5/24発売 カレー専門店が挑む一杯 SPICY CURRY 魯珈 カレーラーメン

5/24発売のエースコック
「カレー専門店が挑む一杯 SPICY CURRY 魯珈 カレーラーメン」
を食べました!

スパイスカレーをテーマにした商品がエースコックから出ました!

5/24発売 カレー専門店が挑む一杯 SPICY CURRY 魯珈 カレーラーメン

こちらは東京の大久保にあるスパイスカレーの人気店のようですね!

スパイスカレーというと、大阪で流行している印象が強いですが、
こちらはまたそれとはアプローチが違ったお店なのですかね!

各地域で似たタイプのカレーが広がりつつあるのかもですね!(=゚ω゚)

これまでにもスパイスカレーをテーマにした商品はいくつか出てますが、
まだまだカップ麺の分野としては広がりを欠く分野ではあるのですよね!

スパイスカレーは一般のカレーとはまたスパイス感が異なりますし、
それをいかにカップ麺に落とし込むかは面白いテーマなのですよね!

エースコックがそこにどのように挑戦してきたのかは興味深いです!

5/24発売 カレー専門店が挑む一杯 SPICY CURRY 魯珈 カレーラーメン(内容物)

◎内容物 - エースコックらしい2袋構成


内容物はスパイスと特製ペーストとなっています!
後入れスパイスを仕上げにかけるというスタイルですね!

5/24発売 カレー専門店が挑む一杯 SPICY CURRY 魯珈 カレーラーメン(できあがり)

この時点でスパイスの香りがけっこう強く上がってきますね!

◎スープ - カルダモンとクローブの香りが映える


まずはベースのスープですが・・・ここは意外とオーソドックスです!(●・ω・)

スパイスを入れない段階だと、比較的普通のカレーになっています!

ただスパイスにある程度際立った強さを感じるところはあります!
ですが、全体的にすっきりしつつ旨味のあるカレーにまとまってます!

この脂質が少なくすっきりしているのは一つの特徴と言えますね!

欧風カレーだと、一般的にルウによって油脂が多くなりますが、
スパイスカレーはそのあたりが軽めになるのが個性ですからね!

このあたりは欧風カレーともインドカレーとも異なってますね!

そして野菜の風味がけっこう強く出ているのも特徴と言えます!
これは後入れペーストによって担われているところが大きいです!

粉末スープでカレーらしさ、ペーストで野菜などの旨味という感じで、
この2つによってカレーラーメンとしてのベースが組み立てられています!

そして後入れスパイスを入れると・・・一気にスパイス感が際立ちます!(`・ω・´)

ここではあえてクミンやターメリックなどの、カレーを作るうえで
最も基本になるタイプのスパイスはあまり打ち出していませんね!

多少クセが出てもいいので、そのあたりはあえて外してきた感じです!

一方でスパイスを多少いじった人なら味わったことがあるであろう、
そういうスパイス感なので、極端に斬新な味わいなわけでもないです!

自分の味わった感覚だと、カルダモンとクローブを強めに感じましたね!

この2つはもともとカレーによく使うタイプのスパイスではあるのですが、
この両者をあえて前面にフレッシュな感じでアピールすることによって、
一般的なカレーとは異なったスパイス感の演出に役立てていますね!

なので、「そこそこ実験的なスパイス感」と言える感じですかね!
スパイスの正体が見えやすいというわかりやすさはありますが!

◎スープの原材料


スープの原材料は野菜ペースト、食塩、糖類、カレー粉、チキンパウダー、
野菜パウダー、ソース、チキン調味料、オニオンエキス、酵母エキス、
香辛料、チキンエキス、乳化油脂、おからパウダー、小麦粉、香味調味料、
でん粉、たん白加水分解物、全卵粉という組み合わせになっています!

こうして見ると、非常に複雑な組み立てのスープになってますね!
もともとエースコックは複雑なスープにすることがよくありますが!

◎麺 - けっこう太めで主張が強めの麺


麺はけっこう太めで、食感はオーソドックスなものですね!

もちもち感はなく、歯切れもそれほど強いわけではなく、
ごくごく軽めのプリ感のある太麺といったところですね!

一つの麺としては悪くない、バランスの取れた太麺なのですが、
この麺とスープとの相性をどう見るかがなかなか難しいです!(*゚◇゚)

スープの個性が強いので、これぐらいの太麺をいいと見るか、
あるいはここまでスープを主役にしたカレーラーメンであるなら、
麺は埋没してもいいので主張を控えめにする手もあるのですよね!

バランスとしては決して麺が勝ちすぎているわけではないですが、
一方でちょっと麺が強いかなと思うところはあったりしましたね!

自分の好みで言うなら、麺はもう少し弱いもので良かったかもです!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは360kcalとなっています!
脂質は10.0gで、麺量を考えるとかなりさっぱりしてます!

◎具材 - 一応はトマトが主役


具材はトマトキューブ、大豆加工品、ねぎ、玉ねぎです!

ねぎはごく普通の薬味で、玉ねぎも量はあまり多くないです!

これならねぎは抜いて、玉ねぎを増やしても良かったかもですね!
カレーラーメンの場合はねぎは必ずしもいらないものですしね!

大豆加工品は・・・うーん、やっぱりちょっと迷うところですね;

「豆カレー」だと割り切ってしまえば別にそれはいいのですが、
モデルが「チキンカレー」だとカップに書かれてしまってるので、
「また具材のコストカットか」と言いたくなる気持ちはありますね!

まぁ、その分だけコストをスープに割いているとも言えるのですが!

トマトキューブは全体のさわやかな印象を高めてくれますね!(*゚ー゚)

一つの具材としてもカレーのスープとなかなか相性はいいですし、
スープに溶かしても全体の風味をより高める存在になりますね!

今回の具材の中では最もわかりやすい活躍をしてくれてましたね!

◎まとめ - スパイスカレーらしいスパイス感は見どころ


スパイスカレーらしいさっぱり感とスパイスの強さは魅力でしたね!

それゆえに一般的なカレーラーメンとはいろいろ違いもありますが、
そこは割り切って「スパイスカレーの良さ」を堪能するのがいいですね!

カルダモンとクローブの香りの引き立ち方はなかなかのものでしたし!

これからもいろんなスパイスカレーのカップ麺に期待したいですね!(゚x/)モギューリ
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.