1/28発売 凄盛 デカギリ白菜キムチ鍋風ラーメン

1/28発売のヤマダイ「凄盛 デカギリ白菜キムチ鍋風ラーメン」を食べました!
セブンイレブンのみで販売されている限定商品となります!

1/28発売 凄盛 デカギリ白菜キムチ鍋風ラーメン

ヤマダイがセブンイレブン限定の商品を作るのは非常に珍しいですね!

特定のコンビニ向けの企画商品をヤマダイが担当することはときどきありますが、
それでもセブンイレブンに関してはヤマダイの商品はほぼ見なかったですからね!

でもって、今回は「セブンイレブンによる企画商品」というよりは、
「ヤマダイらしい商品をセブンイレブンで販売」に近いのですよね!(*゚ー゚)

こうしたスタイルは以前にファミマで「凄旨」ブランドでときどきありましたね!
あえて普段の「凄麺」ブランドを使わないところが特徴でもあるのですよね!

ただ最近はそのファミマの「凄旨」ブランドも一部商品に限られていて、
「コンビニ販路のヤマダイ商品」が減りつつある傾向があっただけに、
今回の商品の登場は今後への期待を持たせてくれる面もありますね!

そして今回のブランド名は「凄盛」とやはり「凄○」的な名前となってます!
これは「凄麺の技術を使って作られています」という意味もあるのでしょう!

1/28発売 凄盛 デカギリ白菜キムチ鍋風ラーメン(内容物)

◎内容物 - 他ではまず見ないFDかやく2袋という豪快さ


内容物はFDかやくが2袋と液体スープという組み合わせです!
FDかやくが2袋入るという形式は非常に珍しいと言えますね!

液体スープの袋が大きいので、事前にお湯につけておくといいでしょう!

1/28発売 凄盛 デカギリ白菜キムチ鍋風ラーメン(できあがり)

いやぁ、このどっさりと入った白菜の迫力には驚かされますね!
これは「凄盛」というネーミングも十分に納得のいくものです!

◎スープ - 鍋風スタミナ系味噌ラーメンといった雰囲気


まずはスープですが・・・スタミナ系を意識した味噌ラーメンという感じです!(●・ω・)

ピリ辛、白菜、にんにくというと天理スタミナ系を連想しますが、
たしかに共通するものを多く持ったスープに仕上がってはいますね!

ただし天理系が多めの動物油脂とシャープな醤油で味を決めるのに対し、
このラーメンは油脂は植物系ラー油寄りで、味噌がメインとなってます!

なので、ピリ辛系ではありながらもそこまで極端にワイルドではなくて、
「味噌ベースの鍋」っぽい優しさもそこはかとなく持ってるのですよね!

なので、方向性としては「味噌ベースの鍋」をラー油でピリ辛に仕上げて、
にんにくや生姜で香味を立て、多少の酸味でキムチ風にまとめた感じですね!

そのため「キムチ鍋風スタミナ味噌ラーメン」みたいに言ってもいいかもです!

にんにくはなかなか強いので、がっつりいきたくなる味わいではありますね!
それでいて味噌の丸さがあるので、極端に攻撃的な味というわけではないです!

また一般的なスタミナ系と少し異なるのは、旨味に複合性がある点ですね!(*゚◇゚)

スタミナ系のラーメンの多くは基本的に動物系でシンプルにまとめますが、
このラーメンはもともと「キムチ鍋」と「鍋」を意識していることから、
「鍋」らしい複合性も同時に意識したスープになっているのですよね!

なので、スープを単体で味わうとベースはしっかりと動物系でありつつも、
海鮮系なども含めた複合的で深みのある旨味もきちんと宿していますね!

◎スープの原材料


スープの原材料は味噌、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、
ポークエキス、ニンニクペースト、糖類、動物油脂、魚醤、
えびペースト、コチュジャン、ショウガペースト、香辛料です!

最初に味噌が来ているところが大きな特徴となっていますね!
また魚醤にえびペーストと海鮮系が入っているのもポイントです!

さらにコチュジャンで韓国風の味わいも加えているのですね!

◎麺 - 「凄麺」が得意とするノンフライ太麺


麺は極太と言っていいぐらいの太めのノンフライ麺となってます!

「凄麺」というと細麺のイメージが強く持たれているのですが、
実際にはヤマダイは太麺のほうが強いように思うのですよね!

それは「凄麺の汁なし商品」において明らかになっているのですが、
他社へのアドバンテージという点では太麺のほうが上だと思います!

特にヤマダイが強いのは、厚みのある太麺でも質が高い点ですね!(=゚ω゚)

他社の太麺は一般的に厚みをやや抑えてくる傾向があるのですが、
ヤマダイは厚みのある太麺でも高いクオリティを発揮してきます!

このもっちりとした質感と、噛み切ったときの押し返しの絶妙さは、
他社がまだ到達していない領域と言ってもいいように思いますね!

それをセブンイレブン限定商品で使ってきたことも大きいですよね!

「あ、なんかこのメーカーの麺ってすごいな」と思わせることができれば、
今後のヤマダイの商品展開の拡大などにも大きく寄与するでしょうからね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は85gで、カロリーは456kcalとなっています!
脂質は9.2gで、やはりノンフライ麺商品だけあって軽めですね!

ただそれ以上に「凄盛」の名前に負けない麺量がポイントですよね!
一般的な大盛が90gなので、ほぼそれに匹敵するだけの麺量がありますし!

しかもここに大量の具材が入るわけですから、間違いなく「凄盛」ですね!

◎具材 - 白菜のクオリティには脱帽、ニラもいい働き


具材は大量の白菜、ニラ、輪切り唐辛子となっています!

輪切り唐辛子に関しては辛味は軽く、そこまで存在感はないです!
輪切り唐辛子はあまりFD具材向きじゃないところもあるのですよね!

ニラもあまり多くはないですが、こちらは隠れた名脇役と言えます!

食感はクタクタですが、スタミナ的な味わいを演出するうえにおいて、
ニラの持つ香味は欠かせない存在といってもいいでしょうからね!

特に麺に絡めて食べたときのその香味は特筆すべきものがあります!

そして白菜ですが・・・量だけでなく質がとにかく高いのですよね!(`・ω・´)

まず量については2袋入っているだけあって素晴らしいの一言です!
これだけ入ってるとラーメン屋のスタミナ系にも負けないですね!

とにかくもうガンガン麺に絡めながら食べても十分なほどの量です!

そしてその質の高さに関しても素晴らしいものがあると言っていいです!

びっくりさせられるのは、もはやカップ麺とは思えない白菜のサイズです!

一般的にも「ちょっと大きく切り過ぎでは」と思うぐらいの大きさのものが多く、
ここまでのレベルの白菜をカップ麺の具材で使えるのかと驚くほどでしたね!

カップ麺の具材として白菜が起用されることはときどきありますが、
これは間違いなくそうした水準をはるかに上回っていると言えますね!

「凄盛 デカギリ白菜」という商品名には一切の偽りがありません!

◎まとめ - ヤマダイの力を総動員した傑作の一杯


スープも鍋風とスタミナ系を合わせた白菜と相性のいい路線に仕上げ、
麺はノンフライ太麺として極上、そして具材は一切の文句がありません!

価格は高いですが、間違いなくそれだけの価値のある一杯と言っていいです!
惜しみなく技術とコストをつぎ込んで作った商品と評していいでしょうね!

公式twitterでこの商品を強くアピールしている理由もわかりますね!

ヤマダイの持つ力を全国に知らしめる一杯になることだろうと思います!(゚x/)モッキヌスー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.