1/25発売 博多華味鳥監修 博多極上鶏白湯ソバ

1/25発売のサンポー「博多華味鳥監修 博多極上鶏白湯ソバ」を食べました!
博多の鶏の水炊きの有名店である「博多華味鳥」の監修商品です!

1/25発売 博多華味鳥監修 博多極上鶏白湯ソバ

この商品は最近になって近くのドンキで見かけるようになったのですが、
食べたことがあったようななかったような記憶が曖昧になっていたので、
買うべきかどうか迷いながら、とりあえず手に取って買ったのですよね!

調べてみたところ、今年の発売ですし紹介した形跡はなかったので、
食べた気になっていただけで実際には食べてなかったのでしょう!

他の人のブログを読んで食べた気になってしまうことがありますしね!(=゚ω゚)

「博多華味鳥」は過去にマルタイからもカップ麺化されたことがありますね!
どちらも九州の有名メーカーであるというところが面白いですね!

やはり九州のお店だけに、九州のメーカーとの繋がりがあるのですね!

1/25発売 博多華味鳥監修 博多極上鶏白湯ソバ(内容物)

◎内容物 - 柚子胡椒とマー油のダブル変化球


内容物はかやく、粉末スープ、調味油、柚子胡椒となっています!
先入れはかやくのみで、あとは粉末スープも含めて後入れ仕様です!

1/25発売 博多華味鳥監修 博多極上鶏白湯ソバ(できあがり)

・・・と言いながら、自分は見映えの関係でかやくも後入れしていますが!
柚子胡椒に関しては味変として使うため、この段階では入れていません!

◎スープ - 柚子胡椒の有無で全く別のスープに変わる


まずは柚子胡椒なしのスープですが・・・豚骨スープ的な味わいですね!(●・ω・)

これはたぶんサンポーの麺だからというイメージが強いのでしょうね!

スープの原材料に豚系は全くなく、完全に鶏主体ではあるのですが、
食べてみると不思議と豚骨寄りのような雰囲気がするのですよね!

ベースのスープはそこそこ濃厚さのあるまろやか系鶏白湯ですね!

このあたりがクセのないクリーミー系豚骨と通じる面もあって、
そこにサンポーのおなじみの麺が重なることで豚骨っぽく感じる、
そうした不思議な現象を作り出しているところがあったりしますね!

そしてそれ以上に豚骨っぽさを増幅しているのがマー油の存在です!

マー油というと豚骨ラーメンと合わせるという印象が強いですが、
最近のカップ麺を見てると鶏白湯との組み合わせも多いですね!

鶏白湯+マー油というのも定番の一つと言えるのかもですね!

ただこのラーメンの場合、サンポーが作っていることもあって、
細めのサンポー麺+マー油で一気に豚骨ラーメンぽくなります!

しかもマー油の量が多いので、なおさらそうした雰囲気になります!

そこでもう一つの主役の柚子胡椒を加えると、一気に変わりますね!(`・ω・´)

それまではまるで豚骨ラーメンのようなマー油鶏白湯だったのに、
今度は一気に「さわやかさのある鶏白湯ラーメン」へと化けます!

そしてスープの印象も豚骨ぽさは消えて、鶏白湯らしさが強まります!

もはやスープの印象が180度丸ごと変わってしまうぐらいですね!
柚子胡椒の量も多いので、一気にさわやかになるのですよね!

味の雰囲気がガラッと変わるので、柚子胡椒は最初に投入せず、
半分ぐらい食べてから味を変化させる目的で入れるのがいいですね!

そうすると一つのラーメンで2つの味わいを楽しめる感じになります!

「水炊き風鶏スープラーメン」という視点から見てみるならば、
この柚子胡椒を入れた後の味わいのほうがピタッと合いますね!

前半は水炊き風と呼ぶにはちょっとクリーミー感が強かったですが、
柚子胡椒を入れるとさわやかさによって雰囲気が変わりますからね!

◎スープの原材料


スープの原材料はチキンエキス、しょうゆ、植物油脂、チキンオイル、粉末油脂、食塩、
柚子胡椒、香辛料、クリーミングパウダー、ガーリックオイル、酵母エキスです!

こうして見ると、スープの組み立ては素直に鶏系なのですよね!
クリーミングパウダーのまろやかさが一つの特徴になってますね!

◎麺 - こちらはいつものサンポーらしい麺


麺はいつものサンポーらしさのある中細の油揚げ麺です!

こちらの麺は鶏白湯向けにアレンジしているとかはないですね!

おなじみのラードが練り込まれている中細麺となっていて、
このラードの香ばしさが豚骨ぽさを演出するのですよね!

でもって、サンポーの麺ってこのラードの風味もあって何気に個性が強く、
それによって「なんだかいつもの雰囲気」と感じさせたりするのですよね!(*゚ー゚)

そう考えると、麺の存在感ってやっぱり大事だなと思わされますね!

この麺だけを食べると、明らかに鶏白湯というより豚骨ですからね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は85gで、カロリーは566kcalとなっています!
脂質は30.5gで、これはちょっと驚くような高さですね!

食べたときの感触はそんなにギトギトはしていなかったので、
これほどの脂質の量だとは正直なところ思わなかったですね!

◎具材 - 玉ねぎがやや個性的かも


具材は鶏そぼろ、玉ねぎ、ねぎという組み合わせになっています!

この具材が鶏白湯ラーメンらしい要素の一つと言えるでしょうね!(*゚◇゚)

まず玉ねぎは鶏白湯ラーメンの薬味として欠かせないものですしね!

ただこの具材の中では、薬味として活躍しているのは主にねぎで、
玉ねぎはやや甘めで、しっとりとした味わいを与えてくれています!

もともとカップ麺の具材として玉ねぎはそこまで辛くならないですし、
薬味とはちょっと違ったアプローチで使ったほうが効果的ですからね!

そして肉系の具材としては鶏そぼろが入りますが、味は少々薄いですね!

一応は鶏肉ではあるけど、ちょっと胸肉ミンチのようなパサッとした風味で、
それほど強い鶏の風味をアピールするタイプの鶏そぼろにはなってないです!

とはいえ、それでも一応の鶏らしさを表現する具材にはなっていますが!

◎まとめ - 一杯で2つの表情が楽しめる


最大の特徴は柚子胡椒を入れる前後での味の大きな変化でしょう!

柚子胡椒なしだと、豚骨ラーメンを連想させるような雰囲気ながら、
柚子胡椒を入れると、一気に上品な鶏白湯ラーメンになりますからね!

こってり系からさわやか系に変わる、この変化が見どころでしたね!

柚子胡椒の効果の大きさをよく伝えてくれるラーメンでございました!(゚x/)モキール
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.