ご当地くいだおれ 麺大盛り こってり和歌山中華そば

11/9発売「ご当地くいだおれ 麺大盛り こってり和歌山中華そば」を食べました!

今週は新作カップ麺が比較的少なめの週となっていますが、
その中で最も注目していたのがこの「ご当地くいだおれ」です!

ご当地くいだおれ 麺大盛り こってり和歌山中華そば

エースコックの武器である多加水麺を使った大盛系ラーメンで、
ご当地ラーメンを再現しようとする新しいシリーズのようです!

多加水麺を用いた大盛系としては「驚愕の1.5玉」がありますが、
それをご当地系ラーメンに特化したシリーズとも言えそうです!

どれくらい和歌山ラーメンらしさが出ているかにも注目ですね!(*゚ー゚)

ご当地くいだおれ 麺大盛り こってり和歌山中華そば(できあがり)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープという組み合わせです!

まずはスープですが・・・うん、和歌山らしさはありますね!(●・ω・)

豚骨ベースのスープにやや強めの醤油ダレが加わる形で、
ごくごく軽めにとろりとした粘度を感じさせるスープです!

豚骨と醤油で比べるとやや醤油の存在感が強めのスープで、
濃厚豚骨というよりは豚骨が醤油の下支えをする感じです!

バランス的には和歌山らしい主張はきちんと持たせてますが、
実際の和歌山ラーメンは豚骨の濃度がより高めではありますし、
こちらは油脂感もかなり抑えめなので仕上がりは軽いですね!

最近のエースコックのノンフライ系ではよくあるのですが、
脂質を抑えすぎていてパンチが弱いときがあるのですよね!

これもその例にもれず、濃度や油脂感に関しては非常に軽いです!

スープの原材料は鶏・豚エキス、豚脂、しょうゆ、食塩、砂糖、発酵調味料、
ポテトパウダー、香辛料、でん粉、植物油脂、酵母エキスなどです!

ポテトパウダーはとろりとした粘度を演出するためでしょうね!
エースコックはこういった素材でとろみを出す方法をよく使いますね!

ざらつきを出すためにおからパウダーを使うのはよく知られてますし!(=゚ω゚)

麺はエースコックの強みである多加水麺が使われていますが、
今回は平打ち気味の麺になっているというのが大きな特徴です!

平打ち気味ながらももっちりとした食感が十分に感じられ、
その本格感に関してはカップ麺の中でもトップクラスです!

多加水麺ということで表面がなめらかですすり心地が良く、
スープ以上に「麺を食べるカップ麺」として成立してますね!

スープにやや物足りなさがありつつも一気に食べられるのは、
ひとえにこの多加水麺のおかげと言ってしまっていいでしょう!

ただ少し不思議なのは、和歌山ラーメンの豚骨醤油系では、
基本的に中細ストレート麺が使われることが多いのですが、
あえて平打ち麺にしたのには何か理由があるのですかね!

麺の量は大盛の90gで、カロリーは430kcalとなっています!
脂質は9.2gで、濃厚系を指向するのであれば少ないですね!

食塩は8.9gとかなり多いので、スープを全部飲むのは控えましょう;

また、それもあってやや醤油のカドを立たせた仕上がりなので、
それが苦手な場合はお湯を心なし多めに入れるといいでしょう!

トッピングはチャーシュー、メンマ、花かまぼこ、ねぎです!

チャーシューは廉価系カップ麺に入っているような薄いもので、
とりあえず肉具材も入れておいたという程度のものですね!

メンマや花かまぼこも少ないですが、味は食感はいいです!

そして意外にいい仕事をしてくれているのが多めのねぎですね!
これが麺に絡むことによっていいアクセントになってくれます!

醤油の主張のさせ方など、和歌山ラーメンらしさは出てますが、
やはりベースとなる豚骨と油脂感の弱さは気になるところです!

ここにラードが4gほど入るだけで大化けしそうなのですけどね!(*゚◇゚)

ノンフライの大盛系なのでコストとの兼ね合いもあるでしょうし、
そのあたりがスープのコクや脂質に反映されてる面はありますね!

一時期の「驚愕の1.5玉」はそこを上手く組み合わせてましたが、
最近はちょっとそのバランスが弱くなるケースが目立ちますね!

和歌山風のスープに乗せて「麺を楽しむ」感じの大盛カップ麺でした!(゚x/)モッキューリ
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.