なだ万監修 和だしの麺 蟹だし味噌

続けて「なだ万監修 和だしの麺 蟹だし味噌」を食べました!
なだ万監修 和だしの麺 しじみだし醤油」との同時発売商品です!

なだ万監修 和だしの麺 蟹だし味噌

かにと味噌というと、海鮮たっぷりの味噌汁が連想されますね!
いかにも相性の良さそうな組み合わせという感じがしてきます!

こちらも塩分の弱さをどう補っているかが気になるところですね!(*゚ー゚)

なだ万監修 和だしの麺 蟹だし味噌(できあがり)

「蟹だし」ということで、かにかまぼこがゴロゴロと入ってますね!
また、こちらについてもお湯はかなり少なくして作っています!

まずはスープですが・・・うん、こちらも旨味が濃いですね!

これはお湯を少なめにしたことも功を奏しているのかもしれませんが、
しじみにはやや負けるものの、かにの旨味が想像以上にビシビシ来ます!

しじみの旨味が貝類特有の直線的でクセのあるものなのに対し、
こちらはやや香ばしくふくよかさを備えた旨味となっています!

また、しじみのほうはタレが醤油メインですっきりしていたので、
完全にしじみが単独で主役を張ったスープといった感じでしたが、
こちらは味噌の丸みがかにの旨味と調和することで厚みがあります!

旨味のわかりやすさではかによりもしじみのほうが上でしょうし、
味噌がその旨味を覆い隠すような面も出てしまうと思ったことから、
食べる前の期待値はやや低かったですがこれはかなり気に入りましたね!

作るときはぜひともお湯を少なめにしてみたほうがいいと思います!(●・ω・)

スープの原材料は味噌、糖類、魚介エキス、小麦粉、豚脂、
香辛料、食塩、昆布パウダーという組み合わせになっています!

麺は「しじみだし」のときと同じ平打ちのノンフライ麺です!

食感はやや弱めで高級感を感じさせる麺ではないですが、
スープと一体となることでその力を発揮してくれますね!

麺の量は36gと少なく、カロリーも178kcalとなっています!
脂質は5.1gで、「しじみだし」よりもちょっと高めですね!

具はかにかまぼこ、卵、わかめ、ねぎという組み合わせです!

「しじみだし」のほうは完全にねぎを軸に据えていたのに対し、
こちらはかにかまぼこということで具にも厚みがありますね!

こういった練りもの系の具が入ることで豪華さが出てますね!
かにのフェイクじゃないかと言われてしまう面もありますが!

またわかめも磯の香りを高めていてなかなか効果的でしたね!

「しじみだし」は完全にしじみ一本を主役としていましたが、
こちらはもっと総合的に盛り立てていた印象が強いですね!

そうでありながらかにだしの存在感もよく生きていましたし、
全体的な満足度としては自分はこちらのほうが上でしたね!(=゚ω゚)

ただそういった構成なだけにお湯を標準量で作ってしまうと、
目立つ部分が見えにくくなって全体が弱くなるかもなので、
思い切ってお湯を少なくするぐらいでちょうどいいと思います!

かにのお味噌汁のような旨さがしっかりと生きた仕上がりでした!(゚x/)モッキュルリ

【関連記事】
なだ万監修 和だしの麺 蟹だし味噌
なだ万監修 和だしの麺 しじみだし醤油

[今週の1曲]
今週はジミ・ヘンドリクスと並ぶヘヴィサイケの雄であり、
後のハードロックに直接的に繋がる大きな影響を与えた
Creamの1967年の代表曲"Sunshine of Your Love"を選びました!

エリック・クラプトンがいたバンドとしても有名ですね!(●・ω・)

以前にサイケの曲として"Let's Go to San Francisco"を紹介しましたが、
こちらは同じサイケにくくられることはありつつも方向性は全く違い、
ポップな質感はほぼなく、ゴリゴリのブルージーなロックとなっています!

ただ、タイトルな煙たい雰囲気からサイケらしさも強く感じられます!

Creamにとっての最も有名な曲でもあり、ロックの歴史全体での評価の高い曲で、
ローリング・ストーン誌の"500 Greatest Songs of All Time"の65位にも選ばれています!

日本ではCMで使われていた関係もあり"White Room"のほうが有名でしょうけども!

また、この曲は90年代のストーナーロックに与えた影響も見逃せません!

ストーナーというとBlack Sabbathからの影響がよく指摘されますが、
それ以上にこのCreamやBlue Cheerなどのブルージーでドラッグ臭の強い
60年代後期のヘヴィサイケからの流れが非常に顕著だったりしますからね!

なので、その系統が好きな人も見逃してはいけない存在と言えますね!(=゚ω゚)

※曲のタイトルをクリックすると歌詞ページに飛ぶことができます

Cream - Sunshine of Your Love (1967)
[Blues Rock / Psychedelic Rock / Hard Rock]
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
随分と思い切って減らしましたね(笑)

でも自分もこのカップ麺を食べた上で
思い切って減らしても問題ないと思いました!

蟹の旨味は規定の湯量だと物足りなさを感じましたが、
シジミは規定の湯量を守っても個性が感じられたので、
★の数に差はありますが、どちらも良商品だと思います。

「今週の1曲」Cream "Sunshine of Your Love"

この曲調は自分のストライクゾーンです!

ちなみにBlack Sabbathも大好きですよ。

いつか、かーとさんの今週の1曲の選曲で
Blue Oyster Cultが流れるのを期待してたりします(笑)

それでは今週も宜しくお願いします!
takaさん、こんばんは!(●・ω・)

このカップ麺は30%減塩という触れ込みだったので、
お湯も大幅に減らして大丈夫だろうと思って入れました!

それでも塩カドが弱めなのでかなりの減塩なのでしょうね!

しじみだしのほうは蟹と比べても旨味が強かったですね!
あれなら規定量で作っても満足できる旨味がありそうですし!

こちらは逆にお湯を減らすことでちょうどよくなりましたね!
バランスの良さと蟹の旨味が上手く両立してくれましたし!

塩分に関しては商品コンセプトなのでやむなしですが、
量の少なさに関してはやはり物足りなさはありましたね!

2つ食べてもカップヌードルとほぼ変わらないぐらいですし、
麺量の36gも、カップヌードルライト以上に少ないですからね!(=゚ω゚)

>今週の1曲
Black SabbathやBlue Oyster Cultもいずれ出てくる可能性アリですよ!

どちらのバンドも選びたくなる曲がたくさんあるので、
どの曲を選ぶかでまず迷ってしまいそうではありますが!

ではでは、今週もよろしゅうお願いいたします!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.