麺屋 和人 和人らーめん

天王寺駅近くに7月23日できた「麺屋 和人」に行ってきました!
お店の名前は「かずと」ではなく「わびと」と読みます!

製麺機メーカーである「大和製作所」が運営している
7日間のラーメン学校で学んだ経歴も持っているようです!

そういったこともあって、麺はもちろん自家製麺となってます!

天王寺駅の周辺にはラーメン屋の数こそけっこうありますが、
その一方で注目度の高い個人運営のお店は少なかったりします!

そこに風穴を開ける存在になるかどうかが気になるところですね!

天王寺駅から四天王寺方面に向かう北側の出口から出てすぐ右に曲がり、
大通りではないほうの裏道ぽい道路を150mほど進んだところにあります!

天王寺駅の近くということでかなり立地がいいと思っていたのですが、
大通りの裏の人通りが少ない道なので気付く人は案外少ないかもです!

そこにお店があることに気付く人が増えるかどうかも鍵になりそうですね!
駅からの距離という点ではかなり有利であることは間違いないですので!(*゚ー゚)

自分は毎年お盆の時期に四天王寺の「万灯供養法要」に行くのですが、
今回はその流れで8月15日にこちらのお店に訪問する形になりました!

さすがに特殊な時期ということで客は自分しかいませんでしたが;
この時期だと休みのお店も多いので営業してくれて助かりましたね!

さて、こちらのお店のメニュー構成は次のようになっています!

[麺メニュー]
和人らーめん 800円
(中太麺、背脂魚介スープ、鶏チャーシュー塩、鶏チャーシューたれ)
あっさり醤油らーめん 750円
(細麺、魚介スープ、鶏チャーシュー塩)
油そば 800円
(太麺、魚介醤油)

※麺大盛は無料

[トッピング]
鶏チャーシュー増(塩) 180円
鶏チャーシュー増(たれ) 180円
白髪ねぎ増 100円
青ねぎ増 60円
温泉卵 80円  ※味玉ではなく本当に温泉卵

[セットメニュー]
手作りギョーザ(4個)+白ごはん(中) +300円
ミニチャーシュー丼 +350円
白ごはん 中 150円、大 200円

[一品]
手作りギョーザ(6個) 320円
ピリ辛手作りギョーザ(6個) 320円
チャーシュー丼 540円
チャーシュー盛(塩・たれ) 450円

※基本の飲み物は水ではなく、黒ウーロン茶が用意されています

今回は基本の「和人らーめん」を麺大盛にして注文しました!
大盛が基本の自分としては無料で大盛にできるのはありがたいですね!

このあたりは自家製麺に自信がある表れでもあるのかなと思います!(●・ω・)

麺屋 和人 和人らーめん

デフォルトの状態でありながらかなり豪華なビジュアルですね!
でもって、かなりすっきり系の路線であることが想像できます!

トッピングは手前左が鶏チャーシュー(たれ)、右が鶏チャーシュー(塩)、
左奥が味玉、右奥がカットした穂先メンマ、奥中央に海苔が乗っています!

そして中央には鶏節が乗り、その下にはやや多めにねぎがあります!

最近は鶏節を使ったラーメンを見かける機会も増えてきましたね!

まずはスープですが・・・ほう、これはかなり優しいスープですね!(`・ω・)+

「背脂魚介」とあるので、背脂が振られているのかと思いきや、
背脂から取った液体の油をかけるというスタイルのようです!

すなわち背脂の持つ甘みのあるコクだけを利用しているともいえ、
徹底的にジャンクさを排除することを狙ったスープとも言えます!

ベースのスープは魚介や昆布で、それもガツンと主張するのではなく、
じんわりと深みのある旨味を広げていくような使われ方をしています!

また醤油ダレも淡口醤油ベースで、写真よりも実際は色は薄めですし、
醤油のキレを立たせる感じではなく、カドのない丸みのある風味です!

背脂や鶏節をはじめ、動物系の要素ももちろん使われてはいますが、
主役は魚介で、それだけでは足りない部分を動物系が補う感じです!

ガンガン攻めるタイプとは対極なのでそれを求める人からは外れますが、
旨味は決して弱いことはなく、じんわり系ながらもしっかりとしています!

見た目からも優しいスープであることはおおよそ連想はされましたが、
それ以上にじわりと広がる旨味に特化したようなスープでしたね!

麺は断面が丸めの中太麺で、噛んだときにむきゅっとした食感と
噛み切るときにプリンと弾ける質感を楽しめるものとなっています!

スープの優しさに比べるとやや太めの麺がチョイスされていますが、
スープに勝ってるというほどでもなく、バランスもけっこういいです!

麺単体でもおいしいので、大盛にしても飽きが来ずに食べられますね!(*゚◇゚)

そしてトッピングですが、豚系が使われないのは珍しいですね!

塩の鶏チャーシューはレモンの風味を効かせてさっぱりと仕上げ、
たれの鶏チャーシューはやや甘めの醤油ダレで味付けされています!

たれのほうは単体だともう少し甘さが控えめでもいい気もしますが、
さっぱり系の塩との対比で考えるとほのかな甘さが逆に光ります!

おそらくそのあたりを考慮したうえでの味付けになってるのでしょう!

どちらも脂は極めて少なく、肉質もやわらかで食べやすいです!
このチャーシューもラーメン全体の繊細な路線と合致していますね!

標準で2枚ずつ入っているので、食べごたえという点でも十分です!

面白いのは穂先メンマをあえてカットして乗せている点ですね!

穂先メンマって大抵は広げるようにしてトッピングされますが、
そのビジュアルよりも食べやすさを優先されているのでしょう!

また、こちらのお店ではお客さんごとに無料のキムチも提供されます!
容器から自分で取り出して食べる方式なので食べたい分だけ食べられます!

大阪では昔からキムチが無料で食べられるお店が多かったりしますが、
こちらのキムチはそういうお店のものよりもおいしさは数段上ですね!

水っぽさがなく旨味も強い本格派の内容で、白ごはんにも合いそうです!

一方でそれなりに味の主張が強いので、辛さに弱い人などが食べると、
繊細なラーメンの味がわかりにくくなる効果もあるかもしれませんが!(=゚ω゚)

あっさりとした清湯系ラーメンを出すお店はたくさんありますが、
ここまで全体で徹底して優しさを指向しているのは珍しいです!

そのためインパクト重視の人には物足りない可能性もありますが、
十分な深みを備えているので清湯好きなら行く価値はありますね!

ちなみにお店を出るときに店員さんが外まで出て挨拶をしてくれます!

これだけ優しい方向性となると、逆に油そばが気になりますね!
油そばというと基本的には優しさとは対極にあるものですからね!

場所的にも行きやすいので、このお店も何度か訪問しようと思います!(゚x/)モキュン

お店の住所と地図 大阪府大阪市天王寺区悲田院町8-11

[今週の1曲]
今週は主に80年代に活躍したイギリスのニューウェイブバンド
Tears for Fearsの1985年の2ndアルバム"Songs from the Big Chair"から、
シングルとしてリリースされた"Everybody Wants to Rule the World"です!

アメリカ、カナダ、ニュージーランドの3ヶ国で1位を獲得し、
イギリスやオーストラリアでも2位を記録している曲で、
"Shout"と並ぶ彼らの最大の代表曲の一つとなっています!

"Shout"ほどではないものの、日本でも知ってる人はけっこういそうです!
ちょっと前にイオンに行ったときにこの曲がかかっていましたし!

クールな暗さを持ったニューウェイブ系サウンドながら
オーガニックな感覚も持ち合わせているのが彼らの特徴ですが、
この曲は当時の彼らの中では比較的明るい曲調となっています。

しかしながら、「誰もがこの世界を支配したがってる」という
タイトルからも見えるように、人間の心の負の部分を
浮かび上がらせるようなテーマを持った曲でもあります。

"rule the world"なんていう言葉の選び方も実に上手いですね。

こういったテーマの置き方は"Shout"などでも見られますし、
80年代中期の彼らの大きな特徴の一つにもなっていますね。

Tears for Fears - Everybody Wants to Rule the World (1985) [New Wave]
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

コメント

 
天王寺駅界隈、あまりいいラーメン屋無いですよね〜。飯と心7は歩くとちょっと遠いけど、1駅間を電車乗るのもな〜て感じで。
デフォのチャーシューが鶏のみ、てのは珍しいですね。
けっこう好きなタイプのラーメンぽいので興味あります。
ただ確かにこのラーメンにキムチは合うのかな?とは思いますが。
びーだま人さん、こんばんは!

そうなんですよね!
どうしても天王寺駅近くでラーメンを食べたいときに、
お店の数の割りに選択肢が少なくていつも迷います;

このお店のおかげで有力が選択肢が一つ生まれましたが!

このお店の場合、トッピングでも豚チャーシューはなく、
まぜそばの肉も開店直後の豚チャーシューから炒めひき肉に変わってるようで、
豚チャーシューはチャーシュー丼のみかもしれないですね!

もしかするとそこも変わってるかもしれないですが!(=゚ω゚)

キムチは白ごはんやギョーザなどと一緒に食べたり、
油そばに投入するのが一番合うかもですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
濃い味やインパクト攻めが主流の中
このような姿勢は非常に珍しいですね!

しかも油そばも提供しているとは…
イメージとのギャップが気になります。

キムチは少し賛否両論ありそうですね(苦笑)

「曲」今回も楽しませてもらいました!
takaさん、こんばんは!

大阪には優しい正統派系のラーメンも意外に多いですが、
ここまでそこに特化したお店はやはり珍しいですね!

動物系の要素自体が少なめの魚介メインのだしですし、
チャーシューまで豚よりも脂肪分の少ない鶏だったりと、
かなり徹底して優しい路線を狙ってきてますしね!(●・ω・)

キムチは味そのものはすごくいいのですよね!
無料のキムチとは思えないクオリティがありますし!

ただラーメンが優しくてキムチがしっかり味という、
そのギャップゆえに食べるタイミングが難しいです;

自分はラーメンを食べ終わった後につまんだりしました!

>「曲」今回も楽しませてもらいました!

今回もありがとうございます!

聴いてくれている人が1人でもいるとわかると、
それだけで大きなモチベーションになります!(`・ω・´)

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.