6/15発売 マルちゃん 正麺 カップ 台湾まぜそば

6/15発売の東洋水産「マルちゃん 正麺 カップ 台湾まぜそば」を食べました!
「正麺カップ」シリーズから名古屋名物の台湾まぜそばが登場しました!

6/15発売 マルちゃん 正麺 カップ 台湾まぜそば

最近の「正麺カップ」は汁なし商品にずいぶん力を入れてますね!(*゚ー゚)

このシリーズのおかげでノンフライ汁なし麺の定着度が上がってますね!
ノンフライ汁なし麺って、なかなか上手く定着しなかったですからね!

なぜか「正麺カップ」の汁なし商品は探すのに苦労することが多かったですが、
今回の商品に関してはごく普通にコンビニですぐに入手することができました!

今後もこうして普通に入荷されるようになってほしいですね!
クオリティに関しては間違いないものを持ってるシリーズですし!

6/15発売 マルちゃん 正麺 カップ 台湾まぜそば(内容物)

◎内容物 - 液体と粉末のダブルソース仕様


内容物はかやく、液体スープ、粉末スープとなっています!
まぜる順番としては液体スープ→粉末スープとなっています!

6/15発売 マルちゃん 正麺 カップ 台湾まぜそば(できあがり)

なんだか具材の組み合わせがあまり台湾まぜそばっぽくないですね!

◎タレ - 台湾まぜそばとしてはやや優しい味わい


まずはその味ですが・・・台湾まぜそばとしては比較的優しいですね!(●・ω・)

台湾まぜそばらしく、ベースは醤油系の味わいとなっていますね!

醤油ダレをベースににんにくによって強いアクセントをつけつつ、
そこに粉末ソースで魚粉の味わいが加わるという形になってます!

台湾まぜそばにおいて欠かせない存在の1つが魚粉なのですよね!

その魚粉を粉末ソースに加えることに臨場感を出してるのですね!
そう考えると、なぜダブルソース仕様だったかも見えてきますね!

ここに花椒も加わっているのですが、刺激はそこまで強くないです!

もともと台湾まぜそばは花椒が入らないケースも多いので、
そうしたこともあって控えめに調整してるのかもです!

また唐辛子系の辛さもおおむね軽めと言っていいでしょう!

そして全体的にあまり強いインパクトは与えないですね!(*゚◇゚)

強いシャープさはなく、にんにくもあくまでほどほどという感じで、
魚粉についてもガツガツと攻めてくるほどではないのですよね!

なので、かなりバランス感を意識した台湾まぜそばという感じです!

台湾まぜそば特有のワイルドな印象というのがあまりないのですよね!
なので、良くも悪くも上品に仕上がっているという印象が残ります!

それが「正麺カップ」シリーズらしいということもできますが、
もうちょっとパンチを効かせても良かった気はしますけどね!

またほんのりと甘みを感じるのも特徴の1つと言えるでしょう!

◎タレの原材料


タレの原材料はしょうゆ、香味油脂、植物油、チキンエキス、香辛料、
砂糖、デキストリン、粉末かつおぶし、粉末煮干しとなっています!

動物系のエキスが鶏系というのも1つの特徴と言えるかもですね!

台湾まぜそばというと味付けした豚ミンチがポイントになりますが、
それを考えれば豚系のエキスも入れたほうがいいように思うのですが、
そこを鶏系にしたことで味わいが上品になった面もあるでしょうね!

◎麺 - やはり麺のクオリティは上質


麺はいつもの「正麺カップ」らしいノンフライ麺となってます!

やや平打ち気味ながらも一定の厚みはある多加水系の麺で、
もちプリでリアルな中華麺らしい食感が大きな長所です!(`・ω・´)

以前の「正麺カップ」の汁なしの麺はややほぐれが悪かったですが、
ここ最近はそうした傾向はずいぶんと改善されてきた印象ですね!

それによってシリーズ全体の安定感が増してきた感がありますね!

そしてこれだけのクオリティの高さを誇っているノンフライ麺が
汁なし麺商品として使われているということ自体も大きいですね!

汁なし麺商品の持つ可能性を広げる力を感じさせますしね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは451kcalとなっています!
脂質は11.0gで、けっこう抑えられた数字になってますね!

ノンフライ麺でありながらきちんと麺が90gあるのがうれしいです!

◎具材 - なぜかあまり台湾まぜそばらしくない


具材は豚団子、チンゲン菜、ニラという組み合わせです!

台湾まぜそばというと、豚ミンチ・ニラ・ねぎ・海苔などが乗りますが、
この商品に関してはそれと共通しているのはニラぐらいになりますね!

チンゲン菜が台湾まぜそばに入るというのはかなり珍しいですね!
普通は台湾まぜそばに起用される具材ではないですからね!

豚団子は豚ミンチのかわりに入っているものだとは思うのですが、
台湾まぜそばを再現するならそぼろ具材のほうが良かったでしょうね!

ただこの具材自体は単体の味として十分に質は高いものではありますね!
豚肉のおいしさがギュッと詰まった豚団子となっていますし!

ニラに関しては普通ですが、台湾まぜそばらしさはありますね!(=゚ω゚)

具材のチョイスに関しては正直なところ疑問は残りますね!
最低でもねぎ、できれば刻み海苔をチョイスしてほしかったです!

◎まとめ - バランスはいいが、台湾まぜそばとしてのパンチは控えめ


台湾まぜそばに必要な要素はきちんと仕込まれてはいたのですが、
具材がなぜか一般的な台湾まぜそばから大きく離れてしまっていたり、
タレもパンチが弱いなど、全体的に優しさ重視の味わいでしたね!

もちろんそれはそれで一つの台湾まぜそばのスタイルではありますが、
もうちょっと台湾まぜそばらしさを強く出してほしかったですかね!

また食べる際にお好みで卵黄を加えるとより味が映えるでしょう!(゚x/)モッキュリン

【関連記事】
マルちゃん正麺 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/8発売 マルちゃん 冷しぶっかけうどん

6/8発売の東洋水産「冷しぶっかけうどん」を食べました!
今年も東洋水産の和風麺シリーズから冷やし系が出ました!

6/8発売 マルちゃん 冷しぶっかけうどん

ちょうど昨年に「冷やしぶっかけたぬきそば」が出たのですよね!

この「冷やしぶっかけたぬきそば」は今年も発売されていますが、
今年はそれに合わせてこの「冷やしぶっかけうどん」も出ました!

冷やし和風麺がうどんとそばの2商品態勢になったわけですね!(=゚ω゚)

そこで今年はこちらの「冷やしぶっかけうどん」のほうを購入しました!

6/8発売 マルちゃん 冷しぶっかけうどん(内容物)

◎内容物 - あとのせかやくがポイント


内容物は液体スープとあとのせかやくとなっています!
またカップの中にあらかじめかまぼこが少し入ってます!

6/8発売 マルちゃん 冷しぶっかけうどん(できあがり)

とりあえず今回は普通に水道水で2回洗って水切りした後、
さらに氷水を入れて洗ってキリッと冷やして仕上げました!

◎スープ - 一言で言えば「生姜を少し加えためんつゆ」


まずはスープですが・・・基本はめんつゆの味わいそのままですね!(●・ω・)

それもやや濃縮したタイプのめんつゆと言ってもいいでしょう!
1.5倍ぐらい濃縮したタイプのめんつゆの風味に近いですかね!

ベースに昆布とかつおというベーシックなだしを据えたうえで、
鋭さはなくまったりとした濃口の醤油に甘みをやや強めに加えた、
まさにめんつゆのスタンダードとも言える味わいになっています!

なので、良くも悪くもあまり語るところはないのですよね!

この商品特有の個性的なだし感があるとかではないですし、
普通にめんつゆを買ってくればそのまま再現できる味ですね!

そして大きな特徴となっているのはほんのりとした生姜風味です!(*゚ー゚)

これは冷やしうどんと生姜の相性の良さに着目したのでしょうね!

冷やしそばは薬味としてはわさびを合わせたくなるのですが、
うどんの場合はしょうがと合わせたときに映えるのですよね!

決してそこまで強く生姜がアピールするわけではないのですが、
「ん、これは生姜の風味がするな」と明確に感じはしますし、
全体の風味のアクセントとしては機能してくれていますね!

◎スープの原材料


スープの原材料はしょうゆ、糖類、かつおエキス、こんぶエキス、
発酵調味料、酵母エキス、香辛料、たん白加水分解物です!

原材料を見てもいかにもめんつゆらしい組み合わせですね!
生姜については香辛料の中に含まれているのでしょう!

◎麺 - いつもより細めながら力強い食感


麺はいつもより細めながらも5分湯戻しの油揚げ麺です!

細めの麺にしたのは、冷やすことで食感が変わるためでしょうね!
もしいつもの麺だったら、ものすごく食感が硬くなったでしょうし!

そのあたりのバランスを取るために特別な麺を使ったのですね!

ただこの細めの麺は温かいスープでも使ってみてほしいですね!
細うどん系のカップうどんもあっていいように思いますし!

さて、食感についてはやはり少し硬めには仕上がりますね!
冷やすとそれだけ食感がシャープになるというのはありますし!(*゚◇゚)

なので、5分よりも多少長く待ってもいいとは言えそうですね!
もちろんこれは冷やす温度によっても変わってくるでしょうが!

昨年「冷やしぶっかけそば」のほうは冷やしたときに油が凝固して、
それがどうしてもネックになってしまうところがありましたが、
こちらは昨年のそばに比べるとその点がかなりマシではありました!

全く凝固しないわけではないものの、ほぼ気にならなかったです!

◎麺量と栄養成分


麺の量は66gで、カロリーは364kcalとなっています!
脂質は16.6gで、これはほぼ麺が含んでいる脂質でしょうね!

麺量66gは温かいスープの新商品系のうどんとほぼ同じですね!
ただこうした汁なし系で麺量66gはどうしても少なくは感じます!

◎具材 - 薬味がしっかりと活躍


具材はかまぼこ、ねぎ、ごまとなっています!
このうちねぎとごまはあと入れかやくのものですね!

かまぼこに関してはいつもどおりのごく普通のものですね!

そしてねぎとごまですが、これはどちらもいい仕事をしてますね!(`・ω・´)

やはりこうした冷やしうどんでは薬味は欠かせない存在ですし、
そういう点においてねぎが果たしている役割は大きいですね!

量も多いので、味のうえでいいアクセントになってくれてます!

そしてこうした冷やし系は味が軽くなる傾向がありますが、
ごまは香ばしさとコクを与えるうえで大いに役立ってます!

さらにここに自分でいくつか具材を加えてもいいでしょうね!

揚げ玉や海苔あたりを加えると、さらに味が映えるでしょう!

◎まとめ - シンプルながらもまとまった一杯


水を何度も入れ替えて冷やす作業が面倒だという面はありますが、
カップ麺で冷やし麺が食べられるというのは価値はあるでしょうね!

ただ良くも悪くも非常に平凡な味わいの商品ではあるので、
結局家で再現しやすいというのは多少弱点にはなるかもです!

めんつゆと生姜さえあれば、ほとんど同じ味になりますしね!

それでも夏向けにきれいにまとめられた一杯ではありました!(゚x/)モニンッ

【関連記事】
マルちゃん 冷しぶっかけうどん
マルちゃん もっと赤いたぬき天うどん
マルちゃん 汁なし牛すきうどん
マルちゃん 汁なしカレーそば
マルちゃん 汁なしラー油肉そば
がんばれ!受験生 桜色の丸鶏だしうどん
マルちゃん 縦型ビッグ 黄色い博多ラーメン(2019年)
マルちゃん 山椒が香る塩そば
マルちゃん 冷しぶっかけたぬきそば
マルちゃん 赤いたぬき天うどん 西
マルちゃん 黄色い博多焼ラーメン
がんばれ!受験生 まろやかカレーうどん
復刻版 緑のたぬき天そば
復刻版 赤いきつねうどん 西
マルちゃん 橙のたまごうどん
マルちゃん トリュフ香る鯛だしうどん
がんばれ!受験生 とろみかきたま風うどん
マルちゃん 甘ーいきつねうどん
マルちゃん 関西風肉うどん
マルちゃん 関西風肉そば
マルちゃん 縦型ビッグ 黄色い博多ラーメン
ドラゴンボール超 麺づくり 黒い豚カレー味
ドラゴンボール超 赤いきつね 焼うどん
マルちゃん 桜色のおめで鯛だしうどん
マルちゃん 博多水炊き風鶏だしうどん
マルちゃん 旨みふぐだしうどん
マルちゃん 黄色い博多ラーメン
マルちゃん 青いちゃんぽん
マルちゃん 親子でがんばる うどん
マルちゃん おそば屋さんのにしんそば
マルちゃん 鶏だし塩そば
マルちゃん おこげ様で合格 カレーうどん
マルちゃん わさび香るそば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/8発売 野郎ラーメン ニンニクマシマシ野郎

6/8発売のサンヨー食品「野郎ラーメン ニンニクマシマシ野郎」を食べました!
東京の二郎系ラーメンのお店である「野郎ラーメン」とのコラボ商品です!

6/8発売 野郎ラーメン ニンニクマシマシ野郎

「野郎ラーメン」の再現カップ麺もずいぶんと定番化してきましたね!

一方でどうしてもマンネリ化も感じさせてしまうところがありますが、
今回は「ニンニクマシマシ」になったということで購入してみました!(=゚ω゚)

正直なところそれほど変わり映えはしていないように思うので、
そこまで購入意欲がそそられたというわけでもないのですが;

基本的にベースはいつもの「豚骨醤油味」と変わらないようですし!

6/8発売 野郎ラーメン ニンニクマシマシ野郎(内容物)

◎内容物 - 「野郎ラーメン」最大の個性である調味油付き


内容物はフタに貼り付けられた特製調味油となっています!
ちゃんとお店のマークも含めてデザインされていますね!

6/8発売 野郎ラーメン ニンニクマシマシ野郎(できあがり)

うん、二郎系らしくキャベツはけっこうたっぷり盛られていますね!

◎スープ - いつもの炒め野菜の風味ににんにくのパンチ


まずはベースのスープですが・・・うん、二郎系らしさのある味わいです!(●・ω・)

ベースはほどほどに入荷した感じの豚骨醤油スープとなってます!

二郎系らしく、まったりとした風味を前面に出すのではなく、
全体的にちょっとシャープな印象を持たせるのが特徴ですね!

意外とスープが溶け残りやすいので、下からしっかりまぜましょう!

そこに今回はガーリックがかなり強めに加えられていますね!

「野郎ラーメン」って、二郎系ラーメンとしては全体的に優しく、
にんにくもそこまで強くアピールするタイプではないのですよね!

しかしながら今回はけっこう頑張ってにんにくをアピールしてます!

それでも食べていてものすごく強烈だと感じるほどではないですが、
口の中にかなりのにんにくの香りが残るぐらいのパンチはありますね!

なので、「二郎系としてのニンニクマシマシ」としてはやや軽めですが、
このシリーズということで見れば十分ににんにくは強まっていますね!

また胡椒と唐辛子を少し加えることで軽いアクセントもついてます!
もっともこれについては隠し味に近いような存在ではありますが!

そして調味油ですが・・・やはり今回も炒め野菜の風味が映えますね!(`・ω・´)

「野郎ラーメン」のカップ麺の最大の特徴はこの調味油なのですよね!

二郎系で油脂というと、強烈な豚脂などがまず連想されますが、
「野郎ラーメン」は「炒め野菜風味の調味油」がポイントです!

というのも、二郎系が一般的に茹で野菜をトッピングするのに対し、
「野郎ラーメン」は炒め野菜をトッピングすることが多いのですよね!

炒め野菜にすると、その特有の香ばしさや旨味が出てきますし、
それこそが実は「野郎ラーメン」最大のポイントなのですよね!

その点に関してはこの調味油は満点の活躍をしてると言えます!

◎スープの原材料


スープの原材料は食塩、糖類、ポークエキス、豚脂、香辛料、しょうゆ、植物油脂、
クリーミングパウダー、たん白加水分解物、香味油、酵母エキス、野菜粉末です!

前回の「野郎ラーメン 濃厚豚骨野郎ラーメン」とはけっこう違ってますね!

香辛料(にんにくを含む)が上位に出てるのは当然ではありますが、
鶏系がカットされ、クリーミングパウダーが新たに加わってますね!

◎麺 - ひたすらごわごわワシワシの超ワイルド太麺


麺は極太でひたすらごわごわとした油揚げ麺となっています!

まぁこの麺は・・・良くも悪くもいかにもサンヨー食品ですね!
わざわざここまで無骨な麺を他のメーカーは作らないですね!

はっきり言うと、バランスがいいとはとても言えない麺ですね!
規定時間の5分で明らかに戻っておらずごわごわとしていますし!

ごわごわなうえに戻りも悪く、粉っぽさもあるワイルドな麺で、
他のカップ麺に使われてしまったら怒ってしまいたくなるものです!

ただそれがこの「野郎ラーメン」だったら許せてしまうのですよね!(*゚ー゚)

もともと二郎系の麺自体がこうしたワシワシ感を強調するものですし、
そういう意味では良くも悪くも再現されてるところがあるのですよね!

明らかに強引な麺ですが「二郎系らしい」とは思わせてくれますね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは428kcalとなっています!
脂質は15.6gで、それほど高い数字ではないですね!

◎具材 - シンプルながら二郎系らしいボリュームはある


具材はキャベツ、鶏・豚そぼろ、フライドガーリックとなっています!

フライドガーリックは具材というよりはスープの一部に近いです!
麺に絡んで口に入ってくると、一気にガーリック感が高まります!

そぼろ肉はノーマルながらも、肉感を与えてくれるのはいいですね!
やっぱり野菜だけだと量が多くても満足度は少し下がりますからね!

そして具材の中で主役になっているのは間違いなくキャベツでしょう!(*゚◇゚)

キャベツはけっこう量も多く、二郎系らしさの演出に役立ってます!
やっぱり二郎系をアピールするなら最低でもこの量はほしいですね!

キャベツのクオリティそのものはごく普通ではあるのですが、
やはり二郎系のスープとカップ麺のキャベツは合いますね!

◎まとめ - なんだかんだでよくできているラーメン


「野郎ラーメン」のカップ麺は正直なところそれほど変わり映えしなくて、
どうしてもマンネリぽさが出てきて、買うかどうか迷ったりもするのですが、
食べてみるとなんだかんだでのそのクオリティの高さに満足するのですよね!

やっぱりこの炒め野菜の風味を詰め込んだ調味油が特に秀逸ですね!

炒め野菜の風味とガーリックのワイルドさが交わった一杯でした!(゚x/)モニーヌ

【関連記事】
野郎ラーメン ニンニクマシマシ野郎
野郎ラーメン 激辛大爆発野郎
野郎ラーメン 濃厚豚骨野郎ラーメン
野郎ラーメン 汁無し野郎
野郎ラーメン 豚骨野郎ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/9発売 麺屋 六感堂 山椒ブラック

6/9発売の東洋水産「麺屋 六感堂 山椒ブラック」を食べました!
ファミリーマートのみで販売されている商品となります!

6/9発売 麺屋 六感堂 山椒ブラック

東京の池袋にある「麺屋 六感堂」とのコラボ商品となります!

こちらのお店は動物系を使わないスープが大きな特徴となっています!
またユーグレナ(ミドリムシ)を練り込んだグリーン麺も有名です!

ただ今回のカップ麺はお店のレギュラーメニューの商品化ではないのですよね!

これは2019年のYahoo!の企画「最強の次世代ラーメン決定戦」に
エントリーしたときの限定ラーメンがモチーフとなっています!

Yahoo!の企画では、もともと優勝商品がカップ麺化されるのですが、
入賞しなかったエントリー商品がYahoo!企画から離れた形で
このようにカップ麺化されるというのはかなり珍しいですね!

ただどちらも東洋水産担当なので、その点は共通しています!
東洋水産がこのときのラーメンに注目していたのかもですね!(*゚◇゚)

ちなみにこのカップ麺ではスープに動物系も使われていて、
麺もグリーン麺ではないのでけっこうノーマルな感じです!

6/9発売 麺屋 六感堂 山椒ブラック(内容物)

◎内容物 - 後入れの液体スープ付き


内容物はフタに貼り付けられた液体スープとなっています!
粉末スープの量が多く、色がかなり黒いのが目につきますね!

6/9発売 麺屋 六感堂 山椒ブラック(できあがり)

いやはや、「山椒ブラック」という名前にふさわしい黒さですね!

◎スープ - 魚介ベースのスープにラードと山椒が映える


まずはスープですが・・・おっ、色の割にそこまできつくないですね!(●・ω・)

ここまで黒いと、大抵は醤油のキレが前面に出てくるものですが、
こちらのスープは醤油の風味やコクは出ていても鋭くはないです!

醤油特有のシャープさを打ち出すためのブラックというよりは、
醤油の持っている風味を生かすタイプと言っていいでしょうね!

なので、ブラック系が苦手な人でも比較的食べやすいでしょう!

そして鶏系も入ってますが、基本的には煮干がメインの味わいです!

煮干などの魚粉もかなり多く、これが旨味の柱となっていますね!
こちらのお店のスープの基本が魚介であることがはっきりわかります!

そこに山椒が加わりますが、これはそこまで強いわけではないです!

山椒といっても四川料理に使われるような花椒とは違っていて、
刺激はほとんどなく、さわやかな香りを運んでくれるものですね!

そして大きなポイントになっているのがラードなどの油脂ですね!(=゚ω゚)

魚介系のスープに山椒と効いたのでかなりすっきりを予想してましたが、
実は油脂がそこそこ多めで、ラードの分厚さも感じるのですよね!

むしろコクとパンチをラードが、ベースを煮干が担うような感じで、
「魚介系ながらも意外と分厚いスープ」という印象が残りました!

特に前半はラードの主張が強く、後半にそれが少しずつ薄れて、
煮干と山椒が絡み合う様が見られるという組み立てでしたね!

◎スープの原材料


スープの原材料はしょうゆ、食塩、植物油脂、魚介エキス、ラード、香辛料(山椒)、
こんぶエキス、乳糖、チキンエキス、香味油脂、発酵調味料、たん白加水分解物です!

スープに関してはおおむね和風系で統一されてる感じですよね!
そこに植物油脂とラードによって分厚さがプラスされています!

◎麺 - 安心の東洋水産の新世代麺


麺は最近の東洋水産らしい新世代系の油揚げ麺となっています!

平打ち系の麺で、表面は比較的やわらかな質感となっていながら、
噛むとクニッとした絶妙のコシを見せるのが特徴となってます!(*゚ー゚)

現在ではどのメーカーもかなり良質な麺を開発していますが、
こうしたリアルなコシを見せる油揚げ麺はあまりないですね!

それだけにかなり価値のある麺であることは間違いないです!

ただ今回は麺が一部くっついて戻りが悪い箇所がありましたが!
でもこのあたりはおそらくは個体差ではないかと思います!

この麺を使った他の商品ではそういう傾向はなかったですので!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは420kcalとなっています!
脂質は18.9gで、ちょっと高めと言ったところですかね!

◎具材 - いつもの東洋水産らしい組み合わせ


具材は味付豚肉、メンマ、ねぎという組み合わせになっています!

この具材の構成は東洋水産の縦型では定番になっていますよね!
でもクオリティは非常に高いので特に問題はないのですが!(`・ω・´)

いつもながらもリアルな豚肉、そしてほどよい食感のメンマ、
どちらも量がたっぷりで満足度は非常に高いものになってます!

ねぎは細かい青ねぎでかなりしっとりとした質感の薬味です!

◎まとめ - ラード・魚介・醤油の3段構成に山椒が絡む


ラードと魚介によってコクと旨味を両立させたスープに、
醤油の旨味をたっぷりと加えて山椒でさわやかさをプラス、
なかなか上手く組み立てられた醤油ラーメンになってました!

最近の東洋水産の縦型カップ系商品はどれも安定していますね!(゚x/)モキヌ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/8発売 一度は食べたい名店の味 べんてん 塩ダレ油そば

6/8発売のエースコック
「一度は食べたい名店の味 べんてん 塩ダレ油そば」
を食べました!

「一度は食べたい名店の味」から汁なし系の新作が出ました!

6/8発売 一度は食べたい名店の味 べんてん 塩ダレ油そば

「べんてん」は今は東京の成増にお店を構えるラーメン店です!
もともとは1995年に高田馬場で開店した歴史のあるお店ですね!

このシリーズからは「べんてん」のカップ麺は過去に出ていて、
塩ラーメン醤油ラーメンのそれぞれの商品を紹介してます!(*゚◇゚)

どうもやや古風でワイルドな鶏豚魚介系のスープのようですね!
洗練された感覚よりもいろんな風味が交わるのが個性のようです!

そうした個性はこちらの油そばでも感じられるかもしれませんね!

6/8発売 一度は食べたい名店の味 べんてん 塩ダレ油そば(内容物)

◎内容物 - 後入れのスパイスが特徴


内容物はかやく、液体ソース、スパイスとなっています!
どうも後入れスパイスがポイントになってるようですね!

6/8発売 一度は食べたい名店の味 べんてん 塩ダレ油そば(できあがり)

うん、後入れスパイスがなかなか多めに入っていますね!

◎ソース - 動物系油脂よりも香味野菜を立てた塩まぜそば


まずはソースですが・・・おっ、これは素朴さのある塩まぜそばですね!(●・ω・)

油そばというと、豚脂をガンガンに効かせて攻めるものが多いですが、
この商品に関しては豚脂がそこまでアピールしてくる感じはないですね!

むしろこの商品はねぎ油系の植物油脂による香味がとりわけ強いです!
そこに油そばらしくガーリックオイルも多少加わってきていますね!

そして塩だれはキリッとしていて、トータルの味わいとして見ると、
「正統派の塩まぜそば」という表現がピッタリと似合う感じです!

自分の中では「油そば」というよりは「まぜそば」に近いですね!

キリッとした塩だれ、香味野菜の強さ、そして動物油脂は控えめ、
そのためワイルドでありながらサラリと食べられるのが特徴です!

どこか古風なタイプの塩ラーメンを思わせるようなところもあり、
そうした部分も含めて「素朴でレトロな塩まぜそば」と言えますね!

また全体の旨味をサポートする形で魚介系も活躍しています!

そしてそこにスパイスを加えると・・・味がより引き立ちますね!(`・ω・´)

スパイスは黒胡椒がメインで、そこに少し別のスパイスも加わります!
ただおおむね胡椒の風味でまとめられていると言っていいでしょう!

タレの風味からして、いかにも胡椒が合いそうな感じですからね!

やっぱり油脂がある程度多いので、味に一定の重さはありますが、
そこに胡椒が入ることでさらにすっきり食べられるのですよね!

そしてそれと同時にスパイスによって味にメリハリがつきますね!
単にアクセントになるだけでなく、全体の味を引き立ててます!

◎ソースの原材料


ソースの原材料は植物油脂、たん白加水分解物、動物油脂、チキンエキス、香味油、
発酵調味料、ポークエキス、砂糖、魚介エキス、香辛料、魚介風味調味料、食塩です!

鶏豚魚介に植物油脂によってまとめるといったスタイルとなってます!
この鶏豚魚介を合わせる構成は塩ラーメンと共通していますね!

ただこちらのほうが全体的にキリッとした味わいになっていますが!

タレの旨味よりは油脂の香味を重視している感がありましたからね!

◎麺 - まぜそば向けらしいパワフルな麺


麺はエースコックのまぜそば向けらしい力強い太麺となってます!

最近のエースコックのまぜそば向け麺はバランスがいいですね!(=゚ω゚)

エースコックらしいがっしり感も一定程度備えていますし、
それでいて過度になりすぎずほどよいコシもあるのですよね!

がっつり食べ進むのに向いてますし、かといって暴れる感じでもない、
ワイルドでありながらも食べやすい麺に仕上げられていますね!

タレとの相性も良く、今回の商品には上手く合っていましたね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は多めの120gで、カロリーは662kcalとなっています!
脂質は29.0gで、油そばとしてはむしろ比較的低いと言えますね!

◎具材 - 薬味とメンマがいいバランス


具材はねぎ、メンマ、輪切り唐辛子となっています!

ねぎは普通の薬味ながら、この商品では上手く活躍していますね!

というのも、この商品の最大のポイントは香味野菜風味のオイルですし、
それを側面支援するという点において具のねぎも大事なのですよね!

麺にねぎが絡むことによって、ねぎオイルがより引き立ってました!(*゚ー゚)

そしてエースコックが得意とする輪切り唐辛子も良かったですね!

スパイスのアクセントともに、この輪切り唐辛子も刺激を与えてくれ、
全体のメリハリを高めるという点で非常にいい仕事をしてくれました!

そして具材らしい具材としてはメンマが採用されています!

全部の具材が薬味系だとさすがにさみしさも感じてしまうのですが、
そこにメンマが入っていることでいいバランスとなっていますね!

エースコックのメンマはコリコリ感に優れたものを持っていますし、
今回はなかなか量も多く、箸休め的にもいい貢献をしていましたね!

◎まとめ - 素朴な中に上手くアクセントをつけた良作


キリッとした塩ダレと香味オイルという組み合わせもさることながら、
そこに胡椒と輪切り唐辛子でつけたアクセントもまた秀逸でしたね!

そして具材もメンマがちょうどいい活躍をしてくれていましたし、
ポイントを上手く押さえながらまとめあげてくれた一杯でした!

素朴ながらもきれいにまとまった塩まぜそばと言える内容でした!(゚x/)モニュッシー

【関連記事】
一度は食べたい名店の味 べんてん 塩ダレ油そば
一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 濃厚煮干し中華ソバ
一度は食べたい名店の味PREMIUM 狼煙 魚粉盛り濃厚豚骨魚介ラーメン
一度は食べたい名店の味 八雲監修の一杯 ワンタン麺 白醤油味
一度は食べたい名店の味 ストライク軒 シンカー 蛤だし鶏白湯ラーメン
一度は食べたい名店の味 ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん
一度は食べたい名店の味 つじ田 成都式汁なし担々麺
一度は食べたい名店の味 麺処 花田 濃厚辛味噌ラーメン
一度は食べたい名店の味PREMIUM 四つ葉 地鶏だし醤油ラーメン
一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 煮干しまぜソバ
一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚塩ラーメン
一度は食べたい名店の味 狼煙 魚粉盛り濃厚豚骨魚介ラーメン
一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん(2018年)
一度は食べたい名店の味PREMIUM ぜんや ホタテだし塩ラーメン
一度は食べたい名店の味 ぜんや ホタテだし塩ラーメン
一度は食べたい名店の味 四つ葉 蛤ダシ中華そば
一度は食べたい名店の味 麺屋Hulu-lu監修の一杯 柚子塩SOBA
一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 ニボニボ中華ソバ
一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚中華そば
一度は食べたい名店の味PREMIUM ど・みそ 特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 つじ田 ごま香る正宗担々麺
一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 狼煙 行列必至の豚骨魚介ラーメン
一度は食べたい名店の味PREMIUM ぜんや 行列必至の塩ラーメン
一度は食べたい名店の味 四つ葉監修の一杯 行列必至の中華そば
一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン(2017年)
一度は食べたい名店の味 麺屋Hulu-lu監修の一杯 行列必至の中華SOBA
一度は食べたい名店の味 麺巧 潮 にほんいち醤油そば
一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 行列必至の中華ソバ
一度は食べたい名店の味 つじ田 奥の院 行列必至の煮干し醤油らーめん
一度は食べたい名店の味 麺処 花田 行列必至の味噌ラーメン
一度は食べたい名店の味 ど・みそ 行列必至の特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 つじ田 味噌の章 行列必至の味噌らーめん
一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/8発売 ペヤング 黒ゴマMAXやきそば

6/8発売のまるか食品「ペヤング 黒ゴマMAXやきそば」を食べました!
このところペヤングのMAX系商品に勢いが出てきていますね!

6/8発売 ペヤング 黒ゴマMAXやきそば

今回はそのMAXとして「黒ゴマ」がテーマの商品が登場しました!
パッケージも黒ゴマらしく、黒のインパクトがすごいですね!(`・ω・´)

それにしてもペヤングは思い切ったデザインが得意ですよね!
このあたりは他社にはないセンスだなといつも感心しますね!

このデザインだけで棚の中でも一際目立つ存在になりますしね!

6/8発売 ペヤング 黒ゴマMAXやきそば(内容物)

◎内容物 - 後入れの黒ごまがたっぷり


内容物はかやく、液体スープ、後入れの黒ごまです!
黒ごまがたっぷりと入ってるのがよくわかりますね!

6/8発売 ペヤング 黒ゴマMAXやきそば(できあがり)

もはや一面黒ごまだらけというぐらいにごまが入ってますね!

ソース - とにかく黒ごま、油脂感も強くまったり


まずはベースのソースですが・・・ごま油とねりごまを強く感じます!(●・ω・)

ソースだけをかけた時点で、すでに主役は黒ごまになってますね!

なので、普通の味のソースに具材として黒ごまが入るだけでなく、
具材の黒ごまがなくても十分に黒ごま味として成立しています!

主役となっているのは多めのごま油と黒ごまのねりごまですね!

そしてそこに動物系や醤油などの調味料を加えてまとめています!

すでにこのソースだけでも味は十分に完成してるのですよね!

まったり感が非常に強く、そこに黒ごまの香ばしさも加わって、
これだけで食べても十分にぐらいに楽しめるものはありますね!

ピリ辛感や唐辛子要素はあまりないので、ごまメインといっても、
汁なし担々麺のようなスタイルとはまた違った感じがあります!

そしてふりかけの黒ごまを加えると・・・もう完全に黒ごま味ですね!(*゚◇゚)

ソースだけのときは、黒ごまらしい香ばしさを強く感じながらも、
どちらかと言うと「ねりごま風味」に近い雰囲気だったのですが、
黒ごまが入ると「黒ごまの味」そのものへと変わってきますね!

それは「黒ごまの味」をとことん楽しめるという点で面白くはありつつも、
一方であまりにそのものすぎて味の深みにちょっと欠けるところもあります!

ソースのほうが演出している、上手く組み立てられた黒ごま風味が、
完全にふりかけの黒ごまで味が一色へと染まってしまいますからね!

ただ視点を変えて、この商品は黒ごまをストレートに楽しむもので、
ソースはあくまでその下支えと考えれば十分に面白いものですね!

でもソースだけでも十分に楽しめるのがこの商品の特徴でもあるので、
全体の1/4ぐらいはふりかけをかけずに食べてもいいかもしれません!

そのあとでかけることで、味の変化もしっかりと楽しめますからね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料は植物油脂、しょうゆ、糖類、ねりごま、食塩、
ガラスープ、ポークエキス、香辛料という構成になっています!

やはり植物油脂がかなり入っているのがポイントとなってますね!

◎麺 - いつものペヤングの麺


麺はいつものペヤングと同じものが使われています!

良くも悪くもペヤングは麺がワンパターンではあるのですが、
この麺だからこそペヤングだという側面も大きいのですよね!

どんなソースと合わせても相性がいいという強みがあると同時に、
どの味であってもこの麺があるからこそペヤングらしいと感じる、
ペヤングというブランドの個性を支える存在とも言えるでしょう!(*゚ー゚)

またこのラードの香ばしさを感じる麺には独特の魅力がありますしね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは638kcalと高めになっています!
脂質は39.6gで、一般的な焼そばとしてはかなり高めですね!

これはソースの油脂が多めだからというのもあるでしょうが、
それ以上にふりかけの黒ごまのカロリーが反映されているのでしょう!

◎具材 - キャベツと黒ごま


具材はキャベツと黒ごまという組み合わせになっています!

黒ごまについては具材という以上にソースの一部に近いですね!
というか、むしろ全体の味を最も強く左右する存在でしたからね!(=゚ω゚)

キャベツに関してはいつものペヤングよりは量は少なめです!
それでも決して貧弱な量にならないのがペヤングの良さですね!

◎まとめ - 黒ごまをとことん楽しめる一杯


ベースとなるソースも黒ごまとごま油で上手く組まれてましたし、
そこに加わる大量の黒ごまのインパクトはかなりのものでしたね!

ほぼそのまま「黒ごま味」と言っていいぐらいのものでしたし!

「黒ごまMAX」の名前に負けない、黒ごまが暴れまくる焼そばでした!(゚x/)モギギュギュギュ

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

5/25発売 一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 濃厚煮干し中華ソバ

5/25発売のエースコック
「一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 濃厚煮干し中華ソバ」
を食べました!

「一度は食べたい名店の味」から再び伊吹の監修品が登場しました!

5/25発売 一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 濃厚煮干し中華ソバ

「伊吹」と言えば、煮干系ラーメンのお店として非常に有名ですよね!
日本全体で見ても上位5位に入るぐらい煮干のお店としては有名でしょう!

そして「伊吹」のカップ麺はこのシリーズで過去に何度も出てますね!
ブログでも第1弾である2017年版と、第2弾の2018年版を紹介しています!

さらに2019年には「煮干まぜソバ」が商品化されていますね!

「伊吹」もまたこのシリーズにおける看板の1つになっていますね!(=゚ω゚)

自分としても評価が高く、2017年に発売された第1弾商品は、
年末の「カップ麺Award」で5位に選出したぐらいですからね!

5/25発売 一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 濃厚煮干し中華ソバ(内容物)

◎内容物 - 後入れの液体スープ付き


内容物はカップの中に液体スープが入っています!
こうした構成は過去の商品と特に違いはないですね!

5/25発売 一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 濃厚煮干し中華ソバ(できあがり)

具材の組み合わせなども以前のものと特に違いは内容です!

◎スープ - 濃厚さと旨さを極限まで引き出した煮干スープ


まずはスープですが・・・うん、やはり今回も質は非常に高いですね!(●・ω・)

煮干スープって難しくて、煮干の濃度を強く引き出そうとすると、
どうしてもその分だけ煮干のクセやえぐみも出てくるのですよね!

もちろんそれこそが煮干の旨さであり、それを好む人も多いですが、
一方でそれが煮干ラーメンへの好みを分けるポイントでもありますよね!

かといってそうした煮干のクセを抑えるために濃度を下げてしまうと、
せっかくの煮干の旨味もまた弱まってしまうことになるのですよね!

しかしながらこの商品は煮干の濃度とクセを抑えるのが両立されてます!

煮干系カップ麺としてもかなりの上位に来る煮干の濃度でありながら、
クセを感じさせず、ストレートに旨味を引き出しているのですよね!

それゆえに煮干マニアでも満足でき、同時にクセが苦手な人も受け入れる、
こうしたバランスを整えてきたというのはなかなかすごいことと言えます!

でもって、クセを抑えることで旨みが非常にストレートに出ていて、
「煮干の旨味をとことん味わえる」という点でも極めて優秀です!

やはりこのラーメンは煮干系カップ麺における1つの完成形ですね!

煮干以外のベースのスープは基本的に豚骨系となっています!(*゚ー゚)

ただ豚骨ラーメンに煮干を強く効かせたというイメージではなく、
豚骨で下支えをして、主役は完全に煮干に委ねている感じですね!

こうしたスタイルについても過去の商品と特に違いはないです!

そして主役の煮干は粉末、エキス、オイルの三本柱となっています!

粉末スープは主に煮干パウダー、そして液体スープに煮干エキス、
さらには煮干オイルが加わるという感じになっているみたいですね!

あらゆる方向から煮干がアピールしてくるというのはいいですね!

◎スープの原材料


スープの原材料はニボシエキス、食塩、ニボシパウダー、動物油脂、
しょうゆ、植物油脂、糖類、おからパウダー、乳化油脂、ポーク調味料、
ポークエキス、香味油、オニオンパウダー、白胡椒、酵母エキス、全卵粉です!

2018年版と2017年版のスープの原材料と比較してみましょう!

[2018年版]


魚介エキス、香味油、食塩、魚介パウダー、動物油脂、ポークエキス、糖類、
植物油脂、しょうゆ、おからパウダー、乳化油脂、ポーク調味料、ポークコラーゲン、
ひじきパウダー、オニオンパウダー、香辛料、酵母エキス、全卵粉

[2017年版]


魚介エキス、香味油、食塩、豚エキス、動物油脂、植物油脂、しょうゆ、糖類、
おからパウダー、クリーミングパウダー、ポークコラーゲン、ひじきパウダー、
オニオンパウダー、香辛料、酵母エキス、全卵粉

ひじきパウダーが外れたなどの細かい変化は見てとれますが、
最も大きいのは香味油の割合が下がったという点でしょう!

煮干がオイルよりも他の要素がメインになったのでしょうかね!

◎麺 - 低加水っぽさを感じさせる中細麺


麺はパスッとした歯切れの良さのある中細の油揚げ麺です!

これは煮干ラーメンに合わせる麺としては最適と言えるでしょう!(`・ω・´)

煮干ラーメンに使われる麺って、博多系の豚骨ラーメンと並んで、
低加水でパツパツとした歯切れのいい麺が使われやすいのですよね!

この麺はさすがに博多豚骨向けというほどのパツパツ麺ではないですが、
少し粉っぽさと低加水感があり、歯切れの良さもしっかりと感じさせる、
きちんと煮干ラーメン向けの麺を意識しているのが伝わってきます!

なので、麺単体としてもスープとの相性という点でも優秀ですね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは401kcalとなっています!
脂質は16.2gで、それほど高い数字ではないですね!

過去の2商品と比べても、数字はそれほど変わりませんね!

◎具材 - 貧弱ではあるが玉ねぎは効果的


具材は2種類の玉ねぎ、鶏・豚そぼろ、ねぎとなっています!

「伊吹」のカップ麺は基本的に具材には力は入れてないのですよね!
これは店主さんの「スープにコストを」という意思の反映でもあります!

ねぎはごく普通のもので、そぼろもスカスカとした味のないものです;
このそぼろだったら無理に入れなくてもいいようにも思うのですが;

そんな中でいい活躍をしてくれているのが2種類の玉ねぎですね!(*゚◇゚)

細長い玉ねぎはシャキシャキとしていて少しフレッシュ感があり、
もう1つの玉ねぎはその自然な甘さをアピールしてくる感じです!

この2つのコントラストがなかなかいい仕事をしてくれています!

ただちょっと昨年に比べると具材の量が減った感じはしますね!

◎まとめ - 煮干ラーメンが好きなら間違いなくオススメ


やはりとにかくスープの出来がいいというところに尽きますね!

濃厚でありながら煮干のクセがなく、その旨味だけが堪能できる、
これだけの煮干スープがカップ麺で味わえるのは価値ありですね!

ほぼ毎年のようにこの商品が発売される理由もわかりますね!
それだけ固定ファンをしっかりとつかんでいるのでしょう!

カップ麺における煮干ラーメンの最高峰と言っていい一杯でした!(゚x/)モギニニュ

【関連記事】
一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 濃厚煮干し中華ソバ
一度は食べたい名店の味PREMIUM 狼煙 魚粉盛り濃厚豚骨魚介ラーメン
一度は食べたい名店の味 八雲監修の一杯 ワンタン麺 白醤油味
一度は食べたい名店の味 ストライク軒 シンカー 蛤だし鶏白湯ラーメン
一度は食べたい名店の味 ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん
一度は食べたい名店の味 つじ田 成都式汁なし担々麺
一度は食べたい名店の味 麺処 花田 濃厚辛味噌ラーメン
一度は食べたい名店の味PREMIUM 四つ葉 地鶏だし醤油ラーメン
一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 煮干しまぜソバ
一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚塩ラーメン
一度は食べたい名店の味 狼煙 魚粉盛り濃厚豚骨魚介ラーメン
一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん(2018年)
一度は食べたい名店の味PREMIUM ぜんや ホタテだし塩ラーメン
一度は食べたい名店の味 ぜんや ホタテだし塩ラーメン
一度は食べたい名店の味 四つ葉 蛤ダシ中華そば
一度は食べたい名店の味 麺屋Hulu-lu監修の一杯 柚子塩SOBA
一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 ニボニボ中華ソバ
一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚中華そば
一度は食べたい名店の味PREMIUM ど・みそ 特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 つじ田 ごま香る正宗担々麺
一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 狼煙 行列必至の豚骨魚介ラーメン
一度は食べたい名店の味PREMIUM ぜんや 行列必至の塩ラーメン
一度は食べたい名店の味 四つ葉監修の一杯 行列必至の中華そば
一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン(2017年)
一度は食べたい名店の味 麺屋Hulu-lu監修の一杯 行列必至の中華SOBA
一度は食べたい名店の味 麺巧 潮 にほんいち醤油そば
一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 行列必至の中華ソバ
一度は食べたい名店の味 つじ田 奥の院 行列必至の煮干し醤油らーめん
一度は食べたい名店の味 麺処 花田 行列必至の味噌ラーメン
一度は食べたい名店の味 ど・みそ 行列必至の特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 つじ田 味噌の章 行列必至の味噌らーめん
一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.