5/24発売 ペヤング ねぎラー油やきそば

5/24発売のまるか食品「ペヤング ねぎラー油やきそば」を食べました!
今回発売されたねぎ系焼そば2商品のうちの1つにあたります!

5/24発売 ペヤング ねぎラー油やきそば

もう1つの商品である「ねぎ塩マヨやきそば」はすでに紹介していますね!

「ねぎ塩マヨ」はオーソドックスなねぎ塩ガーリックソースに、
ねぎを大量に加え、マヨでアクセントをつけるという商品でした!

ちょっとマヨが蛇足的かなと思うところもなくはなかったですが!

今回は「ねぎラー油味」で、マヨのような飛び道具はありません!(*゚ー゚)

ただ「ラー油」系のペヤングというと思い出す商品があるのですよね!
今年1月に「ペヤング こってりラー油ガーリックやきそば」が出ています!

この商品との違いをどのように打ち出しているかがポイントですね!

5/24発売 ペヤング ねぎラー油やきそば(内容物)

◎内容物 - 大量の後入れねぎが加わるのは同じ


内容物は後入れかやく(ねぎ)と液体ソースとなっています!
液体ソースはラー油の割合がものすごく高いのが見てもわかります!

5/24発売 ペヤング ねぎラー油やきそば(できあがり)

大量のねぎで仕上げる点は「ねぎ塩マヨ」のときと変わりませんね!

◎ソース - 味は以前の「こってりラー油ガーリック」とほぼ同じ


まずはソースですが・・・これ、たぶんほぼ使い回しっぽいですね!(●・ω・)

両者のソースの原材料を比較すると、並びまで含めて全く同じですね!
これはもうソースをほぼそのまま使いまわしたと見てよさそうです!

ただ微妙に再調整を加えているということは考えられますが!
でもいずれにしても味はほとんど同じと言い切っていいですね!

ベースは豚骨醤油系で、そこにそこそこのガーリックを効かせて、
さらに大量のラー油で風味を加え、豚脂でよりコクを加えています!

ラー油はとにかく多く、ほんと油脂まみれと言っていいのですが、
動物油脂と違って、そこまでお腹にドスンとはこないのですよね!

このあたりが植物油脂系の強みだなというのは感じさせられます!

なので、これだけラー油が多くて味のバランスはいいのですよね!
このあたりの思い切りとバランスの両立はさすがペヤングですね!

そんな使い回し的なソースですが、実は全体の印象は異なります!(=゚ω゚)

やっぱりこれだけねぎが大量に入ってくると雰囲気は変わりますね!

「ラー油ガーリック」のときは具材にねぎがそこそこ入ってましたが、
それ以外にガーリックや輪切り唐辛子も具材になっていたのですよね!

唐辛子がラー油の辛みを側面支援し、ガーリックが香りをさらに高める、
それによって全体的にラー油とガーリックのメリハリが強まっていました!

それに対して、今回はラー油とは直接関係ないねぎばかりが加わるので、
ソースの主張をねぎによってカラーを変えるような感じがありました!

一方から見れば強いラー油味、もう一方から見ればねぎの風味が強い、
この異質な両者を重ねたというのが今回の商品の大きな特徴でした!

そのため、使い回し的なソースながら飽きは感じなかったのですよね!
具材によって印象が変わるのだな、ということが伝わってきましたし!

特に具材の個性が強いので、そのあたりは上手く機能してましたね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料は植物油脂、動物油脂、しょうゆ、ポークエキス、糖類、
ラー油、チキンエキス、食塩、食用風味油、にんにくとなっています!

もう完全に以前の「こってりラー油ガーリック」と同じになっています!

◎麺 - おなじみのペヤングの麺


麺はいつもどおりのペヤングの麺となっています!

ラードの香ばしさが光るスナック的な油揚げ麺ですね!
いつものように、どんなソースとも相性の良さが光ります!(*゚◇゚)

もともと過去に一度使われたソースということもあるので、
麺との相性という点ではもちろん何の問題もないですね!

パッケージ写真では麺が少し太いようにも見えるのですが、
別にそんなことは全くなく、太さも何ら普段と変わりません!

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは641kcalと非常に高いです!
脂質は43.1gで、これはかなりの数字と言っていいですね!

とはいえ、植物油脂メインなので数字ほど味は重たくないです!

◎具材 - 後入れねぎのみ


具材は後入れのねぎのみという構成です!

このねぎのみという構成は、ペヤングらしい潔さがありますね!(`・ω・´)

これだけ入っていれば、ねぎの風味もとことんまで楽しめます!
ただソースの個性も強いので、そこまでねぎ一辺倒にはならないです!

難しいのはけっこうサイズの大きいねぎを後入れにしているので、
多少なりともごわごわっとした食感になってしまうところですね!

それが気になる人は先入れにしてしまってもいいとは思います!
ただそうするとどうしてもいくぶん風味は抜けてしまいますが!

◎まとめ - 過去のソースを使いつつ上手くアレンジ


ソースの原材料を見て「以前と同じじゃないか」と思いましたが、
具材を徹底することで、この商品らしい個性は出ていましたね!

もともと「ラー油ガーリック」のときもソースはよくできてましたし、
それを別の形で表現した、そうした商品というふうにも言えそうです!

ラー油たっぷりのソースとねぎを両面から楽しめる焼そばでした!(゚x/)モギーヌ

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.