元祖長浜屋協力 豚骨ラーメン

マルタイの「元祖長浜屋協力 豚骨ラーメン」を食べました!
主にコンビニ向けに販売されている大盛系のカップ麺ですね!

元祖長浜屋協力 豚骨ラーメン

博多系豚骨ということで、90秒湯戻しの麺となっています!

長浜ラーメンというと豚骨の中でも比較的すっきりとしていて、
それでいながら豚骨の旨味を湛えているのが大きな特徴ですが、
そんな長浜ラーメンの良さを感じられる内容を期待したいですね!

元祖長浜屋協力 豚骨ラーメン(できあがり)

内容物はかやく、液体スープ、ごま、紅生姜となっています!
ごまと紅生姜は後入れで、紅生姜は生タイプとなっています!

まずはスープですが・・・おっと、これはかなりワイルドですね!(●・ω・)

長浜系豚骨というとすっきりとしている印象が強かったのですが、
とにかくびっくりするほどに豚脂がガンガンに攻めてきます!

ベースの豚骨スープよりもとにかく豚脂が前面に出てますね!
これまで油脂を強烈に押し込んでくるタイプなのは意外でした!

そこに強めの油揚げ麺の香りもやってくるためすっきり感はなく、
口の中で豚脂と油揚げ麺の2つの要素がひたすら暴れ倒す感じです!

ベースの豚骨はもちろんタレの主張すら後ろに下がるほどです!
食べていても塩分濃度が高いのか低いのかよくわからなかったですし;

油脂が多いと麺をマスクしますし、麺の風味のほうも強いので、
タレの風味があまり舌のほうに乗ってこなかったのですよね!

まぁ、これはこれでワイルド系豚骨としてアリではありますが!

麺を食べ終わる頃には表面の油脂もずいぶんと減ってきますが、
そうすると意外と素直な長浜系豚骨の味が顔を出してきます!

もうちょっと途中の段階で出てきてほしかったとも思いましたが!(゚◇゚)

スープの原材料はポークオイル、ポークエキス、しょうゆ、
食塩、香辛料、砂糖、香味油、ごま油となっています!

ポークオイルに香味油にごま油と油脂の比重が高いのがわかります!

麺はそこそこ細めで、湯戻し時間も90秒とかなり早めです!

それゆえ食べ始めはそこそこ硬めの食感となっていますが、
けっこう速く食感がゆるくなりやすいという感もあります!

また、油揚げ麺臭がかなり強めなのも特徴の一つですね!

それはそれでスープによってはそこまで影響もないのですが、
今回のように油脂が強いスープにこの麺が合わさってしまうと、
油脂のダブルパンチになってジャンクさが格段に上がります!

ジャンクさをとことん楽しみたいならそれもアリではありますが!(=゚ω゚)

麺の量は大盛の88gで、カロリーは593kcalと高めです!
さらに油脂は34.0gとかなりの数字をたたき出しています!

この数字については大量のごまも影響していそうですが!

具と薬味は豚肉、ごま、ねぎ、紅生姜となっています!

豚肉は量も多めで、食感・風味ともにリアルでおいしいですね!
このあたりはコンビニ向けカップ麺らしい高級感があります!

ねぎは豚骨ラーメンとは特に相性が良く、ごまもいいのですが、
スープの油脂が強くてやや蛇足になってたのは少し残念ですね!

紅生姜はオイリーなスープの中での一服の清涼剤という感じで、
入ってくれていたおかげで重さがいくぶん緩和されていましたね!

どうも実際のお店はそこまで油脂感が強いわけでもなさそうなので、
どうしてここまでオイリーに仕上げたのか謎な部分はありますね!

麺の風味と油脂感の調整次第で印象も大きく変わりそうですが、
今のところは油脂攻めが大好きな人向けといった感じですね!(゚x/)モキュルー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
このカップ麺って結構前から売ってますよね?

実は前々から気になってるんですけど、
何故か食べたことのないカップ麺なんですよ。
しょっちゅうコンビニで見かけるのに、なぜか(笑)

おそらく “長浜” という文字から
あっさり系のクセ無し豚骨をイメージしていたので
それが先延ばしになっていた理由だと思うんですけど
かなりワイルドな豚骨スープということで驚きました!

(あっさり系の長浜豚骨ラーメンも大好きですよ!)

豚脂がガンガンに攻めてくるなんて…まさに自分好みw
ただ、カップ麺のバランスとしては人を選びそうですね。

でもレビューを見て無性に食べたくなりました…!
見かけたら今度こそ買って食べてみたいと思います!

でもこうやって意気込むと何故か
急に見かけなくなるんですよね…w
takaさん、こんばんは!

このカップ麺はけっこう前から売ってますね!(=゚ω゚)

食べたのもそこそこ前ですし、今も販売されてるので、
おそらくは常時販売化された商品でもあるのでしょうね!

自分も買ったときはもっとすっきり系かと思いきや、
油脂と油揚げ麺が口の中で殴り合いを始めるような
驚くほどに攻撃的な仕上がりでびっくりしました;

麺を食べ終わるまで油脂のジャンク感が暴れ倒して、
最後にスープを飲むときにやっと長浜らしさが出てきて、
「なんだこの祭りの後みたいな感じは」と思ったりもしました!(笑

ちなみに近所のイズミヤではいつも棚に並んでいます!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.