ニューヨーク トマトクラムチャウダーヌードル

「ニューヨーク トマトクラムチャウダーヌードル」を食べました!
イオン系列限定で5月下旬に発売されたカップ麺ですね!

どうもイオンのアメリカフェアに関連して出た商品だそうです!

イオン系列のカップ麺というと「スペインヌードル」など、
洋風の面白いカップ麺がけっこうあったりするのですよね!

でもって、そのどれもが意外に完成度が高かったりするので、
今回のクラムチャウダーを意識したカップ麺も期待が持てます!(*゚ー゚)

ニューヨーク トマトクラムチャウダーヌードル

クラムチャウダーにトマトが入るのは不思議な気がしますが、
ニューヨーク風は牛乳を使わずにトマトを入れるそうですね!

でもトマトと二枚貝って「ボンゴレロッソ」に見られるように
相性がいいのは間違いなので、そこも興味が湧いてきますね!

ニューヨーク トマトクラムチャウダーヌードル(できあがり)

ごくごくシンプルにお湯をかけて3分待つだけで完成です!

まずはそのスープですが・・・何という貝の強さでしょう!(*゚◇゚)

ふたを開けた時点であさりの香りがふわふわと上がってきて、
できあがって全体をまぜてる時点でも強烈な香りが来ましたが、
食べてみるとその香りの強さに負けない貝だしが攻めてきます!

でもって、ほたてなどのいろんな貝だしと合わせたものでなく、
とにかくあさり一本のだしで攻めてるので個性が非常に強いです!

これは貝だしに目がない人であればどっぷりハマるでしょうね!

一方でクセが強いので人を選ぶスープなのも間違いないです!

どうもこのカップ麺は否定的な感想を持った人も多いようですが、
その一つの理由はこの強烈なあさりの個性への拒否感でしょうね!

濃いあさりだしって旨さと同時に非常に強いクセもありますしね!

また、強いあさりだしに慣れていないとこの味をあさりと解釈しきれず、
それが「魚介が弱い」と感じ取ってしまうケースも少なくないようです!

ただこのカップ麺のスープのあさりは間違いなく強烈に強いです!
香り、味ともにこれだけ強いあさりだしは過去にもおそらくないです!

また、トマトベースなのでトマトの風味もしっかりと来ますし、
玉ねぎも洋風スープとしての本格感を出すのに貢献してます!

スープの原材料は豚油、糖類、でん粉、小麦粉、あさりエキス、香辛料、
加工油脂、ポテトフレーク、トマトパウダー、玉ねぎ、香味油です!

豚油が最初に来ているというのがちょっと驚きでもありますが、
表面に油脂の層などができることはなく、おそらくこの豚油は
スープと乳化してコクの下支えに徹しているという感じです!

なので、前面に出てくるのはあくまでトマトとあさりですね!(●・ω・)

また小麦粉やポテトフレークによってとろみもそこそこついてます!
クラムチャウダーですから、やはり多少のとろみは必要ですしね!

麺はかなり細めの油揚げ麺で少しプリッとした食感があります!
カップヌードルの麺と比べてもかなり主張が控えめですね!

スープと比較すると明らかに麺が負けてしまっていますが、
スープの持ち上げる役割という点ではいい仕事をしています!

とろみのあるスープに主張が控えめの麺が合わさるのですから、
スープはこれでもかという具合に絡み倒してきますからね!

なので、この強い貝だしにハマってしまった人であれば、
この控えめな存在の麺も逆に好感が持ててしまうでしょう!

麺の量は大盛りの85gで、カロリーは506kcalです!
脂質は20.8gで、体感的な油脂感に比べるとやや高めです!

具はキャベツ、ポテト、ベーコン、貝柱となっています!

どの具もスープとの相性は良く、その点では満足度は高いですね!

貝柱に関してはもう少し入っていて欲しいとも思いましたが、
スープにかかったコストを考えればやむなしではあります!

この時点では主役であるあさりは具として入ってないですが、
今は「パスタスタイル」で乾燥具のあさりが使われているので、
今後もしこの路線のカップ麺が出たらあさりも入るかもですね!

今回はとにもかくにも強烈なあさり風味、これに尽きますね!(=゚ω゚)

正直なところ、ここまで強気に攻めてくるとは思いませんでした!

強い貝だしの主張が苦手な人は絶対に避けたほうがいいですが、
自分のようにあさりだしが好きな人は完全にドンピシャでした!

もう発売から2ヶ月経っているので見つけにくいかもしれませんが、
強い貝だしに興味があるなら今から探して買っても損はないでしょう!

自分としてもまた見かけたら買ってしまうこと間違いなしです!

あさりだしにドップリと浸からせてくれた見事なカップ麺でした!(゚x/)モキリリリッ
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.