ペヤング 牛タン塩やきそば

ペヤングの新作である「牛タン塩やきそば」を食べました!

前回の「濃口ソース からしマヨネーズ」は厳しい内容になりましたが、
自分はもともとペヤングの力量は非常に高く評価しております!

ノーマルバージョンの「ペヤング ソースやきそば」は大好きですし、
革新的な新作焼きそばについてもいいものが多いですからね!(`・ω・´)

ペヤング 牛タン塩やきそば

というわけで、今回は肉系の塩焼きそばで来ております!

しかしこれまでにも何度かこのブログで触れてきましたが、
実のところこのタイプの塩焼きそばはやや苦手なのです(;゚◇゚)

しかしそこは高く評価しているペヤングです!
苦手なはずのテーマでもうならせてくれると信じて食べます!

ペヤング 牛タン塩やきそば(できあがり)

ふむ・・・、肉が多いですし、色も何やら焼肉っぽいですね!

液体ソースの原材料は植物油脂・醤油・にんにく・ポークエキス・食塩で、
それに別袋入りのレモン果汁がついてくるという形になっております!

まずはレモン果汁をかけずに少し食べてみます!

ん・・・、おおぉ、これはまたずいぶんと香ばしいですね!
しかもこれは肉を焼いたときに生まれる香ばしさに近いです!

ちょっとこげた香りがあって、そこに肉やにんにくの旨味がある、
またそのにんにくも刺激的というより、焼いた甘い香ばしさがあります!

まさに軽く塩こしょうした肉を焼いた感じの風味ですね!

でもって、油は他の塩焼きそばほど強くは感じないですね!(*゚ー゚)

次に添付のレモン果汁をかけて食べてみることにします!

むむむむむむ、これはうまいっ!!(゚◇゚)

レモンをかける前からリアルな塩焼肉らしさがありましたが、
そこにレモン果汁が入ることでさらなるリアル感が加わります!

肉の少しこげた風味、少し焼かれたにんにくの甘い香ばしさ、
肉そのものの旨味、そしてレモンがそこにプラスするさっぱり感、
これらの各要素の調和のレベルが実に高いと言えますね!

そして具として入っている牛タンがまた抜群ですね!(*・ω・)

ちゃんと牛タンしてますし、量も多いので申し分ないです!
なおかつレモン果汁との相性の良さが半端じゃないですね!

これはもう手軽に食べられる牛のタン塩そのものですよ!

しかもこの具のバランスの取り方、さすがはペヤングですね!

キャベツなどの野菜は入れず、ひたすら牛タンにしぼっています!
他の具は風味づけが目的のねぎと輪切りとうがらしだけです!

この思い切りの良さは自分としては高く評価したいですね!

こういうときはキャベツなどの野菜はなくていいのですよ!(●・ω・)

他の具を入れないことで牛タンを増やせた面もあるでしょうしね!
また輪切りとうがらしが与える時折ピリッとくる感覚もいいです!

いやぁさすがはペヤングです!
これは自分にとっては満額回答ですね!

ペヤングのまるか食品は高い製麺技術などがあるわけではないですが、
味のメリハリのつけ方、味の調整力には卓越した力を持ってますね!

そして、そこにこそペヤングというブランドの持つ力を感じます!

これは肉系の塩焼きそばの一つということにはなりますが、
無理に塩焼きそばらしさを追求しすぎてないのがいいですね!

塩焼きそばとしての個性を目指すとまず油が前面に来ますし、
そこに肉やにんにくが入ることで、重さが強くなりがちです!

でもこれはまず何より「牛のタン塩」の味の再現がメインなので、
そういったお決まりのスタイルにはあまりこだわってないのですよね!

あくまで味の再現に最大のポイントを置いたことによって、
「レモン果汁」の添付というアイデアが出たとも言えますし!

なので、焼肉の持つコクや香ばしさはしっかりと出しつつも、
油よりもレモン果汁によるさっぱり感のほうが前面に出てますね!

これなら自分のように肉系塩焼きそばにやや弱い人でも十分いけます!(=゚ω゚)

自分の中では肉系塩焼きそばの断トツ1位に輝きましたね!

質・量ともに見事な具、コクとさっぱり感が両立したソースと、
どれをとっても優秀ですし、これはレギュラー化を希望したいほどです!

ちなみに麺はいつものペヤングの麺でございました!

ところでこの焼きそばは2007年にも発売されていたようですが、
そのときは後乗せかやくとして大量の乾燥ねぎが入っていて、
そのかわりレモン果汁はついていないという形だったみたいです!

自分としてはレモン果汁をつけたのは大正解だったと思います!(゚x/)モキゥッ

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.