいもん 吉田のうどん

最近になってこの「日本うまいもん」がやや活性化してきましたね!
以前はあまり見かけないブランドでしたが最近ちょくちょく新作が出ます!

「吉田のうどん」はこれまでにもカップ麺化されたことがあるようですが、
このブログで「吉田のうどん」系のカップ麺を紹介するのは初めてですね!

「吉田のうどん」は山梨県の富士吉田市の名物として知られるものです!
一般的なイメージは「太麺のがっしりしたうどん」という感じでしょうね!

自分は「吉田のうどん」系は食べたことがないですがそういう印象があります!
そのあたりの特徴がどのように再現されているかが注目点になりそうですね!(*゚◇゚)

12/2発売 日本うまいもん 吉田のうどん(内容物)

◎内容物 - 後入れの液体スープ付き


内容物はフタに貼り付けられた液体スープとなっています!
具材については肉も入るなどなかなかバリエーション豊かです!

12/2発売 日本うまいもん 吉田のうどん(できあがり)

おぉ、なかなか豪華なビジュアルに仕上がっていますね!
まだこの段階では強い個性などはうかがえる感じではないですが!

◎スープ - 幅広いだし感と醤油&味噌のスープは実に深い


まずはスープですが・・・おっ、これはなかなか深みのあるスープです!(●・ω・)

ベースのなっているだし感もかつおなどをベースとしてはいながらも、
昆布や椎茸も重なることで幅広い旨味を感じさせてくれるのですよね!

山梨ということで、かなり関東寄りの地域のうどんではあるのですが、
シャープな印象はなく、むしろふくよかなだしで食べさせてきますね!

いい意味で「田舎の素朴な旨さ」というのを堪能させてくれる味です!

そして面白いのが醤油と味噌をミックスしたタレなのですよね!(=゚ω゚)

液体スープは味噌的な粘りがなかったので醤油系かと思いましたが、
これは実に上手い具合に醤油と味噌の要素をミックスしてるのですよね!

醤油と味噌というと、醤油でシャープさを、味噌で丸みを出す感じですが、
これはそうではなく、味噌を赤味噌系にすることですっきりとした味にして、
醤油と赤味噌でちょうど同じ方向を向いてるような印象を強く残します!

そのため意識せずに食べると、味噌というよりは醤油系の印象が強いです!

ただスープを飲むと、明らかに赤味噌の持っている個性も強く感じます!

そうすることでどちらもすっきりシャープな風味を指向していながらも、
同時に味噌が風味に厚みを出してくれていることがわかるのですよね!

味噌が使われていながらも味噌汁のような印象は全く残さないですし、
醤油だけでは足りない部分を味噌によって補っている感もありますし、
醤油のとがりを赤味噌によって上手く抑えている感じもしてきます!

関東風のうどんがかつお+醤油でシャープにまとめられるのに比べると、
だしも昆布と椎茸、タレも味噌を合わせることで広がりを持たせていて、
上手く「ふくよかで幅の広さを感じる旨み」を実現してくれています!

このだしの組み立て方は家庭でもかなり参考になる気がしますね!
いい意味で「濃く深みのあるつゆ」に仕上がっていると言えます!

◎スープの原材料


スープの原材料はみそ、しょうゆ、食塩、発酵調味料、魚介エキス、
でん粉、植物油、しいたけエキス、こんぶエキス、香辛料です!

味噌と醤油、そしてだしも魚介・椎茸・昆布と幅が広いですね!

また「吉田のうどん」では七味的な独自の薬味「すりだね」が使われますが、
このあたりを香辛料で多少なりとも再現している側面はあるのかもですね!

◎麺 - 別に太くも硬くもなく、オーソドックスな麺


麺は思っていたよりも普通のスタイルの油揚げ麺のうどんです!

「吉田のうどん」=「太くて硬い麺」という印象がありましたが、
この商品に関してはそこまではあまり意識してきていないですね!

思い切って極太のごわごわうどんを起用する方法もあったと思いますが、
単純に1つのうどんとして見たらこの麺はなかなか相性がいいのですよね!

ここは「吉田っぽさ」よりも総合力を意識した選択だったかもですね!(*゚ー゚)

少し残念ながらも、でもおいしかったからいいかと思える感じでした!

サンヨー食品あたりだと、強烈な麺を使ってきただろうと思いますが!笑

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは405kcalとなっています!
脂質は15.0gで、ほどほどの数字と言っていいでしょうね!

ただこの脂質は具材の揚げ玉による部分もかなり大きいでしょう!

◎具材 - 「吉田のうどん」の再現の意識がはっきり見える


具材はキャベツ、豚肉、オニオン揚玉、にんじん、ねぎとなってます!

「吉田のうどん」の特徴的な具材はキャベツ、肉、にんじん、ねぎで、
まずこの4つの具材に関してはきちんとこの商品でも再現されています!

肉は実際には馬肉が使われることが多いですが、ここでは豚肉ですね!
さすがにカップ麺の具材として馬肉を使うのは難しいでしょうからね!

豚肉は東洋水産が得意とするクオリティの高いリアル系具材となってます!
やはり肉具材が入っていると、それだけで全体の満足度が上がりますね!(`・ω・´)

キャベツとにんじんはどこか田舎らしい素朴さを演出してくれています!
特に人参のカットがなかなか独特で、これがいい味を出していますね!

ねぎはややリアル系で、具材としてもそこそこ楽しめるものですね!

「吉田のうどん」では、ここに天ぷらや油揚げが加わることが多いですが、
今回はそのあたりを「玉ねぎ風味の揚げ玉」で再現してきたのでしょう!

かなり玉ねぎの風味が強く、これはこれでいい存在感を見せていました!

◎まとめ - 麺は普通なものの、それ以外の点はどれも良質な一杯


「太くて硬い麺」という点については特に再現されてなかったですが、
ふくよかなだし感をベースにした醤油&味噌のスープは秀逸でしたし、
具材についてもきちんと「吉田のうどん」らしさが出ていましたね!

「こうした味わいのうどんもいいな」と、そう思わせる一杯でした!(゚x/)モキユーニ

【関連記事】
日本うまいもん 吉田のうどん
日本うまいもん サバだしラーメン
日本うまいもん 青森津軽煮干しラーメン 激にぼ
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.