4/12発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 名探偵コナン ひつまぶし味

4/12発売の明星「一平ちゃん 夜店の焼そば 名探偵コナン ひつまぶし味」を食べました!
「名探偵コナン 緋色の弾丸」という映画とのコラボ商品となります!

4/12発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 名探偵コナン ひつまぶし味

「名探偵コナンとひつまぶしに何の関係が?」と思えてしまいますが、
これは今回の「名探偵コナン」の舞台が名古屋だからだそうですね!

だからといって、よりによって「ひつまぶし」でなくてもいいと思いますが;
名古屋めしの中でもとりわけ焼そばにしにくいテーマという気もしますしね!

ただ過去に一平ちゃんは「蒲焼のたれ味」を2年連続で出してるのですよね!(*゚◇゚)

当時は「なぜこんな怪しい味の商品が2年連続で?」と思いもしましたが!

4/12発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 名探偵コナン ひつまぶし味(内容物)

◎内容物 - いつもの3袋構成


内容物は液体ソース、ふりかけ、特製マヨとなっています!
この3袋構成は「一平ちゃん」としては定番ではありますね!

4/12発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 名探偵コナン ひつまぶし味(できあがり)

うん、まぁ意図しているところは何となくわかりはしますね!

◎ソース - 「ひつまぶし」と思い込めなくはないけど


まずはソースですが・・・まぁ、一言で言えば「うなぎのタレ」ですね!(●・ω・)

このあたりは「蒲焼のたれ味」の流れを汲んでいると言えるでしょう!

・・・というか、原材料を見るとほぼ使い回しになっていますね;

ソースの原材料の並びが当時の「蒲焼のたれ味」とほぼ同じです;
要するに「蒲焼のたれ味」をモデルにこの商品を作ったのでしょう!

なるほどそれで今回「ひつまぶし味」を選んだ理由がわかりましたね!
ソースをほぼ過去商品が流用して開発費が抑えられるからだったのでしょう!

ただ当時とはふりかけなどが変わっているので雰囲気は多少違っています!

「うなぎのかば焼き」らしさでいうなら、当時のほうが少々上でしたね!
とはいえ、それは当時のふりかけに入っていた山椒の効果ではありますが!

今回は薬味が大きく変わっているので、そのあたりが少々異なります!

そしてそこにいろいろな薬味の風味を加えるのがふりかけですね!(=゚ω゚)

薬味の内容はごま、海苔、ねぎ、粉わさび調味料、香味調味料です!

海苔、ねぎ、わさびあたりはいかにも「ひつまぶし」らしいですね!
ただ肝心のわさびの風味がほとんど感じられないのはやや残念です!

ここがもう少し強ければ雰囲気がもっと出たように思うのですよね!

一方で海苔、ごま、ねぎの3つについてはなかなか主張してますね!

うなぎっぽさが弱いので「ひつまぶし」感はそこまでないですが、
何とか「ひつまぶし」の構成要素を表現しているのは伝わります!

そしてここに仕上げのだし感を加えるのがマヨの役割となります!(`・ω・´)

・・・が、さすがにこれは無理があると言わざるをえないですね;

「ひつまぶし」と言えば、最後のだし茶漬けは欠かせない存在なので、
それを表現したのでしょうけど、「マヨがだし役」は無理がありますね;

ただ、だしの風味はたしかに感じ取ることはできるのですけどもね!

とはいえ、「ひつまぶし」の最後の「だしでさっぱり」とは全く異なり、
やはり「一平ちゃん」らしく、「マヨでまったり」感が出ていますね!

なので、「ひつまぶし」という観点から見ると無理はあるのですが、
それでも一つの焼そばとしては成立していると言っていいですかね!

◎ソースの原材料


ソースとマヨの原材料は半固体状ドレッシング、糖類、しょうゆ、植物油脂、食塩、
みりん、うなぎエキス、醸造酢、たん白加水分解物、ポークエキス、香辛料です!

ほぼ「蒲焼のたれ味」の使い回しと見て差し支えないですね!

◎麺 - いつもの限定系「一平ちゃん」の麺


麺はいつもの限定系「一平ちゃん」で使われる細めの油揚げ麺です!

植物油脂で控えめな下味に仕上げた非常にシンプルな麺ですね!
数あるカップ焼そばの麺の中でも最もシンプルと言えるでしょう!

それゆえに麺そのものの風味が強く主張したりはしないです!
「ペヤング」などと比べても、かなり穏やかではありますね!

それでいて、ほんのりとしたプリ感がいい効果を見せてくれます!(*゚ー゚)

いずれにしても汎用性の高い麺であることは間違いないでしょう!

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは524kcalとなっています!
脂質は24.8gで、まぁ標準的と言っていいレベルですかね!

◎具材 - 薬味のみ


具材はふりかけに含まれている薬味のみで、キャベツも入りません!
薬味は先にも触れたようにごま、のり、ねぎ、粉わさび調味料、香味調味料です!

具材らしい具材はないですが、「ひつまぶし」の再現なわけですし、
これは薬味だけで表現したのは正解だったと言っていいでしょう!

薬味を減らしてキャベツが入ったりするよりはいいでしょうしね!

◎まとめ - 単純に一つの焼そばとしては悪くない


「ひつまぶし」の再現度を真面目に考えるとさすがに難はありますが、
「単純においしいか」を問うなら、悪くはないと言っていいでしょう!

過去に2階発売された「蒲焼のたれ味」を下敷きにしてることもあり、
大きな失敗が起きないことは約束されていたと言えるでしょうからね!

ひさしぶりに登場した「一平ちゃん」のうなぎ系焼そばでした!(゚x/)モニュン

【関連記事】
一平ちゃん 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.