5/24発売 ペヤング ねぎ塩マヨやきそば

5/24発売のまるか食品「ペヤング ねぎ塩マヨやきそば」を食べました!
ペヤングから「ねぎ」を主役に据えた新商品が登場しました!

5/24発売 ペヤング ねぎ塩マヨやきそば

ペヤングから「ねぎ」系の新商品が2つ同時に発売されました!
「ねぎ塩マヨ」と「ねぎラー油」の2種類が登場しています!

両方購入できたので、まずは「ねぎ塩マヨ」から紹介していきます!(`・ω・´)

「ねぎ塩」はねぎ系としては定番中の定番と言えますが、
そこにマヨネーズが加わるというのは新しいですね!

なので、今回の最大の注目点は両者の相性にあるでしょうね!
「ねぎ塩」とマヨがどう噛み合うかがポイントになりますね!

5/24発売 ペヤング ねぎ塩マヨやきそば(内容物)

◎内容物 - 後入れかやくの大量のねぎが特徴


内容物は液体ソース、後入れかやく(ねぎ)、マヨネーズです!

ねぎが先入れなのか後入れなのかが気になってましたが、
ねぎの袋に「後入れかやく」というふうに書かれていますね!

もちろん先入れにしても食べられないことはないでしょうけども!

5/24発売 ペヤング ねぎ塩マヨやきそば(できあがり)

これはかなり思い切った量のねぎになっていますね!
この思い切りの良さはさすがペヤングといったところです!

◎ソース - オーソドックスなねぎ塩ソース+マヨ


まずはベースのソースですが・・・オーソドックスなねぎ塩味ですね!(●・ω・)

ねぎとガーリックの香味に胡椒が強めに効いた塩ダレですね!
「ねぎ塩系焼そば」のお手本のようなソースと言えます!

なので、マヨネーズがなくても味としては成立してますね!
というか、マヨがないほうが味の特徴ははっきりしてますね!

ソースで明確にねぎを主役とした塩ダレの風味をはっきりとさせ、
そこに大量のねぎを投入、もう完全に一つの味として成立してます!

また実際には玉ねぎも香味を加えるうえで大きく貢献してます!
このあたりもいかにも香味系塩焼そばらしいと思わせる構成ですね!

油脂感もほどほどにあり、全体的にワイルドな味わいとなってます!

さらにここに下支え的に動物系の風味が加わるといった感じです!
ただ動物油脂の重さはないので、その点は食べやすいと言えますね!

そしてマヨネーズを加えると、バランスはいいけど味は濁りますね!(=゚ω゚)

一つの味としてだけ見ると、きちんとバランスは取れていますし、
一つの焼そばとして楽しめる範囲でしっかり成立してはいますね!

ただソースとマヨの相性がいいかというと多少迷いはしますし、
味の引き立ち方という点で見ると、マヨなしのほうが明確です!

なので、今回のソースを見たときにマヨが確実にプラスと言えるか、
というと少なからず首を傾げてしまうところはなくはないのですよね!

ベースの塩ダレの持っている香味もマヨが多少マスクしますし、
「これはこれで一つの味」だけど、個性はいくぶん弱ってしまう、
そのあたりに難しさを感じさせられてしまうところはありますね!

なので、塩ダレに関してはあくまで下支えであると割り切って、
「ねぎ香味系のマヨネーズ焼そば」と考えるのがいいかもです!

ベースのソースの個性がはっきりしているので解釈に迷いますが、
トータルの味として見るなら、こう考えるのが一番近いでしょう!

ただ正直なところマヨなしで食べてもいい味ではありますけども!

◎ソースの原材料


ソースの原材料はマヨネーズ、植物油脂、糖類、たん白加水分解物、食塩、
しょうゆ、香辛料、ポークエキス、チキンエキス、玉ねぎエキスです!

◎麺 - いつものペヤングの麺


麺はいつものペヤングの麺と全く同じものとなっています!

というか、ペヤングは違う麺を使うことは基本的にないですしね!
ときどき麺が少し細く感じたり、太く感じたりすることはありますが!

ただそれもどうも意図的にそうしているわけではないようですし!(*゚ー゚)

いつもどおりのラードの風味のするスナック的な香ばしい麺です!
もちろんソースとの相性という点でも全く問題はないですね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは624kcalとなっています!
脂質は40.9gで、かなり高い数字になっていますね!

これはマヨネーズが多く入っているためでしょうね!

◎具材 - 後入れねぎのみ


具材は大量の後入れねぎのみというシンプルな構成です!

まずこれだけ大量なので、ねぎの主張は非常に強いですね!
ねぎ塩系の焼そばにここまでねぎが入ると圧巻の攻撃力です!(*゚◇゚)

ここで多少好みが分かれるのは、このねぎが後入れな点ですね!

見ての通り、後入れねぎにしてはねぎのサイズがかなり大きく、
そのため食感もけっこうごわごわとした力強いものなのですね!

自分はペヤングのごわごわ系後入れねぎは気にならないので、
別にこの食感でもそんなにネガティブな印象は持たないのですが、
「ごわごわしすぎだろう」と思う人も多そうな気がしますね!

その場合はあえて指示通りにせず先入れにしてもいいでしょう!
先入れにしても十分楽しめるぐらいのねぎの量はありますしね!

◎まとめ - マヨとの相性がいいとは言えないが・・・


塩ダレとマヨの相性という点では迷うところもありはしますが、
一つの焼そばとしてはそれなりに良くできているのはたしかです!

それに何と言ってもねぎをたっぷり楽しめるのは大きな強みです!
これだけねぎに特化した焼そばもなかなかないですからね!

本来ならもうちょっと小ぶりなねぎのほうがいいとは思いますが!

ねぎとマヨをたっぷりと楽しむことができる塩焼そばでした!(゚x/)モギーン

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.