Yahoo! ら~めん特集第5回 優勝 麺と心 7 濃厚煮干白湯

今年もYahoo!ラーメン特集のカップ麺化がやってきました!(`・ω・)

今回は普段からよく足を運んでいる「麺と心 7」の
ラーメンが優勝してカップ麺になったということで、
これまでとはちょっと違った感覚で手に取っています!

このカップ麺のモデルとなった「麺と心 7」のラーメン、
たまり醤油の煮干白湯」ももちろん食べています!

Yahoo! ら~めん特集第5回 優勝 麺と心 7 濃厚煮干白湯

しかしながらこのシリーズ・・・かなりの鬼門なのですよね(;゚ω゚)

最近はいろんな再現もののカップラーメンがありますが、
このシリーズはクオリティの低さで有名だったりします;

というのも、ベースとなっている「本気盛」ブランドは
大盛り系でやや大味な油揚げ麺系の商品でもあるので、
本来は再現ものに向いているとは言い難かったりします!

そのため過去には酷評する結果になってしまったものも多く、
今回のカップ麺にも少なからず不安があったりします!

さて、今回はその悪いイメージを払拭できるのでしょうか!(゚◇゚)

Yahoo! ら~めん特集第5回 優勝 麺と心 7 濃厚煮干白湯(できあがり)

お湯を注ぐとなかなかしっかりした煮干の香りがします!
後入れの液体スープは醤油ダレとなっています!

かつては後入れ調味油が強すぎることなどもありましたが、
今回は醤油ダレなのでそのあたりの問題はなさそうです!

というわけで、思い切って食べてみることにします!

・・・おっ! これはかなりいけるじゃないですか!(*・ω・)

これまでのこのシリーズの中で間違いなく一番です!
これだったらちゃんと再現系として胸を張れますね!

東洋水産の面目躍如といったところでしょうか!

これまでカップ麺ブログで酷評されていたことは
きっと開発者の耳にも入っていたでしょうからね!

まず何と言っても煮干、この主張が素晴らしいです!
カップ麺でこれだけガツガツ攻める煮干は珍しいです!

実際のラーメンは煮干の主張を最前面に出しながらも、
煮干とたまり醤油の調和が最大の魅力になってましたが、
こちらは煮干の存在感がより攻撃的に出てきています!

その分だけ醤油の主張はちょっと後ろに下がっています!

カップ麺で魚介白湯系のスープってほぼないですし、
その特徴を出すことにはけっこう苦労したでしょうね!

大量の煮干粉末と鶏白湯系のスープを合わせることで、
煮干白湯らしさを上手く引き出すことができています!

また、スープはけっこう強めのとろみがありますが、
このあたりも実際のラーメンの特徴がよく出てますね!

スープの原材料は醤油、チキンエキス、粉末煮干し、でん粉、
食塩、豚脂、植物油、こんぶエキス、香辛料などとなってます!

麺は本気盛らしい平打ちの太麺となっているのですが、
これが今回は上手い具合にスープと合っていますね!

このシリーズの最大の問題点が実はこの麺でして、
いつもスープの個性をスポイルしていてたのですが、
今回はそういった悪影響が全く見られないですね!

これには麺を改善したという側面もありそうです!

むしろ平打ちをがっしりとした主張を持った油揚げ麺が
このスープに負けない存在感を上手く発揮しています!

この両者の相性の良さにはけっこう驚きましたね!(*゚ー゚)

麺の量は多めの80gで、カロリーは449kcalとなってます!
脂質は16.5gで、麺の量を考えるとやや少なめです!

具は豚肉、玉ねぎ、ねぎという組み合わせになってます!

玉ねぎが入ってるのが「麺と心 7」らしいですね!
このあたりの特徴は上手く再現してくれています!

豚肉に関しては普通においしいといったところです!

とにかく遠慮のない煮干っぷりが非常に良かったです!

油揚げ麺で再現ものというのはなかなか難しいですが、
今回はそのあたりにしっかり磨きがかかってましたね!

これなら十分にオススメできる仕上がりだと思います!(゚x/)モキルッ

【関連記事】
Yahoo! ら~めん特集第5回 準優勝 にっこう 香り鶏醤油
Yahoo! ら~めん特集第5回 優勝 麺と心 7 濃厚煮干白湯
Yahoo! ら~めん特集第4回 審査員特別賞 みつか坊主 Black味噌
Yahoo! ら~めん特集第4回 優勝 麺処まるは健松丸 和風鶏塩麹
Yahoo! ら~めん特集第4回 準優勝 中華そば みのや 濃厚煮干し
Yahoo! ら~めん特集第3回 優勝 新旬家 麺 今昔鶏中華物語
Yahoo! ら~めん特集第3回 準優勝 麺家うえだ 焦がし風特濃
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップ麺 | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.