カップカレーライス ビーフカレー 辛口

「日清 カップカレーライス」の辛口を食べました!
これまでに甘口中辛をすでに紹介していますね!(=゚ω゚)

カップカレーライス ビーフカレー 辛口

甘口も中辛も基本的には欧風カレー路線となっていて、
辛さ以外にはそれほど大きな違いはありませんでした!

なので、辛口もほぼ同じ路線なのは見えてるのですよね!
そのため何を書けばいいのか迷うところでもあります;

カップカレーライス ビーフカレー 辛口(できあがり)

でも、以前にいただいたコメントで思い出したのですが、
このシリーズの特徴って最初からカレーソースとご飯が
まざった状態で完成するという点にもあるのですよね!

でもって、それは「自由軒」のカレーっぽいということで、
卵を落としてもなかなかいけるように思えるわけです!

ということで、今回は卵黄を落として食べてみました!
全卵にしなかったのは単に自分の好みの問題です(;゚◇゚)

また、少しだけ家にあったご飯もプラスしています!

もちろんちゃんと炊き上がったご飯を入れたもので、
乾燥米を追加してレンジにかけたわけではないです!

カップカレーライス ビーフカレー 辛口(卵黄入り)

中央に卵黄を落とした絵ってなかなかいいですよね!(`・ω・)+

まずは写真を撮る前に卵黄のない部分を食べました!
やっぱり味の路線に関しては中辛などと同じですね!

こちらのほうがほんのりと辛いというぐらいです!
なので、あくまで辛さの好みで選べばいいですね!

次に卵黄をカレーとそこそこまぜて食べました!

うん、全体的にまろやかになって相性もいいですね!
こういった欧風カレーには卵黄がよく合います!(*゚ー゚)

卵を入れると気持ち悪いと感じる人もいそうですが、
卵黄だけだとそういったネガティブな印象はないので、
初めて試してみるときには卵黄のみがいいと思います!

また、卵黄によってカレーソースの全体量が増えるので、
ご飯を自分で追加すると量のバランスも良くなります!

もともとカレーソースがやや多めのバランスですしね!

ただ、卵黄を入れるとまろやかな印象が強まるので、
辛口よりは中辛や甘口のほうがいいかもしれません!

辛口だとその辛さの部分が隠れてしまいますしね!
辛さを求めない味のほうがより向いてそうに思えます!

今回もご飯は安定した非常にいい食感をしていますし、
具も同じく牛肉、じゃがいも、人参の組み合わせです!

牛肉といってもダイスミンチ状の牛肉ではありますが!

カレーソースの原材料は動物油脂(豚、牛)、糖類、
小麦粉、カレー粉、ポークエキス、オニオンパウダー、
食塩、香味調味料、醤油、チーズパウダー、トマトパウダー、
香辛料、ピーナッツバター、粉乳、香味油、ソース、
野菜調味油、酵母エキス、卵粉などとなっています!

やはり中辛などとは原材料の組み合わせは同じで、
並びの順番がほんの少し変わっているだけですね!

ライスの量は同じく86gで、カロリーは498kcalです!
脂質は11.5gで、カロリーに比べるとやや少なめです!

ちなみに3つのカロリーを並べるとこのようになります!(●・ω・)

甘口 500kcal  脂質 11.5g
中辛 503kcal  脂質 12.4g
辛口 498kcal  脂質 11.5g

甘口>中辛>辛口の順か、その逆順を予想してましたが、
中辛が最も高く、辛口が最も低かったのは予想外でした!

とは言っても、最大でも5kcalの差しかないですが!

いずれにしても3つとも味の違いはほぼないので、
辛さはお好みで選ぶのがいいということでしょう!

でもって、今回みたいに卵黄を入れるのもいいですね!(゚x/)モキュー

【関連記事】
日清のごはんシリーズ 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : インスタント食品 | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.