蔦の葉 鴨だし醤油らーめん(カップ版)

明星から発売された「蔦の葉 鴨だし醤油らーめん」を食べました!
「蔦の葉」は「Japanese Soba Noodles 蔦」の2号店にあたります!

今回カップ麺化された鴨のラーメンはお店にもあるようです!

蔦の葉 鴨だし醤油らーめん(カップ版)

それにしてもずいぶんとかわいらしいデザインのカップ麺ですね!
トートバッグのデザインにも応用できそうなフォントですね!

蔦の葉 鴨だし醤油らーめん(カップ版)(できあがり)

後入れの液体スープを入れてまぜると完成となります!

まずはスープですが・・・おっ、バランスのいいスープですね!(*゚◇゚)

鴨が使われるラーメンというとタレの甘みがやや強めで、
鴨系の和風そばに通じる味になっていることが多いですが、
このラーメンに関してはそういった要素はほぼないですね!

基本的には鴨と鶏による動物系の風味によってベースを固め、
そこにラードを加えることによってより厚みを加えたうえで、
魚介によって旨味を重ねるという現代的な正統派路線です!

それぞれのバランスの取り方が上手いのはもちろんのこと、
鴨が軸になることで普通の鶏+魚介系のスープとは違った
風味の深さがあり、それが独自性を発揮してくれてますね!

前半はある程度ラードのコクが前面に出てくるのですが、
それが薄れてくると鴨の存在感がじわりと引き立ってきて、
鴨ならではのギュッと凝縮したような風味が感じられます!(*゚ー゚)

スープの原材料はデキストリン、しょうゆ、食塩、ラード、糖類、香味調味料、
合鴨エキス、鶏肉エキス、かつおエキス、香辛料、発酵調味料などとなっています!

デキストリンが最初に来てますがとろみは特にないです!

麺はかなり細めで断面の丸いノンフライ麺となっています!

明星の縦型向けらしい低加水を思わせる歯切れのいい麺で、
ポソポソとした食感と風味の良さを感じることができます!

実際のお店の麺がどのようなものかはわかりませんが、
ラーメンの写真を見た限りでは低加水寄りっぽいので、
そこそこ近い方向性の麺になっていると思われます!

食べてみた感じとしてもスープともよく合ってましたし、
最近はすっきり系スープ+低加水麺も定着していますね!(=゚ω゚)

麺の量は65gで、カロリーは321kcalとなっています!
脂質は7.4gで、ノンフライ麺ということもあって控えめです!

具は鶏だんご、ねぎ、玉ねぎという組み合わせです!

鶏だんごは味、ふわりとした食感ともにレベルが高く、
スープとなじんで全体の一体感も高めてくれています!

鶏だんごのおかげでこのラーメンの個性もより際立ってますね!

そして意外に面白いのが玉ねぎで、具というよりは
ねぎと並んで薬味としての役割のほうが強いです!

ねぎよりもやや辛味が立ち、噛むと独特の風味が出て、
ねぎだけでは出ないいい鋭さを与えてくれていますね!

ベースとなる動物系、油脂、魚介のどれもバランスが良く、
正統派としての質の高さを見せながら鴨で個性を出すなど、
縦型とは思えないまとまりの良さを見せてくれる内容です!

具も整ってますし、派手さはないもののよくできてますね!

どんな人でも安心して手に取れる内容の濃い仕上がりでした!(゚x/)モキュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
最近は貝出汁が多いなー、と思ったら、
今度は各社から鴨系が目立ってきたり…
絶対に何かしら照らし合わせてますよねw

> 鴨が使われるラーメンというとタレの甘みがやや強めで、
> 鴨系の和風そばに通じる味になっていることが多いですが、
完全にそんな感じのスープを想像していました…!

和風つゆよりなテイストではなく、
がっつりラーメンスープみたいですね。

そこに明星食品の低加水麺ということで、
かなり期待できそうな内容じゃないですか。

少なくとも自分は素直にハマれそうな予感です!
takaさん、こんにちは!

鴨系で正統派中華そば路線は珍しいですよね!(=゚ω゚)

自分も食べる前は甘めなのかと思っていたら、
甘さはそれほどでもなく正統派鶏がら魚介の路線をベースに
鴨を旨味を生かしたスタイルで少し驚きました!

魚介の効かせ方も和だし的なものとは違い、
あくまで中華そばのWスープ的なものでしたし、
これまでの鴨系醤油とは違う魅力が楽しめると思います!(●・ω・)

でもって、明星自慢のノンフライ低加水麺もなかなかいいので、
低加水+清湯好きのtakaさんにはオススメできそうですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.