三宅吉祥 塩つけ麺

松原の隠れ家的存在の「三宅吉祥」にまた行ってきました!

夏は「塩つけ麺」と「ざる冷麺」が限定でありますが、
それとは別の「冷麺」も限定として登場してました!

できれば夏のうちにこの3つとも食べておきたいですね!(=゚ω゚)

冷やし系は梅雨明けしてから食べてみることにして、
今回はややさっぱりしてそうな「塩つけ麺」にしました!

三宅吉祥 塩つけ麺

ということで「塩つけ麺」がやってまいりました!

麺の上に2枚のバラチャーシュー、メンマ、味玉、
ねぎが乗るのはレギュラーのつけ麺と同じですね!

またつけ汁に角切りバラチャーが入るのも同じです!

さて、まずはそのつけ汁ですが・・・予想と違いましたね!

「塩つけ麺」なのでてっきり清湯系なのかと思いきや、
「河内濃厚つけ麺」と同一線上にある白湯系のつけ汁です!

しかし、濃度についてはこちらのほうが間違いなく軽めです!

おそらくレギュラーのつけ麺に使っている白湯スープを
別の清湯スープで割って、塩ダレでまとめたのでしょう!

だから「塩つけ麺」という表現でイメージするよりは
「河内こっさりつけ麺」みたいにとらえるといいかもです!

さて、そういう中庸的なラインを狙ってきたつけ汁ですが、
自分としてはむしろこれぐらいの濃度のほうが好きですね!

バランス感の良さはこちらのほうがより感じられますし、
レギュラーのつけ麺よりも間口の広い仕上がりと言えます!

だから、むしろ初訪問ではこっちのつけ麺を食べたうえで、
より濃度を求めるならレギュラーを食べるのがいいかもです!(*゚ー゚)

スープの濃度に関しては今回のほうが軽めではありますが、
そのかわり塩分濃度に関してはこちらのほうが高めですね!

かといって、麺と絡めたときに塩辛くなることはなく、
むしろ全体のバランスを調えた結果というものですが!

さて、最初はつけ汁だけが違うものと想像してましたが、
麺のほうも「塩つけ麺」専用と見られるものになってます!

こちらは全粒粉が配合されていると見られる平打ち麺です!

全粒粉入りの麺の上にいろいろな具材をトッピングし、
つけ汁は濃度を出しながらもバランスも重視している、
この路線からはあの松原の名店が強く連想されますが!(=゚ω゚)

今の綿麺のつけ麺の麺は平打ちという感じではないですし、
こちらのつけ汁はベジポタ的な要素も感じられるので、
そちらを指向しつつも大きな違いもたくさんありますが!

さて、その平打ち麺ですがこれはあなどれないですね!(●・ω・)

おそらくこちらもタピオカが入ってるはずですが、
それもあって平打ちながらももちもち感が強いです!

レギュラーのつけ麺の麺はもっと太いこともあって、
独特のもちもち感が強すぎる感も少しありましたが、
平打ちだとちょうどいいレベルの食感になりますね!

ちゃんとつけ汁の濃度などのチューニングと合わせて、
麺も含めていろいろときっちり調えてきてますね!

単なるレギュラーつけ麺のアレンジではないです!

名前から清湯系を連想すると戸惑ってしまいますが、
こっさり系、バランスのいい濃厚系ととらえてみると
なかなかの仕上がりのつけ麺と言っていいでしょう!

8月は冷やし系のメニューを食べに行ってみます!(゚x/)モキュルー

お店の住所と地図 大阪府松原市三宅西7丁目952-1

【関連記事】
三宅吉祥 塩つけ麺
三宅吉祥 河内濃厚つけ麺
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.