12/10発売 どん兵衛 マシマシ篇 ガチニンニクバター味噌

12/10発売の日清「どん兵衛 マシマシ篇 ガチニンニクバター味噌」を食べました!
セブンイレブン限定の「どん兵衛 マシマシ篇」から第2弾商品が登場しました!

12/10発売 どん兵衛 マシマシ篇 ガチニンニクバター味噌

「マシマシ篇」は名前からして明らかに二郎系を意識したシリーズですが、
実は具材に関しては特にマシマシになってるわけではないのですよね!

そのかわり第1弾商品ではにんにくが強烈にマシマシになっていました!
あの刻みにんにくの量はカップ麺としては前代未聞のレベルでしたしね!(*゚ー゚)

そして今回も商品名にきちんと「ニンニク」が入ってるのですよね!
ということは、このシリーズは今後もにんにく強烈路線で来るのでしょう!

ただ今回はもしかするとバターもかなりマシマシなのかもしれません!
そのあたりのバランスがどう調整されているかがカギになりそうですね!

12/10発売 どん兵衛 マシマシ篇 ガチニンニクバター味噌(内容物)

後入れ小袋などの内容物は特になく、お湯を入れるだけで作る方式です!
黄色とオレンジのキューブ状具材が入っているのが目立っていますね!

これによってバターなどの風味を演出しているということなのでしょう!

12/10発売 どん兵衛 マシマシ篇 ガチニンニクバター味噌(できあがり)

今回もやはり具材に関してはそれほど多いというわけではないですね!
2色のキューブ状具材に関しては全体をまぜたら溶けてしまいますし!

◎スープ - かなりワイルドなにんにくにバターのまろやかさが広がる


まずはスープですが・・・うん、「バターにんにく風味」といったところですね!(●・ω・)

最大の主役のにんにくですが、やはり強烈な強さは見せています!
とはいえ、第1弾商品に比べるといくぶん緩めには感じますね!

ただにんにくの強さそのものが前作よりも緩くなったというよりは、
バターなどの新たに加わった要素が鋭さを緩和している気もします!

前作はベースのスープがかなりノーマルなタイプであったことで、
にんにくがひたすら単独で目立っている感がありましたからね!

そしてもう1つの主役であるバターですが、こちらもなかなか強いです!(*゚◇゚)

マシマシというほど強烈にバターが主張しているわけではないですが、
それでも十分に「バターにんにく風味」と呼べる強さはありますね!

バターの風味に関してはスープに直接仕込まれている部分と同時に、
具材のバターキューブが溶けることで生まれる風味も強いですね!

最近の日清のキューブ風具材は純粋に素材を固めたものではなく、
「油脂加工品」というちょっとギミック的なものではあるのですが、
今回の黄色い「バター風味油脂加工品」はそれほど悪くないです!

今回は黄色の「バター風味油脂加工品」とオレンジの「チーズ風油脂加工品」があり、
オレンジの「チーズ風油脂加工品」はちょっと相変わらずの風味の弱さでしたが、
黄色いキューブに関してはけっこうバターの風味が上手く再現されてましたね!

チーズの場合は本質が油脂ではないので「油脂加工品」の限界が出やすいですが、
バターはもともとが油脂なので「油脂加工品」でもけっこうなんとかなりますね!

この「バター風味油脂加工品」は今後もときどき使われる可能性がありますね!

この2つを主役に日清らしく豚脂によってベースのコクを固めたうえで、
様々な素材を重ねることによってバランスを取っている印象ですね!

ただ今回は前作に比べると和風の要素はずいぶん弱く感じますね!
「和風だし」を思わせるような要素は特に入ってないですからね!

今回の中で和を強く意識させてくれるのは味噌と言っていいですが、
これも普通に食べている限りはそこまで前面には出ないのですよね!

スープを飲むと「あ、ベースは味噌だな」と感じさせてくれますが、
あくまでにんにくとバターに次ぐ第3の存在という位置づけですし、
「味噌味うどん」ということをアピールする感じではないですね!

◎スープの原材料


スープの原材料は粉末みそ、豚脂、でん粉、糖類、小麦粉、香辛料、
チキン調味料、クリーミングパウダー、食塩、酵母エキス、粉末しょうゆ、
チーズ加工品、マーガリン、ポーク調味料、魚醤、バターオイルです!

豚脂を多めに入れてくるのは、日清の定番手法と言えるでしょうね!

ミルク感はクリーミングパウダー、チーズ加工品、マーガリン、
そしてメインであるバターオイルなどで再現されていますね!

ただチーズの風味に関しては体感的にはあまり感じなかったですね!
チーズ要素を入れず、完全にバター系でまとめても良かったかもです!

◎麺 - 太めのもっちり感は優秀だが戻りムラは気になる


麺は縦型どん兵衛らしい、やや厚みのあるもっちりとしたうどんです!

太麺を再現しにくい縦型カップとしては頑張っている厚みで、
どんぶり型には及ばないもののもっちり感はなかなか優秀です!

このあたりについてはなかなか頑張っているとは思うのですよね!(`・ω・´)

一方でこの麺は戻りムラの発生が多いという弱点があるのですよね;
残念ながらこれは縦型どん兵衛が出てからいまだに改善がされません;

特に麺の先端部分が結合しやすく、ここが上手く戻らないのです;

それも「ちょっと戻りが悪い」というぐらいにとどまってはおらず、
パキッとした「ほとんど戻ってない」部分までありますからね;

麺の癒着が原因なので、時間だけでは解消しないのですよね;

どうも日清はノンフライ麺でもこうした麺のほぐれの悪さが目立つので、
この点はそろそろ改良を目指していってほしいところでもありますね!

そこを除くと優秀な麺なだけにちょっともったいなさは感じです!
麺とスープのなじみや相性に関してはきちんといいものがあります!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは436kcalとなっています!
脂質は19.5gで、まあまあ高めの数字と言っていいでしょう!

◎具材 - 具材らしい具材な残念ながら貧弱


具材は刻みにんにく、バター風味油脂加工品、キャベツ、
チーズ風油脂加工品、コーンという構成になっています!

このうち2つの油脂加工品に関しては溶けるのでスープの一部ですね!

なので、具材らしい具材は主にキャベツとコーンということになります!(=゚ω゚)

こちらもごく普通で量も多くはないですが、コーンが入ることで、
「味噌バター」との相性が良くなっているのは間違いないですね!

そして刻みにんにくは具材というよりは調味料的な位置が強いです!
スープに与えている強烈なにんにく風味の源泉はここでしょうしね!

ただスープの底に沈むので後半は具材としても怒涛の主張をしてきます!

シャリシャリと生にんにくを刻んだような強烈な風味で攻めてきます!
これだけパンチのあるにんにく具材が大量に入るのはさすがですね!

この後半のにんにく攻めこそがハイライトと言えるかもしれません!

◎まとめ - 前作よりはバランス型だがにんにくは強烈


前作はごく普通のうどんスープに大量のにんにくを放り込んだことにより、
前代未聞のインパクトを叩きつけることに成功していましたが、
今回はそれに比べるといくぶんバランス重視の雰囲気がありましたね!

にんにくの攻めと味噌バターによる丸み、この両者の調和路線ですね!

ただそれでもやはりにんにくの主張が一歩抜けていたのはたしかですね!
その点においては今回も「マシマシ」の名に負けない内容がありました!

それゆえ食べた後の口臭対策は必須と言えるレベルではありますが!

にんにくの攻撃性が好きな人には今回もオススメできる一杯でしょうね!(゚x/)モキゴーン

【関連記事】
どん兵衛 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.