3/3発売 くそオヤジ最後のひとふり 旨味が自慢のあさりらーめん

3/3発売のヤマダイ
「くそオヤジ最後のひとふり 旨味が自慢のあさりらーめん」
を食べました!

ローソンのみで販売されているカップラーメンとなっています!

3/3発売 くそオヤジ最後のひとふり 旨味が自慢のあさりらーめん

「『くそオヤジ最後のひとふり』って何?」と思ってしまいますが、
これは大阪の十三(じゅうそう)にあるラーメン店の名前ですね!

大阪の有名店「人類みな麺類」の系列の1つで、こちらの系列は
どこもちょっと変わった名前になっているのが特徴なのですよね!

自分は「人類みな麺類」は訪問してますが「くそオヤジ」は未訪問です;
どうしても十三方面に関しては行く機会が全然ないのですよね;

こちらの「くそオヤジ」は貝をメインとしたラーメン店ですね!
しじみ、あさり、はまぐりの3つのラーメンが用意されています!

今回はその中であさりのラーメンが選ばれたということですね!(=゚ω゚)

「人類みな麺類」系列は「金久右衛門」の出身の方が作られたのですが、
「金久右衛門」というお店は醤油ダレにこだわるお店でもあるので、
そこから生まれた「人類」系列もまた醤油ダレがメインとなってます!

また「人類」系列は甘めの醤油を使うという特徴もあるのですが、
そのあたりが今回のラーメンとどう関係してるかも注目ですね!

3/3発売 くそオヤジ最後のひとふり 旨味が自慢のあさりらーめん(内容物)

◎内容物 - かやくには「あさり」具材入り


内容物はかやく、液体スープ、調味油という組み合わせです!
麺についてはかなり太めのものが使われているようですね!

3/3発売 くそオヤジ最後のひとふり 旨味が自慢のあさりらーめん(できあがり)

分量はそこまで多くはないものの、あさり具材はうれしいですね!

◎スープ - 少し甘めの醤油ダレにあさりの旨味が映える


まずはスープですが・・・うん、醤油とあさりの両方が生きてますね!(●・ω・)

このラーメンの主役は間違いなく貝だしと言っていいとは思うのですが、
味の組み立てとしては中心に立っているのは醤油ダレと言えるでしょう!

最近は醤油を強めに立てるラーメンが水鶏系を中心によくありますが、
それらのラーメンが生醤油の鋭さを立てるのに対してこちらは違います!

甘めということは、それだけ醤油感が丸いということでもあるのですよね!
なので、醤油はそこそこ強めでありながらもキツいという印象はないです!

また甘さについても「人類みな麺類」ほど過剰という感じではなくて、
「ほどよく丸みのある醤油」というぐらいのバランスとなってます!

貝だしだけを立てるならもう少し醤油が控えめでもいいのでしょうが、
やはり「人類」系列なだけあって、醤油に力を入れたいのでしょうね!

そしてもう1つの主役のあさりだしですが・・・うん、たしかに強いです!(`・ω・´)

間違いなくだしの主役はあさりになっていると言えるでしょうね!
はまぐりに比べると、鋭さは控えめでやや丸みを帯びた風味ですね!

はまぐりほど上品ではないものの、キツいという印象もないです!

そうでありながらあさりだしとしての強さはきっちりと感じますね!
二枚貝特有の舌にグッとくるような質感を感じることができます!

「しっかり強いけどキツいほどではない」というバランスですかね!
この過剰にならないバランス感もこちらのお店らしいのかもですね!

最近は貝系だしの場合はガンガンに効かしてくるケースも多いですし!

そして醤油とあさりだしの背景では動物系もそこそこ活躍してます!

ベースとしての鶏だし、そして油脂のほうで豚脂っぽさも感じますね!
それによって貝だしだけでは出にくい厚みをきちんと補っています!

◎スープの原材料


スープの原材料はしょうゆ、アサリエキス、動物油脂、糖類、
たん白加水分解物、植物油脂、食塩、ガラスープとなってます!

醤油とあさりが中心で、動物油脂がサポートに入る感じですね!

◎麺 - かなり太めのノンフライ麺


麺はかなりの太さのある断面が正方形寄りのノンフライ麺です!

この商品は「凄麺」ブランドとして発売されてるわけではないですが、
麺については「凄麺」で使われている太麺と同じと見ていいでしょう!

「凄麺」シリーズは細麺から太麺までバリエーションがありますが、
こちらはその中でも最も太い麺というふうに言ってもいいでしょう!

太くてブリ感があり、なおかつもちもち感も感じることができる麺です!(*゚ー゚)

少し注意が必要なのは、フライングはしないほうがいいという点です!

細麺であればフライングしてもそれほどの影響はないのですが、
太麺は液体スープを入れたときの温度低下の影響が出るのですよね!

でもって、今回の麺はあえて30秒から1分ぐらい標準から長めに待つほうが
麺の持っているポテンシャルをより引き出せるというところがありますしね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は65gで、カロリーは349kcalとなっています!
脂質は8.2gで、調味油によってそこそこ入ってはいますね!

◎具材 - あさり具材が入ってるのはうれしい


具材はあさり、メンマ、白髪ねぎという組み合わせです!

メンマは細かくて薄く、これはあまり存在感がないですね;
ちょっと袋の中で砕けすぎているという印象でしたね;

白髪ねぎは辛味はあまりないですが、麺に絡めやすいですし、
薬味としての効果は十分に発揮していると言っていいですね!

そしてあさり具材ですが・・・うん、しっかりとあさりですね!(*゚◇゚)

形はやや崩れ気味で、特に貝柱の部分がやたらと外れてますが、
味に関してはまさにリアルなあさりと言って間違いないです!

食感もしっかりあさりですし、風味もきちんとしていますね!
あさりとしてのおいしさを十分に堪能することができます!

やはり実際に貝の具材が入っていると臨場感が全く違いますね!

◎まとめ - しっかり貝だしながらもバランスのいい醤油味


ゴリゴリのパンチ重視でもなく、かといって貝が弱いわけでもない、
きちんと貝が主張しながらバランス良くまとめたという印象ですね!

そしてもう1つの主役の醤油も主張しながら上手く丸まってますし、
「主張すべきは主張させつつバランスも保つ」一杯と言えますね!

優しさを感じさせながらもしっかりと旨味の生きた内容でした!(゚x/)モキシンッ
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.