3/22発売 ペヤング なんちゃって蕎麦風

3/22発売のまるか食品「ペヤング なんちゃって蕎麦風」を食べました!
蕎麦粉を使わずに和そばっぽい麺を再現した商品となります!

3/22発売 ペヤング なんちゃって蕎麦風

いかにもペヤングらしい怪しげな雰囲気の商品となってますね!

過去にペヤングは「和風焼き蕎麦」などの蕎麦粉を使った商品を出してますが、
今回はその流れのようでありながら、そば粉不使用がポイントとなっています!

「そばアレルギーでも食べられる」というのがウリでもあるようですが、
それを意図して作ったというよりは、キワモノ商品狙いなのでしょうね!(*゚ー゚)

まぁ、ペヤングの和風系焼そばは味のバランスは大抵いいので、
この商品も味に関しては間違いないものがあるでしょう!

問題はこの「そば粉不使用の蕎麦風の麺」だと言えるでしょう!

果たして蕎麦らしさはあるのか、単に見た目が蕎麦っぽいだけなのか、
そのあたりがこの商品の最大の注目ポイントになるような気がします!

3/22発売 ペヤング なんちゃって蕎麦風(内容物)

◎内容物 - 具材はあとのせで対応


内容物は液体ソースとあとのせかやくとなっています!
この構成は過去の和風系ペヤングと特に変わらないですね!

3/22発売 ペヤング なんちゃって蕎麦風(できあがり)

田舎そばを連想させるような、色の濃い蕎麦となっていますね!

◎ソース - ペヤングらしい甘めのまったりした和風だれ


まずはソースですが・・・うん、いかにもペヤングの和風系のたれですね!(●・ω・)

ペヤングの和風系のたれにはおおむねいくつかの基本があって、
めんつゆ的な風味をベースにしているのは共通していますが、
やや甘みが強く、とろみを少し強めにつけているのが特徴です!

今回のたれについてもおおむねその路線を踏襲していましたね!

ペヤングの和風系は他社と比べても徹底して和風らしい味で、
油脂はほぼ使わず、ほんとめんつゆ的な味わいそのものなのですよね!

他社の和風系の焼そばは大抵の場合は油脂がやや多めになって、
焼そば向けにアレンジされていることが多いのですが、
ペヤングは和風麺をそのまま汁なしに落とし込む感じが強いです!

その素直さこそが、ペヤングの和風系のおいしさを支えています!(*゚◇゚)

ペヤングの和風系というと、「和風焼き蕎麦」が最も有名ですが、
その後も「たぬきやきそば」や「きつねやきそば」といった商品で、
麺は中華麺ではあるものの、そうした味わいは再現されています!

なので、そのあたりの味が好きだった人にはオススメできますね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料はしょうゆ、糖類、かつお節エキス、食塩です!

これまでのペヤングの和風系商品以上にシンプルな構成ですね!

以前のペヤングの和風系は昆布系の風味も加わることが多かったですが、
今回はそれが外されてかつおだしのみになっているのが特徴ですね!

とはいえ、体感的にそこまで違いを感じるものではなかったですが!

ただ初代の「和風焼き蕎麦」のときは昆布は入ってなかったので、
あえてそこに忠実に再現しようとしてきたのかもしれませんね!

◎麺 - 見た目の効果は意外と大きい


麺はそば風に着色された油揚げ麺となっています!

原材料表記がいつものペヤングの麺と同じであることから、
基本は同じで、いくつかの色素でそば風の色にしたのでしょう!

原材料を見るとクチナシ青色素、カキ色素などが入っているので、
このあたりを利用してそばのような色合いにしているのでしょう!

またかんすいが入っているので、これは完全に中華麺ですね!

ただペヤングは過去にそば粉入りの麺を使っていたときも、
かんすいを入れていたので、そこは以前と変わりませんね!

このあたりを見るに、おそらく風味はいつもと同じなのですが、
不思議と色が変わると「なんかそばっぽい」と思えるのですよね!(=゚ω゚)

やっぱり食べ物って見た目が大事なんだなと思わされますね!

たれをかける前に麺だけを食べると普通の中華麺ぽく感じましたが、
たれを絡めて食べると、これが意外とそば風に感じられましたからね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは527kcalとなっています!
脂質は28.3gで、これはほぼ麺と揚げ玉の脂質でしょうね!

◎具材 - 揚げ玉は控えめで、ねぎが多め


具材はあとのせの揚げ玉とねぎという組み合わせです!

この組み合わせはかつての「和風焼き蕎麦」と同じですね!

ただ「和風焼き蕎麦」のときは揚げ玉が主体だったのに対し、
今回は揚げ玉は控えめで、ねぎのほうが多くなっていますね!(`・ω・´)

でもどちらの具材も今回のたれとは非常に相性はいいです!

◎まとめ - これはこれで十分に楽しい


「できればまずは『和風焼き蕎麦』を復活してほしい」と思うのですが、
これはこれでよくできていた商品であったことは間違いないですね!

色を変えるだけで面白い具合に味覚もちょっと錯覚するのですね!

食べる前は「ただの中華麺じゃないか」と感じると思ったのに、
「あれ、不思議とそばっぽいぞ」と上手くだまされましたからね!

だまされたつもりで食べてみると、けっこう面白いかもです!(゚x/)モキーシュ

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.