綿麺 フライデーナイト Part77 (14/10/24) あつもりつけ麺

10月第4週の綿麺フライデーナイトに行ってきました!
今日の限定は今年1月以来の「あつもりつけ麺」です!

そして今日はそこにレアチャーシューの単品もつきます!

レアチャーシューにねぎを乗せて胡椒とタレをかけて食べる、
以前に大感激した単品レアチャーとのひさびさの再開です!

今回はあつもりということで、レアチャーシューに
麺の熱が入らないようにと考えてのことだそうです!

もしかすると先週書いた記事も影響してるかもですが!(゚◇゚)

この単品レアチャーは大好きなだけに喜びでいっぱいです!

綿麺 フライデーナイト Part77 (14/10/24) あつもりつけ麺 レアチャーシュー

というわけで、まず最初にレアチャーがやってきました!

うんうん、以前のレアチャー単品と同じビジュアルですね!

上にかけられているドレッシングはおそらくレギュラーの
つけ麺用の醤油だれをもとに作られたものだったはずです!

そして今回はお好みでマヨネーズもつけることができました!

以前にこの単品レアチャーについて女将さんと話をしたときに、
普段家で食べるときはマヨネーズをつけると聞いていたのですが、
そのマヨネーズがついてきたことでニヤリとしてしまいました!

単品レアチャーをベストの形で食べられるということですからね!

ということで、まずはマヨネーズをつけずに食べてみます!

うん、レアチャーの持つ旨味をドレッシングがさらに引き立て、
そこにねぎと胡椒がピリリとしたアクセントを加えてくれる、
自分が大好きなあの単品レアチャーの旨さがあふれています!

そして今度は続けてマヨネーズもそこにつけて食べてみます!

・・・! これはびっくりするほどの相性の良さですね!(`・ω・´)

これは普段マヨネーズをつける理由がよくわかります!

最初はつけたりつけなかったり交互に食べる予定でしたが、
残りのレアチャーは全部マヨネーズをつけて食べました!

レアチャー単品の好きの度合いがさらに高まりましたね!

綿麺 フライデーナイト Part77 (14/10/24) あつもりつけ麺

ということで、主役の「あつもりつけ麺」がやってきました!

これまでの「あつもりつけ麺」とは明らかにいろいろ違います!

まず何より大きく変わっているのは麺の色や太さですね!

これまでのあつもりでは黄色い太麺が使われていましたが、
今回は太さがやや抑えめの全粒粉の中太麺となっています!

そしてこの麺、小麦の香りの強さが半端じゃないですね!(=゚ω゚)

やっぱりあつもりだと、香りがより前面に出るのですかね!

そのあつもりの持つ香りがより強調される側面を生かして、
全粒粉麺にすることでとにかく香りの良さを出すという、
「麺の香りを楽しむ」という点では過去最高かもですね!

また極太麺のむっちりむっちりとした食感とはまた違う、
中太ならではのほどよくむちっと弾ける弾力があって、
つけ汁につけてすすると食感と香りが共に楽しめます!

つけ汁はおそらく丸鶏と豚骨に魚介を加えたもので、
ほんのりと濁っていますが基本的には清湯路線です!

今回は中でも魚介の主張がビシッと強めに効いていて、
また酸味による引き締まった感覚も際立っていましたね!

つけ汁の具はダイス状バラチャーシュー、小松菜、しめじです!

小松菜としめじはフライデーナイトではおなじみの具材ですね!

どちらも綿麺の清湯系のつけ汁とすごく合うのですよね!
他の野菜もいろいろありますが、やはりこの2つはいいです!(●・ω・)

これまで綿麺であつもりつけ麺を4回食べてきましたが、
間違いなくその中でも今回のが一番気に入りましたね!

綿麺のあつもりつけ麺の一つの完成形が見えたというか、
香りを楽しむことを前面に押し出した全粒粉の中太麺に、
麺の熱を考慮して単品として添えたレアチャーシューと、
この形のハマりっぷりは実に見事なものがありましたね!

最初だけでなく、途中でも麺だけで食べたりしましたし!

あつもりならではの良さもこれまで以上に際立ってました!

前回のワンタンといい、今回のあつもりといい絶好調ですね!

一味も二味も違う、実に見事なあつもりつけ麺でした!(゚x/)モキュキュキュキュッ

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.