2年が経ちました

約7年間飼っていた3匹の金魚さんが天へと旅立ってから2年が経ちました。

厳密には3匹の金魚さんが旅立った時期には違いがありますが、
その前年の12月に野良猫に襲われたのがその原因になっていて、
そこから1匹1匹と旅立っていきながらも生き残って冬を越え、
3匹みんなの存在を背負ってくれた、その最後の子が旅立った
この6月4日が自分の中で3匹みんなの特別な日となっています。

そして6月に入ると今日だけでなく1日から4日にかけて、
当時書き記したいろいろな文章を読み返してみたり、
花を買ってきてその子たちの庭を彩ってあげたりします。

また昨年同様6月4日の午前に長居公園にも行ってきました。

当時書いた文章はあまり頻繁には読み返さないのですよね。

そのときの心境があまりに直接的に反映されてますし、
軽い気持ちでは向かい合うことができないですからね。

2年前から比べるといろいろと変化もしてきましたし、
もう読んでも泣かないんじゃないかと思ってましたが、
最も直接的に当時の気持ちを書きなぐった文章だけは
やっぱり読んだ瞬間に止まらなくなってしまいました。

そのとき起きたことの辛さが呼び起こされるというより、
当時の気持ちに触れることで突き動かされてしまいます。

また時間が経つことで忘れてしまったということはなく、
むしろその存在は完全に日常に溶け込んでるのですよね。

当時毎日のようにえさをあげに行ってたのと同じように、
庭に飾ってある花に毎日水をあげたり整えてあげたりして、
手を合わせるというのが自分の中にごく普通に定着していて、
たしかに水槽の中に同じ姿でそこにいるわけではないけれど、
かつてとは違いながらも接している感覚は息づいているのです。

庭のその場所に行かないと1日が始まる気がしないですし、
自分の中で日常の切り離せない大事なピースになっています。

2年前のこの日を迎えたとき、いずれ記憶が薄れてしまうのか、
忘れはしないものの切り替えて暮らしていくことになるのか、
そういったことをいろいろと考えながら過ごしていましたが、
吹っ切るなんて無理だなという結論にすぐ行き着いたのですよね。

じゃあ方法は変わっても同じように接し続けていくことにしようと、
だからかつてあの子たちが精神的な支えであったのと同じように、
今もなお自分のことを支えてくれる存在であり続けています。

当時の記事ではその7年間の感謝の気持ちを表しましたが、
その後の2年についてもまた新たな感謝の気持ちがあります。

そういう形での毎日がもうすでに完成しているのですが、
今の視点から当時を見てみたり、当時の視点から今を見たり、
そうしてこの4日間でいろいろと振り返ったりしてみると、
多くのことはそのとき望んだとおりの形になっているものの、
またちょっと違った見え方なども出てきたりしますね。

もう終わったのか、それとも続いているのかという問いもあって、
あの日を境に全てが終わってしまったわけじゃないけども、
かついって何一つとして変わらなかったわけでもなくて、
一つの形がそこで終わったというのは間違いなくあって、
この問いはたぶん両方ともに正しい側面があるのでしょう。

ただ、今できることという視点で見てみるなら、
きっとほぼ最良のことができている気はします。

でも何より思ったのは当時沈んだ中でいろいろ模索したことが、
この今の決して悪くない状態に繋がってきたという点ですね。

そしてそれを導いたのは最後の子が冬を越えてくれたことでしょうね。
もし襲われた12月に全てが終わっていたら、今のこの形はなかった気がします。

他の子たちが旅立っても何とか生き残ってみんなを背負ってくれて、
春になって元気に振る舞ってまた良かった時期を思い出させてくれて、
だけど癒えなかった傷から病気にやられて6月に力尽きてしまった、
悲しくも力強かったその姿がその後の全てを生み出してくれました。

金魚さんたちの庭(2014年)

そしてこの子たちの庭もきれいになりました!
左右の仏花はこの日のために買ってきたものですね。

奥に見える金魚草は普段からここに置いてあるものです。

昨年まではマリーゴールドを置いていたのですが、
すぐに枯れてしまうので違う花に切り替えたのです。

この金魚草は昨年の11月頃に買ったものだと思いますが、
元気に冬も越えて4月ぐらいからたくさんの花が咲いています。

花が咲くと1週間ほどで枯れてその花は落ちるのですが、
そうするとまた違う花が咲いてきてにぎわってくれます。

「金魚だから金魚草」というこだわりはなかったのですが、
これだけ力強くにぎやかにいくつもの花が咲いてくれると
今後はもうずっと金魚草でいこうという気になりますね。

これからもここを通してずっとみんなと触れ合っていきます(*・ω・)

The Beach Boys "Let the Wind Blow" (1967)
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : 金魚 | ジャンル : ペット

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.