2WAY 担担麺

エースコックから出た「2WAY 担担麺」を食べました!
汁なしと汁ありの2つの方法で食べられるとのことです!(`・ω・)+

2WAY 担担麺

かなり特徴的ということもあってコンビニでも目立ってますね!

汁なしと汁ありの両方で食べられるということになると、
汁なしだと薄く、汁ありだと濃くなりそうな気がしますが、
そのあたりをどのように調整してくるのかが注目ですね!(=゚ω゚)

もちろん2通りの方法で食べられるように2つ買いました!

2WAY 担担麺(汁なし:できあがり)

まずは汁なしの方法で作って食べてみることにします!

内容物はかやく、液体スープ、スパイスとなっています!

かやくはチンゲン菜、鶏・豚そぼろ、唐辛子となっていて、
スパイスはすりごまと花椒などの香辛料となっています!

さて、その味ですがやはりちょっとだけ味は濃い目ですね!
でもそこまで塩辛くはなく十分に許容範囲内と言えます!

担々麺のポイントであるごまについてはけっこう強めで、
ラー油による油脂感も強く、花椒もほどほどに効いてます!

ちょっと油脂感が強めのバランスにはなっているものの、
担々麺として必要な要素はどれもしっかりとそろっていて、
思っていたよりもソツのない仕上がりにはなっていますね!

自分は唐辛子や花椒がもっと際立ってるほうが好きですが、
それでもけっこう満足できるだけのものはありますね!

麺は中細のノンフライ麺で、そこそこもっちりしてます!

エースコックのノンフライによくあるタイプの麺ですが、
汁なし担々麺としても十分に合わせられる麺ですね!(*゚ー゚)

ほんの少し味が濃い目で油脂感がやや強くはありますが、
全体としてはなかなかしっかりとした汁なし担々麺でした!

2WAY 担担麺(汁あり:できあがり)

ということで、今度は汁ありにして食べてみます!
こちらも食べる前にスパイスをかけて仕上げます!

その味ですが・・・あぁ、たしかにちょっと薄いですね(;゚◇゚)

まず塩辛さという点ではやはり多少は薄くはあります!

ただ、お湯の量が他のカップ麺よりやや少なめになっていて、
味が薄くなりすぎないような配慮はちゃんとされています!

だから、あくまで許容できる範囲の薄味という感じです!

一方でごまの厚みが弱くなってしまうのはやはり残念ですね!
塩辛さよりも自分としてはこちらが気になってしまいました!

やっぱりごまの主張あってこその担々麺でもありますからね!

そのかわりラー油の主張と花椒はけっこうしっかりしています!

特にスープの見た目からしてラー油はかなり主張してますし、
この両者がこの汁ありの味を支える大きな鍵になってますね!

汁なしのときにはラー油の量がやや多めに感じたのですが、
これは汁ありのときの効果を見込んでのものだったのですね!

スープの原材料は植物油脂、しょうゆ、ねりごま、鶏・豚エキス、
醸造酢、食塩、豆板醤、香辛料、砂糖などとなっています!

麺は汁ありのほうがその個性がややプラスに生きますね!
すすり心地が良く、ほどよいコシもあってなかなかいいです!

個性の強い麺ではないですが、バランスはいいのですよね!(●・ω・)

麺の量は80gで、カロリーは473kcalとなっています!
脂質は18.4gで、少しだけ高めの数字といったところですね!

汁ありでも汁なしでも、どちらでもそこそこ本格感を出しつつ、
ちゃんと食べられるように仕上げるあたりの技術力については
担々麺に強いエースコックらしいと思わせるところがありますね!

一方で両者を「汁なしの単体商品」「汁ありの単体商品」として見ると、
単体で作ればエースコックならもっと上手く作れそうとも思えます!

こういうコンセプトである以上、どうしてもそうはなりますね!

だから奇抜なアイデアをまず楽しみつつ、味として見ても
想像していたよりも上手くできてると評価する感じですね!

そういった枠組みまで含めて楽しむのがいいかと思います!(゚x/)モキルー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップ麺 | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エースコック「2WAY 担担麺」

どんなに度数の高いアルコールでも専らストレート一辺倒だったのですが、去年くらいから度数の高いお酒はロックでゆっくりとその変化を楽しみながら飲むようになりました。最近は芋焼酎をメインに飲んでいて、ストレートorロックで楽しんでいたのですが、さすがに寒くなってきたので、芋焼酎はお湯割りで。芋焼酎は大好きなんですけど、お湯割りするとほんと苦手で、初めて飲んだときに無理!と思ってからずっと敬遠し...

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.