綿麺 とりはましお

新しい限定が登場するという知らせを聞いて綿麺に行ってきました!
夜営業限定で提供される「とりはましお」という名前のラーメンです!

公式twitterの説明によると「丸鶏とハマグリ」がテーマのようなので、
「とり(鶏)はま(ハマグリ)の塩ラーメン」ということみたいですね!

「はま」は「ハマグリ」と「浜」のダブルミーニングの香りもしますが!(*゚ー゚)

ところでこの知らせを聞いたときに「あっ」と少し思ったのですよね!

昨年夏の「大阪好っきゃ麺」の際に「海鮮辛ラーメン」が提供されましたが、
そのときに企画第2弾として「ハマグリの塩ラーメン」も計画している、
という話を店主さんと女将さんから聞いたことがあったのですよね!

ただ昨年夏の「大阪好っきゃ麺」の開催中にハマグリのラーメンが出ることはなく、
企画はされていたものの登場する機会が得られなかったラーメンなのですよね!

とすると、今回のラーメンはそれがついに登場したということかもしれません!

そしてそれを思いながら、この日の店主さんが来ていた服を思い出すと、
あえて「大阪好っきゃ麺」のシャツを着て営業されていたのですよね!

それを考えると、やはりこのラーメンは「大阪好っきゃ麺」で企画してたものを、
今回のタイミングで登場させたものだと解釈するのが正解なのでしょうね!

当時予告されていた「ハマグリの塩ラーメン」はかなり期待していたので、
それがこうしてしっかりと登場したというのはうれしいものがありますね!

ここ最近の限定ラーメンは数日程度の提供期間ということが多かったですが、
今回に関しては特に提供期間がいつまでかということは示されていません!

おそらくはそこそこ長い期間提供するラーメンということなのでしょうね!
そのあたりも昨年の「海鮮辛ラーメン」と共通するところがありますね!

綿麺はもともと豚骨ラーメンのお店なので、メインの寸胴は豚骨スープで、
本来は豚骨ラーメンと清湯系を同時提供するのはけっこう大変なのですよね!

そのあたりを解決して、安定的に同時提供できる形が整ってきたのでしょうね!
今回はお店のやや奥側にこの丸鶏スープ用の寸胴が置かれていましたし!

こっそり(?)と寸胴を覗いてみると、どさっと丸鶏が入ったいました!
またそこから取り出された鶏油の黄金色も非常に美しかったですね!

綿麺 とりはましお

ということで、今回の主役である「とりはましお」がやってきました!
それにしてもこのたっぷりのハマグリ、これだけで期待させられますね!

◎スープ - 丸鶏のベースにハマグリがグイグイ攻めてくる一杯


まずはスープですが・・・おぉ、ハマグリ特有の旨味がビシッと来ますね!(●・ω・)

そういえば綿麺でハマグリというのはものすごく珍しい気がしますね!
自分が食べてきた中ではこれまでなかったように思うのですよね!

あさりは「ブヒィ!ヤベース」の際に具材として入っていることに加え、
過去にあさりを主役にしたラーメンが提供されたこともあったのですが、
それでも全体的に綿麺で貝系というのが珍しいのはたしかなのですよね!

清湯・鶏塩・細麺・海鮮というスープの組み立てという点から見ると、
少し前に提供された「丸鶏海老塩細麺」ともかなり共通性があります!

ただ実際に食べた印象としては、表情はかなり異なった部分を持っています!

というのも、「丸鶏海老塩」は鶏と海老が等価な強さの二本柱だったのに対し、
こちらはやはり主役であるハマグリのグイグイ攻めてくる感じが強いのですよね!

「鶏を中心にどっしり据えて海老で風味を重ねた」のが「丸鶏海老塩」なら、
こちらは「鶏で土台を支えて、その上をハマグリがガンガン踊る」と感じです!

ハマグリって上品でありながら、非常に強い旨味を持った素材ですし、
ハマグリ特有の舌をギュッと締め付けるような旨味があるのですよね!

それがきちんと伝わってくるスープだというのがまずは印象的ですね!(`・ω・´)

一方でそれだけ強い素材であるがゆえに全体の中で暴れがちでもありますが、
そうした暴れた感は出さず、まず手綱はしっかりと丸鶏が握ったうえで、
鶏とハマグリの間を独自の海鮮素材による旨味で支えているのですよね!

スープを見ると、どうも海老などを含めた海鮮素材の自家製パウダーがあり、
それを用いることによって深く貝と相性のいい旨味を演出していますね!

綿麺というとサバ節などの節系の使い方が巧みという印象が強いのですが、
「丸鶏海老塩」あたりを契機に海老だしなどの使い方も伸びていますね!

そのときに女将さんの話を感じだと、何か新しい機械も導入したようで、
これがだし素材の幅の広がりに大きく貢献しているみたいでもありますね!

それを考えると綿麺の清湯の旨さはさらにいろいろ広がってきそうです!

しかも綿麺には燻製という他のお店にはあまりないテクニックもあるので、
これらがいろいろ重なってくると、独自性がどんどん高まってきますね!

◎トッピング - 大量のハマグリに肉具材も抜群


トッピングはハマグリ、レアチャーシュー、燻製豚ハム、かいわれ、ねぎです!

ねぎに関してはあらかじめスープと炊くことで風味を移しています!
綿麺はねぎについてこうした手法を採ることがよくあるのですよね!

よくよく考えると、これってけっこう珍しいような気もしますね!
普通はねぎ=辛味を立てる薬味という使われ方しかしないですからね!

そのかわり今回薬味として辛味をアピールしているのはかいわれです!

おそらく今回のスープだとねぎでは存在感が強いという感があったので、
このかいわれぐらいがバランスとしてちょうど良かったと思いますね!

そして肉具材ですが・・・いやぁ綿麺は肉系の具材もほんといいですね!

本来の二本柱であるバラチャーシューとレアチャーシューもいいのですが、
そこに一枚新たに加わった「燻製豚ハム」がほんといい仕事をしてくれます!

しかもレアチャーシューと組ませるとどちらも清湯によく合うのですよね!

レアチャーシューがストレートに肉の旨みを、燻製豚ハムは香りが実に豊かで、
この肉の旨さと燻製の香りが交わる様が非常にたまらなかったりしますね!

またこの燻製の香りが入ることによってスープにも一枚旨みが加わりますしね!

そして主役であるハマグリは、なんと6つとかなりどっさり入っています!(*゚◇゚)

普通はハマグリ系のラーメンでも3つぐらいまでといったところですが、
このラーメンは大奮発で6つと、これはもう大満足と言っていいでしょう!

ハマグリ6つに2種類の肉具材もどっさりとなると1000円を超えそうですが、
価格は950円と、1000円に達していないというのもうれしいところですね!

「ラーメンで950円か」と思う人も少なくないだろうとは思うのですが、
この豪華さで1000円を超えないというのはものすごく価値があります!

綿麺 とりはましお(麺のアップ)

◎麺 - かなり細めのまさに清湯向けのストレート麺


麺はかなり細めで、ストレート感のある仕上がりとなっています!
加水は中加水からほんのちょっと低めといったところですかね!

このところ綿麺は限定で細麺にけっこうこだわっているのですが、
ここ最近の細麺の中でも、今回の麺が最も細く仕上げられています!

ほんとこれぞ清湯向けの細麺という表現がピッタリと来ますね!(=゚ω゚)

食感は強いプリ感やバツバツとした質感を見せるものではなく、
かなりナチュラルでほどよく歯切れの良さを見せてくれますね!

綿麺は過去にも何度か細麺を使ったラーメンは出していますが、
麺の食感や質感のナチュラルさが以前よりもかなり向上してます!

でもって今回ぐらいの細さの麺でこのクオリティが出るとなると、
製麺の幅やラーメンに使う麺の可能性もより広がってきますね!

綿麺 とりはましお(替え玉)

◎替え玉 - ねぎが加わるのが意外なポイントかも


こうして替え玉を見るとかなりの細麺であることがよくわかりますね!
麺の太さや種類などについては、替え玉する前の麺と同じでしょう!

ときどき替え玉向けに違った麺を起用するケースもありますからね!

レアチャーシューサービスがつくのか綿麺らしい気遣いなのですが、
今回のラーメンに関してはねぎが入るのが意外なポイントですね!

替え玉前の段階では辛味を立てる薬味はほぼかいわれメインでしたし!

◎まとめ - ハマグリの強い旨味を見事に包み込む一杯


以前の綿麺はハマグリなどの強い素材を強烈に打ち出すことは珍しく、
そういう点からは「今の新しい綿麺」を感じさせる一杯とも言えますね!

その一方で1つの素材を立てながらもベースとの重層感を意識していて、
鶏・海老などの海鮮・ハマグリと旨味が三段重ねになっているなど、
このあたりの調和への意識の高さはまさに綿麺と呼べるものでしたね!

綿麺 16周年のお祝いの花

◎16周年のお祝いの花


そして訪問日である2月22日の段階でも16周年のお花が残ってました!
たださすがに20日経っているので、数はけっこう減ってはいますね!

自分が贈ったお花も左下に「16周年 おめでとう かーと」とありますね!(*・ω・)

女将さんは贈られたお花をいつもすごく丁寧に手入れしてくれるのですよね!

しなびた花は抜きつつ、残った花できちんと見た目を整え直してくれるので、
20日経って数は減っても、こんなふうにきれいに花を楽しめるのですよね!

綿麺はこの2月の花に彩られた期間の雰囲気がとても良かったりします!
訪問しながら「愛されてるお店だなぁ」ということを改めて実感しますね!

今回の限定の提供期間は長そうなので、ぜひとも食べに行ってみましょう!(゚x/)モッキューニ

[メニュー]
綿麺 券売機(2019年7月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.