5/17発売 ペヤング 獄激辛担々やきそば

5/17発売のまるか食品「ペヤング 獄激辛担々やきそば」を食べました!
あの「ペヤング 獄激辛」シリーズから3つ目の味が登場しました!

5/17発売 ペヤング 獄激辛担々やきそば

いやぁ、ペヤングが「獄激辛」シリーズの展開の手を緩めないですね!

「獄激辛」の前の「END」はそこまで味のバリエーションを出しませんでしたが、
この「獄激辛」はいろんなバージョンの味を登場させてきますよね!(*゚◇゚)

ただ一方で「獄激辛」シリーズは難しい課題も抱えていて、
唐辛子の風味が強すぎるせいで他の味を重ねたとしても、
それが唐辛子によってかき消されてしまうのですよね!

前作の「獄激辛カレー」はその影響がモロに出てしまいましたからね!

「獄激辛カレー」は正直なところカレーの味があまり感じられず、
「油脂感とガーリックが強めの獄激辛」でしかなかったですからね!

今回はそうした罠に陥ってしまっていないかが最大の注目点ですね!
「ほとんど同じ味じゃないか!」となったら面白くないですからね!

5/17発売 ペヤング 獄激辛担々やきそば(内容物)

◎内容物 - かやくが他の「獄激辛」とは違う


内容物はかやくと液体ソースとなっています!
かやくがちょっと担担麺風の内容になっていますね!

5/17発売 ペヤング 獄激辛担々やきそば(できあがり)

うん、見た目は普通に汁なし担担麺ぽい仕上がりになっていますね!

◎ソース - 練りごまも強く、激辛と担担麺が融合


まずはソースですが・・・お、今回は担担麺の個性も感じますね!(●・ω・)

今回は「獄激辛カレー」の反省を生かしてきたというか、
「獄激辛」の唐辛子風味で全てが塗り潰されないように、
もう一つの主役である担担麺風味も強く打ち出してますね!

とりわけ今回は練りごまをかなりたっぷりと使っていますね!

なので、ソースの粘度も高く、汁なし担担麺らしさが出てます!

もし強烈な辛さがなければ、かなり正統派の汁なし担担麺でしょうね!
「獄激辛」だからといって、担担麺として手を抜いていないですね!

練りごまを中心に味噌と醤油によってまとめあげた味となってます!
またそこに動物油脂などによって強めのコクも与えてますね!

なので、「獄激辛」シリーズとしては最もまったりしています!

一方で汁なし担担麺において欠かせない花椒はあまり強くないです!
これは「獄激辛」の特徴の辛さの性質を変えないためでしょうかね!

「獄激辛」らしく、唐辛子によってストレートに辛さを立てる、
その方針を守るために花椒はあまり効かせなかったのでしょうね!

そしてトータルの体感的な辛さはこれまでよりはいくぶん控えめです!(=゚ω゚)

ただし今回のほうが辛さ要素が弱まったというわけではないようです!
辛さの強さは同じだけど、体感的には少し丸まって感じるのですね!

今回は練りごまというまろやかな要素をかなり強く立てているので、
それによって辛さがいくぶん丸まっているというのがあるのでしょう!

そのため、これまでの「獄激辛」の中では最も食べやすかったですね!

それでもけっこう苦戦はしましたが、途中の休憩も短めで済みましたし、
おおむね今回はストレートに最後まで食べ切ることができましたね!

なので、「獄激辛」としては最も挑戦しやすいとは言えるのですが、
それでも極めて強烈な辛さなので、かなりの覚悟は必要となります!

◎ソースの原材料


ソースの原材料はごま、糖類、食塩、みそ、動物油脂、しょうゆ、
ポークエキス、香辛料、香味油という組み合わせになっています!

これだけの激辛なのに、香辛料は後ろから2番目なのですよね!
そのかわり添加物の欄に香辛料抽出物が記載されていますね!

なので、今回は抽出系の辛み成分も利用しているのでしょうね!
それが唐辛子風味ばかりが強くならなかった背景なのかもですね!

◎麺 - いつものペヤングの麺


麺はいつものペヤングシリーズの油揚げ麺となっています!

ラードの風味のする、香ばしいスナック的な油揚げ麺ですね!
今回の担担麺風味とはけっこういい相性を見せていましたね!

「獄激辛カレー」のときと比べても、ソースとの相性はいいですね!(*゚ー゚)

また麺の風味もいくぶん激辛を丸めている印象がありました!

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは579kcalとなっています!
脂質は35.0gで、かなり高めの数字となっていますね!

やはり担担麺系統となると、練りごまで数字が高くなりますね!

◎具材 - それなりに担担麺らしい


具材は豚・鶏ひき肉、ニラという組み合わせです!

ひき肉具材は明らかに担担麺を意識したチョイスですね!
これによって担担麺らしい雰囲気はたしかに出ていました!

ただ激辛過ぎて、具材を楽しんでいる余裕はなかったですが!
ひき肉までソースが絡んで激辛になってしまってますしね!(`・ω・´)

そしてもう一つのニラは全体に香味のアクセントを加えてました!
ちょっとニラが口に入ると味わいにワイルドさが出る感じですね!

ニラが入るのは、担担麺としてはちょっと珍しい感じでしたね!
一般的にはチンゲン菜が起用されることのほうが多いですしね!

◎まとめ - きちんと担担麺と激辛が両立


「獄激辛カレー」ではカレーの要素がかき消されていましたが、
今回は練りごまがガンガン主張して担担麺らしさもありましたね!

きちんと今回の商品としての個性が見られたのは良かったです!
それによってちょっとだけですが食べやすくもなりましたね!

それでも超激辛であることは変わりないので覚悟して食べましょう!(゚x/)モギリーン

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.