5/25発売 中華そば嘉一監修 極鶏だし中華そば

5/25発売のサンヨー食品「中華そば嘉一監修 極鶏だし中華そば」を食べました!
ファミリーマート限定の「ラーメンデータベース」系の商品となります!

5/25発売 中華そば嘉一監修 極鶏だし中華そば

このところ「ラーメンデータベース」系の商品がちょくちょく出ますね!
今回は2020年上半期の仙台1位となったお店のカップ麺化となります!

サンヨー食品から出た「ラーメンデータベース」系商品はこんな感じです!

RA-MEN 3SO監修 ニボシみそラーメン(2019年12月)
中華蕎麦うゑず監修 濃厚豚骨魚介中華そば(2020年8月) [ファミマ限定]
中華蕎麦うゑず監修 濃厚豚骨魚介中華そば(2021年2月) [ファミマ限定]

これ、困ったことにちょっと経緯がややこしいのですよね!(*゚ー゚)

「3SO」のときはファミマ限定ではなく普通の一般販売商品でした!

そしてその次の「うゑず」からファミマ限定商品になったのですね!

その「うゑず」の2021年2月はそれまでとは違ったどんぶり型ノンフライ商品で、
なおかつデザインには特に「ラーメンデータベース」のことは書かれていません!

でも2020年8月の商品を下敷きにしているのは間違いないのですよね!

そのため形態が微妙に変化しながら登場するというややこしさがあります!

5/25発売 中華そば嘉一監修 極鶏だし中華そば(内容物)

◎内容物 - 後入れの調味油つき


内容物はフタに貼り付けられた調味油となっています!
「仕上げの小袋」とありますが、中身は完全に油脂ですね!

5/25発売 中華そば嘉一監修 極鶏だし中華そば(できあがり)

太麺でかなりすっきりしてそうな鶏スープという感じですね!

◎スープ - シンプルな鶏スープに鶏油が加わる


まずはスープですが・・・かなりシンプルな鶏スープですね!(●・ω・)

原材料として魚介も使わず、動物系も完全に鶏系のみなので、
分類上は「鶏と水だけ」系に属すると言えるのでしょうかね!

ただこのカップ麺を食べた限りでは少々方向性は違う感じですね!

「鶏と水だけ」系はとにかく鶏の主張がガンガンに来るのですよね!

ベースの鶏スープも強く、そこに鶏油もさらに大量に加わってきて、
「鶏だけのかわりに、その鶏の主張は強烈」というのが特徴です!

それに比べると、このスープは鶏の主張はけっこうおだやかですね!
調味油なしの段階だと、「しっとり系の鶏スープ」という感じです!

これは単にカップ麺だからそのような強さになっただけかもですが、
少なくともこれを食べる限りではゴリゴリの鶏系ではないですね!

そしてここに大量の鶏油が加わることによってパンチが加わります!(*゚◇゚)

この大量の鶏油は「鶏と水だけ」系と共通する点と言っていいですね!
鶏の風味もけっこう強いですし、ここで一気に攻撃性が高まります!

ただ鶏のクセが強く出るような、そういうタイプの鶏油ではないです!

十分に大量の鶏油ながら、暴れるようなそうした印象はないですね!
どこかある程度の穏やかさを保つように組まれている感があります!

◎スープの原材料


スープの原材料はチキンエキス、糖類、植物油脂、食塩、鶏脂、
しょうゆ、ゼラチン、発酵調味料、たん白加水分解物です!

とにかくシンプルに鶏系で組み立てられているのが印象的です!

◎麺 - 手打ち風の食感だが、なぜか風味がいやに甘い


麺はサンヨー食品が得意とする手打ち風油揚げ麺となっています!
太さはそこそこあるので、やや平打ち寄りの太麺とも言えます!

手打ち風の麺はサンヨー食品がちょくちょく起用してくるもので、
麺の両端で厚みがちょっと異なるタイプの麺のことですね!

これによって麺の食感に不規則性を持たせるのが特徴です!(=゚ω゚)

昔はどうしてもくどい油揚げ麺の風味がここに重なりましたが、
そのあたりについては多少なりとも解消された感はありますね!

ただそのかわり麺からの香りが異様に甘いという現象がありましたが!

そのためスープの鶏の風味よりも、この甘い風味がやたら気になりました!

なので、結局のところ麺がスープをかなり食っていたのですよね!
この点はいつものサンヨー食品の縦型の悪い面が出ていましたね!

麺の食感はなかなか良かっただけにそこは少し残念でしたね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは435kcalとなっています!
脂質は19.4gで、そこそこの高さと言えるでしょうかね!

◎具材 - 旨味の詰まった鶏肉がなかなかいい


具材は鶏肉、メンマ、ねぎという組み合わせになっています!

ねぎはごく普通の乾燥具材で、量はけっこう多くなっています!
なので、薬味としての主張はそこそこのものはありますね!

メンマはほどほどの量ですが、一定の存在感は見せています!
どうもサンヨー食品のメンマって目立ちにくい印象がありますが!

そして主役の鶏肉ダイスですが、これがなかなかいいですね!(`・ω・´)

日清のようなほどよいやわらかさの鶏肉具材とは違って、
ちょっと乾燥具材らしい干し肉っぽさはあるのですよね!

脂身は全くなく、硬めでややパサッとしてるところもあります!

ですが、噛み締めるたびに鶏の旨味がグイグイ出てくるのですよね!
こうしたタイプの鶏肉具材は東洋水産もたまに使ってきますね!

この風味が秀逸で、これは日清の鶏肉とはまた違う魅力がありますね!

この具材はもっと高頻度で使ってくれてもいいように思いましたね!

◎まとめ - 麺の甘い風味の強さだけが少し残念


しっとりとした鶏スープに鶏油でアクセントをつけるスタイルは
これはこれでなかなか面白い組み立てと思わせてくれたのですが、
麺の甘い香りがやたらと出ていたのはどうにも気になりましたね!

それがスープの個性をかなり食ってしまっていましたからね!

でもスープそのものはそこそこよくできていたと思います!

この商品もまたノンフライ麺で出すと面白くなりそうですね!(゚x/)モキキーン
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.