綿麺 丸鶏醤油

綿麺に限定が登場すると耳にしたので今回も迷わず行ってきました!
どうもこのところ、綿麺が再び限定への意欲を高めてきていますね!(=゚ω゚)

限定の提供期間は1/16~18の3日間の夜営業のみとなっているので、
すでに現在では今回のラーメンの提供そのものは終了しています!

「フライデーナイト」が終わって、いったんは安定した運営を優先されてましたが、
ここに来て再び様々なアウトプットをする余裕が出てきているのでしょうね!

限定を出していなかった時期も研究は間違いなく進めていたはずなので、
その成果がここに来てどんどん形になってきているという気がしますね!

「フライデーナイト」時代は141回連続で限定を皆勤していた自分ですから、
「綿麺の限定が来た」と聞いたら他の予定を少し変えてでも飛んでいきます!

今日は以前の「フライデーナイト」でよく見た常連さんも一人来てましたが、
その方も「サボって早く来た」と言ってたので考えることはみんな似てますね!笑

もう綿麺の限定ファンというのは「限定は絶対食べる」がしみついてるのです!

今回もお店に来ていた5人のうちの4人が限定メニュー目当てで来てましたし、
さすが綿麺の限定マニアは「逃さない!」という意欲に満ちあふれてますね!

さて、今回の限定メニューは「丸鶏醤油」というシンプルなネーミングです!

「丸鶏」がテーマなのは前回の「丸鶏海老塩細麺」と共通していますね!
「丸鶏スープを追求する」というのが、今の大きなテーマなのかもしれません!

綿麺 丸鶏醤油

おっ、ビジュアル面でも今回はシンプルさを追求してきていますね!
麺の太さ、肉具材など、前回の「丸鶏海老塩細麺」とは対照的です!

◎スープ - 綿麺の鶏清湯醤油の原点と進化を感じさせる


まずはスープですが・・・綿麺の清湯らしさと新機軸の両方が見えますね!(●・ω・)

一口食べたときに「あぁ、これぞ綿麺の鶏清湯醤油」と思わせてくれると同時に、
「一方でいろんなところで新しい試みも見えるぞ」と感じさせてくれましたね!

丸鶏によってしっかりとした深いコクで土台をガッチリと固めながら、
様々な素材を合わせることで旨味を重ねるのが綿麺の清湯の王道ですからね!

そうした基本軸に関しては今回のラーメンについても強く感じさせます!

ただ普段はシンプルに丸鶏と丸みのある醤油ダレと魚介でまとめるのですが、
今回のスープはそこに際立つ要素や複雑な旨味も見ることができるのですよね!

たしかに丸みのある醤油ダレでまとめるという点は今回も生きていますが、
醤油ダレがいつもよりもシンプルで、濃口醤油そのものの旨味を生かすという、
「醤油の旨さ」に焦点を当てている感じがするのが新しく感じましたね!

醤油の個性を生かす鶏系ラーメンはしばしば醤油が鋭くなりがちなのですが、
そうさせない形で醤油の旨みを生かしているのが綿麺らしいと言えますね!

「ウチならこういう風味に醤油の旨みを生かす」というスタンスが伝わります!

そしてもう一つ面白いのは鶏に合わせて重ねられている風味なのですよね!(*゚◇゚)

魚介を思わせる風味でありながら、どうもその範囲だけには収まらない、
魚介の要素を持ちつつも何か重層的な旨味がそこにあるのですよね!

そこを探ってみると、どうも海老の風味が生きている感じなのですよね!

とはいえ、前回の「丸鶏海老塩細麺」とはまた違ったアプローチですね!

前回は明らかに海老の存在感をかなり前面に打ち立てていましたが、
今回はサポート的でなおかつ旨味に重層感を持たせる役割ですからね!

主役は名前のとおり、鶏と醤油のこの2つが握っていますからね!

このあたりのサポートの重ね方は今の綿麺の新機軸も強く感じますね!

また油脂に関しては綿麺らしさを感じる香味油に仕上がっていますね!
綿麺は香味油の使い方にも大きな個性を持っていたりしますからね!

◎トッピング - ひさしぶりにカリッ豚が登場


トッピングはカリッ豚、かいわれ、ねぎというシンプルな構成です!

ねぎについてはあらかじめスープで少し煮る方式を取っています!
綿麺はつけ麺を中心にこうした形でねぎを使うことがあるのですよね!

辛味を立てるための薬味でなく、香味を全体に行き渡らせるのですよね!

なので、今回は薬味に関してはかいわれのみに絞られていると言えます!

おそらく主張の強い薬味を使うのを避けたところがあるのでしょうね!
そうすることで素直にスープを生かす手法を取ったと見られます!

そしてカリッ豚というのは、片面を焼いたバラチャーシューのことです!(*゚ー゚)

かつては限定ラーメンのときによく使われていた具材なのですよね!
従来のバラチャーシューより少しさっぱりして香ばしさがあります!

ただ今回のカリッ豚は、どうもいつもとは少し違うように感じました!

おそらく片面を焼く際に少し醤油ダレを加えていたと思うのですよね!
それによって焼いた面からいい醤油の香ばしさを感じることができました!

このあたりからも今回の主役である「醤油」の立て方が見えてきますね!

綿麺 丸鶏醤油(麺のアップ)

◎麺 - 太めでプリッとした食感が魅力


麺はかなり太めで、プリッとした弾力をしっかりと感じさせる麺です!

これも「丸鶏海老塩細麺」とは対照的な麺のチョイスと言えますね!

今回のスープは醤油の主張を含めて前回よりもパワフルになってますし、
そこも含めて前回とは違った個性を改めて打ち出してきましたね!

綿麺はもともと太麺に強いので、太麺は間違いのない質なのですよね!(`・ω・´)

弾力、噛み応え、押し返し、風味、そのどれもハイクオリティと言えます!

綿麺 丸鶏醤油(替え玉)

◎替え玉 - 替え玉を注文することで細麺も楽しめる


そして替え玉ですが・・・おっ、替え玉のほうは麺を変えてきましたね!

こうして2種類の麺との相性をそれぞれ楽しむことができるのはいいですね!

スープと麺のバランスや力関係では太麺のほうがよりしっくりきますが、
こうして綿麺の細麺も同時に楽しめるというのはやはりうれしいですね!

それにしても改めて食べると、やっぱり細麺の進化もよくわかりますね!

そしていつものようにレアチャーシューがついてるのもうれしいです!
このあたりのサービスがあることでより替え玉を注文したくなりますね!

◎まとめ - 綿麺の清湯の原点と進化を感じられる一杯


前回の「丸鶏海老塩細麺」が綿麺の新しさをストレートに追求したものなら、
今回は綿麺の清湯の原点と新たな進化を上手くミックスした一杯と言えますね!

この「懐かしさと新しさ」を同時に感じられる一杯は頼もしさがありましたね!

これからの綿麺の新しい試みへの期待感がどんどん膨らんでくる一杯でした!(゚x/)モキスン

[メニュー]
綿麺 券売機(2019年7月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.