4/19発売 カップヌードル 謎肉牛丼(2021年)

4/19発売の日清「カップヌードル 謎肉牛丼」を食べました!
昨年登場した「謎肉牛丼」が今年もまた発売されました!

4/19発売 カップヌードル 謎肉牛丼(2021年)

「謎肉牛丼」が今年も発売されたのはちょっと意外でしたね!
というか、前回が昨年12月なので、ほんの4ヶ月ぶりですね!

そう考えると、今回は無理に購入しなくてもよかったのかもですが;

この「謎肉牛丼」はもちろん「謎肉丼」からの派生商品ですが、
普通の牛丼の味に近く、定番化はしないと思っていたのですよね!

でもこうして再発売されたということは人気はあったのでしょうね!(=゚ω゚)

味がどんなふうに変わったのかというのも注目ではありますね!

4/19発売 カップヌードル 謎肉牛丼(2021年)(内容物)

◎内容物 - 「牛丼のつゆ」つき


内容物はフタに貼り付けられた牛丼のつゆとなっています!
このつゆがついているのは、前回バージョンと同じですね!

4/19発売 カップヌードル 謎肉牛丼(2021年)(できあがり)

たっぷり入った謎肉だけでなく、飴色玉ねぎも目立っていますね!

◎スープ - 玉ねぎの甘さが強い牛丼風味


まずはスープですが・・・基本的には牛丼らしい味わいですね!(●・ω・)

この商品は「謎肉丼」からの派生商品という位置付けではありますが、
味の方向性という点では「謎肉丼」とは全く違ったタイプですね!

「謎肉丼」は完全にカップヌードルの流れを汲んだ味わいですが、
こちらは吉野家などの牛丼に近いタイプの味わいとなっています!

また従来の日清のすき焼きなどの牛系スープとも方向性は異なります!

日清の牛系は強い甘さと濃いめの醤油、パンチのある牛脂が特徴ですが、
この商品はどの要素を見てもそれと比べて穏当な味わいとなっています!

あくまでオーソドックスな「牛丼のつゆ」の流れにある味なのですよね!

そんな中で大きな特徴となっているのが、飴色玉ねぎ系の甘さですね!(`・ω・´)

この玉ねぎの甘さはこの商品のはっきりとした個性を打ち出しています!
これは具材の玉ねぎだけでなく、スープにもそうした味わいが強くあります!

そして後入れのつゆによって、一定の牛脂の風味も効いていますね!

やはり油脂の風味は液体スープのほうがはっきりと打ち出せるので、
その部分をこの後入れの牛丼のつゆで再現しているのでしょうね!

味の方向性という点では、昨年とほとんど違いはありませんね!
玉ねぎの甘さが特徴となっている点も共通していましたし!

◎スープの原材料


スープの原材料は砂糖、牛脂、豚脂、粉末しょうゆ、でん粉、
しょうゆ、小麦粉、麦芽糖、食塩、酵母エキス、たまねぎ、
香味調味料、香辛料、発酵調味料、香味油となっています!

昨年と構成はかなり近いですが、順序は微妙に変わっていますね!

◎ご飯 - 食べやすい食感に仕上がるご飯


ご飯はこれまで通りの湯戻し5分の熱湯調理のものです!

この日清のご飯シリーズのお米って不思議なところがあって、
この商品のようにお湯が少ない商品のほうが戻りがいいのですよね!

こうした傾向はレンジ調理時代の商品からなぜか見られましたね!

単に自分の錯覚というところもあったりするのかもしれませんが!

商品によっては8分ぐらいでちょうどいいケースもありますが、
この商品に関しては普通に5分+ちょっとぐらいでいい感じで、
ご飯が硬いこともなく、ほどよい質感で食べることができました!(*゚ー゚)

熱湯調理になってから、少ないお湯での調理は難しいと思われがちですが、
この商品や「謎肉丼」を見る限り、決してそんなことはないのですよね!

それゆえこれぐらいのお湯の量の商品をもっと出してほしいですね!
雑炊みたいなシャバシャバ系の商品は多少食傷気味でもありますし!

◎ご飯の量と栄養成分


ご飯の量は86gで、カロリーは472kcalとなっています!
脂質は11.5gで、ご飯系としてはそこそこの量ですかね!

この「謎肉丼」系統の商品はご飯の量がかなり多めですね!
それゆえにご飯だけでもけっこう食べごたえがありますね!

◎具材 - たっぷりの牛謎肉がポイント


具材は牛謎肉、玉ねぎ、ねぎという組み合わせです!

ねぎに関してはごく普通の薬味としての乾燥ねぎですね!

そして意外と大きな活躍をしているのが飴色玉ねぎですね!
原材料表示では「オニオン加工品」と書かれています!

色が濃いですが、これは強いたれの味がついてるのではなくて、
しっかりと炒めたような甘みのある味わいと言ったほうが近いです!

玉ねぎの持っている甘みを凝縮したようなやわらかいものですね!

そして全体の主役となっているのが牛肉を使った牛謎肉です!(*゚◇゚)

牛肉が入っているからといっても、そこまで牛の風味はないですが、
それでも普段の謎肉とはいろいろと違いを感じることはできますね!

まずサイズがやや大きく、また普段よりもいくぶん戻りやすいですね!
また謎肉特有のジャンク感がやや控えめで、肉の風味がより強いです!

なので、「謎肉よりも肉らしさをより楽しめる」のが特徴と言えますね!

牛謎肉であることで「謎肉丼」よりは謎肉の全体量は少ないですが、
普通の「謎肉丼」とは全くの別商品と考えればこれもアリですね!

◎まとめ - 昨年とほぼ同じだが、より楽しめたかも


味に関しては昨年とほぼ同じなので、昨年のバージョンが好きな人なら、
もちろん今回も迷うことなく購入するのをオススメできる感じですね!

自分としては前回は普通の「謎肉丼」と比較してしまうあまりに、
この「普通の牛丼風味」に上手くなじめないところもありましたが、
今回は事前に味がほぼわかっていたので素直に楽しめましたね!

「謎肉丼とは完全に別」と割り切れば、これはこれで優秀です!

シンプルに「謎肉を使った牛丼」というふうにとらえましょう!(゚x/)モキーシュ

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー
日清のごはんシリーズ 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.