3/16発売 ペヤング もち麦MAXやきそば

3/16発売のまるか食品「ペヤング もち麦MAXやきそば」を食べました!
穀物商品で知られる「はくばく」とのコラボ商品となります!

3/16発売 ペヤング もち麦MAXやきそば

「はくばく」の大麦は自分も以前に利用していたことがありますね!
独り暮らしの頃はいつも麦をまぜてご飯を炊いていましたからね!

どうしても独り暮らしって栄養が偏りがちになってしまうので、
麦によってその栄養のバランスを取ろうとしていたのですよね!

でもって、麦のプチプチとした食感が好みでもありましたし!(*゚ー゚)

さて、今回はそんな「はくばく」の「もち麦」とのコラボですが、
複雑な内容ではなく、単にソース焼そばにもち麦を入れたものです!

ソース焼そばの具材に麦を入れるというのもなんだか謎ですが!

「もち麦」というのは、もち的な性質を持っている麦のことですね!
従来の押し麦がうるち的な大麦、こちらはもち的な大麦になります!

そういえば「最近ペヤングはMAXの名前を使わないな」と思っていたら、
今回普通に「MAX」の名前が出てきたので、今もちゃんと健在なのですね!

良くも悪くも「MAX」と名付ければ特徴をアピールしやすいですしね!

3/16発売 ペヤング もち麦MAXやきそば(内容物)

◎内容物 - パフ的なもち麦具材がたっぷり


内容物はかやく、もち麦かやく、液体ソース、ふりかけ・スパイスです!
従来のペヤングにもち麦かやくの袋が新たに加わったという形ですね!

ペヤングでかやくの袋が2つ入るというのはかなり珍しいですね!

3/16発売 ペヤング もち麦MAXやきそば(できあがり)

「もち麦MAX」というだけあって、もち麦具材はかなり多いですね!

◎ソース - いつもの「ペヤング」のソースと同じ


まずはソースですが・・・「ペヤングソースやきそば」と全く同じですね!(●・ω・)

原材料の並びを見てもいつもの「ペヤング」と何ら変わりません!
比較してはないですが、おそらくソースの量も同じでしょうね!

スパイスの軽くピリッとした風味もいつもと全く同じものです!

要するにこの商品は「もち麦」以外は普段と変わりがありません!
いつもの「ペヤング」に「もち麦」具材を加えただけとなってます!

ただ「もち麦」が入ることで、いくつか印象は変わってきています!(*゚◇゚)

まず大きな変化はソースの量が同じなのに具材が増えていることで、
相対的にソースの味付けが薄く感じられるということですね!

このあたりは具材にソースをかけすぎないようにするといいでしょう!

この特徴は少し前に出た「キャベツマシマシ」に近いと言えますね!
「いつもの味に具材をプラス」という方向性まで共通してますし!

しかもこの商品の少し後にもまたその手の商品が出る予定ですしね;
「ちょっと開発に手抜きをしすぎなのでは」と思えてもしまいますが;

ただ「キャベツマシマシ」が従来の5倍と強烈に具材が増えていることで、
ソースの薄くなり方も尋常でなかったのに対し、こちらはまだ穏当ですね!

あくまで普通の範疇にとどまるぐらいの具材の増え具合ではありますし!

そして意外と効果が大きいのが、もち麦具材の持っている粘り気ですね!(=゚ω゚)

この粘り気がけっこう全体の味わいにも影響してくるのですよね!

もち麦の粘りが他に移ることで、多少全体がもったりとしてきます!

それによってソースと麺の絡みがより良くなるとも言えますが、
シンプルに雰囲気が微妙に変わるという効果が大きいですね!

ただそれによってちょっと食べにくくなるところもありますが!

◎ソースの原材料


ソースの原材料はウスターソース、糖類、たん白加水分解物、食塩、
香味油、ビーフエキス、香辛料、ビーフ風味調味料となっています!

並びも含めていつもの「ペヤング」と全く同じとなっています!
ビーフを主軸に組み立てられているのが特徴なのですよね!

◎麺 - いつもの「ペヤング」の麺


麺についてもいつもの「ペヤング」と全く変わりません!

あのラードの香ばしさが生きたスナック感を感じさせる麺ですね!
もちろん基本であるペヤングのソースとの相性は抜群と言えます!

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは613kcalとなっています!
脂質は28.2gで、脂質はともかくカロリーは明らかに上がってます!

もちろんこれは「もち麦」の持っている栄養素の反映でしょうね!

◎具材 - 「もち麦」の必要性はあまり見えない


具材はもち麦、キャベツ、鶏ひき肉という組み合わせになっています!

キャベツと鶏ひき肉風の具材については量も含めていつもと同じです!
鶏ひき肉風の具材は鶏というよりは大豆の風味が明らかに強いですが!

またペヤングは標準の具材の量が多いのも大きな特徴になってますね!

そして主役のもち麦ですが・・・「粘り気の強い大麦」ですね!(`・ω・´)

ただしこれは普通に炊いた場合もそうなるのかはよくわかりません;
湯戻しの関係で粘り気が強く出ているだけなのかもしれませんし;

大麦というと、プチプチとした弾けるような食感が大きな特徴ですが、
どうしても風味も食感も、普通に炊くのに比べると弱くなりますね!

パフ風の麦具材にすることで湯戻ししやすいようにはなっていますが、
大麦本来の魅力を楽しむという点ではちょっと弱みも出てはいます!

ただそれ以上にソース焼そばに大麦を入れる必然性が見えないですね;

納豆」みたいに強烈なインパクトを与えるタイプの具材でもないですし、
ソース焼そばと合わせることで新しい発見を与える具材というわけでもない、
そのため「何で大麦?」という謎が消えないまま食べる感じになりますね;

大麦を味わおうとするとその粒感を楽しむということになるのですが、
普通に焼そばとしてすすると粒の存在感をあまり感じなくなってしまい、
意識すると食べ進めていくスピードがずいぶんと遅くなってしまったり、
どう楽しむべきなのかがイマイチ見えてこないのも謎ではありましたね;

◎まとめ - 残念ながら意義は見出しにくい


湯戻し具材であるがゆえに大麦の魅力が出し切れていないですし、
ソース焼そばと合わせてもインパクトも新しい発見もそれほどなく、
「あぁ、うん、麦が入ってるね」で終わってしまう商品でしたね;

「じゃあ味を変えれば良かったのでは」と思えなくもないのですが、
「大麦具材に合う風味」というのもちょっと想像がしにくいですし、
ちょっと今回はコラボ的に上手く噛み合いにくかったのかもですね!

あまり期待せずに「ただ麦が入ってるだけ」と思って食べましょう!(゚x/)ムギッ

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.