麺の底力 濃厚魚介豚骨みそ

11/9発売「明星 麺の底力 濃厚魚介豚骨みそ」を食べました!

以前は「ラーメンの底力」というシリーズが出ていたのですが、
どうも今年の9月からこの「麺の底力」へと切り替わったようです!

後継シリーズとは書かれてないですが、そう考えてよさそうです!

麺の底力 濃厚魚介豚骨みそ

明星って同じブランドが縦型とどんぶり型の両方で出ることが多いですね!
「麺の底力」も今年の9月に出たものはどんぶり型だったようですし!

「バリカタ」シリーズなどもどんぶり型と縦型の両方がありますしね!

写し忘れましたが、後入れの調味油がふたにつけられています!(*゚◇゚)

麺の底力 濃厚魚介豚骨みそ(できあがり)

明星のノンフライ麺の縦型カップはスープが多めなのですよね!
そのため写真を撮る際に麺や具がやや沈みがちになります!

おそらく湯戻りを均一にするためにスープを多めにしてるのでしょう!

さて、まずはスープですが・・・あ、これは魚介の効きがいいですよ!(`・ω・´)

商品名には「濃厚」とありますが、濃度はそれほどではないです!

基本はカドのないほどよい味噌の風味とかつおなどの魚介の旨味で、
とりわけ後入れ調味油から広がる香ばしい魚介の香りが生きています!

なので、後入れ調味油は油脂感や濃厚さを強めるというよりは、
魚介の旨味と節系の香ばしさを与える効果のほうが強いです!

これがよくある豚骨味噌系スープと一味違った個性につながってます!

そしてベースである豚骨は単体で強く主張するものではなくて、
全体を丸くまとめるためにほどよいまろやかさを与えてくれます!

これによって鋭い印象にならず、丸みのある風味となっています!

また底のほうには胡椒などが見え、これが軽く刺激を加えてくれます!

スープの原材料はみそ、デキストリン、ラード、糖類、ポークエキス、
食塩、ビーフエキス、香辛料、香味油、乳等を主要原料とする食品、
鶏肉エキス、かつおぶし粉末、さばぶし粉末、にぼし粉末などです!

こうして見ると、かなり複雑なスープの構成になっていますね!

ビーフエキスが入っているというのがかなり目を引きますし、
さらにまろやかさを出すために乳製品系も使われています!

乳製品に関してはあくまで隠し味といったところですが!

後半の3つを見るに魚介はエキスではなく粉末が使われていて、
これがリアルで香ばしい魚介感の演出に繋がっていたようです!

調味油のほうにも一定の魚粉が使われていたと見られます!
しぼり出すときに調味油に細かな粉末が見られましたしね!(●・ω・)

麺は中太のノンフライ麺で、食感はやや低加水寄りのものです!

少しポソッとした食感で、小麦の風味がけっこう強く感じられ、
それと同時に弾力も感じさせる縦型としてはなかなかの麺です!

縦型カップでノンフライ麺を使うのは明星と日清ぐらいなので、
明星にとっての大きなアドバンテージの一つになってますね!

日清のほうは低カロリー系の商品ぐらいでしか使わないですし!

やはりどんぶり型に使われる麺には劣るところはありますが、
ノンフライ麺であるで縦型特有のスナック的な感覚が抑えられ、
本格派らしい雰囲気を表現する点でも功を奏していますね!

でもって、この麺は香りがいいのでそこもポイントが高いです!

味噌ラーメンはもう少し多加水系の麺が望まれることが多いですが、
今回のスープは低加水寄りの食感の麺でも上手くハマってますね!(=゚ω゚)

麺の量は65gで、カロリーは357kcalとなっています!
脂質は9.4gで、ノンフライ麺なのを考えると標準的ですね!

具は鶏・豚ひき肉、卵、ねぎという組み合わせになっています!

ねぎもちゃんと本格感もあるもので、卵も風味がやわらかく、
ひき肉も量が多めなので、具としての満足度もなかなかです!

ひき肉は豚よりはやや鶏の風味が強めに感じられるタイプです!
肉質はきめが細かい感じで、食感はけっこうふんわりしてます!

実のところ食べる前はそれほど期待はしてなかったのですが、
味噌の主張を立てながらも軽めの豚骨でそのとがりを抑えて、
さらに魚介の香ばしさやその旨味の引き出し方が実に秀逸で、
思っていた以上に満足させてくれる仕上がりになってましたね!

誰でも安心して食べることができる優等生な魚介豚骨味噌でした!(゚x/)モキーヌ

【関連記事】
麺の底力 濃厚魚介豚骨みそ
ラーメンの底力 バリカタ極細麺と濃厚とんこつ(2013年)
ラーメンの底力 バリカタ極細麺と濃厚とんこつ(2012年)
ラーメンの底力 極細バリカタ麺ととろり濃厚とんこつ
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
やはり「麺の底力」にシフトしたようですね。

本格さを追求しているブランドなので
どんぶり型を自分は求めていたのですが
「ラーメンの底力」の時にタテ型版が出て
それが意外とハマっていたのを覚えています!

「麺の底力」というブランド名に変わったので
どんぶり型で本気を見せて欲しいところですけど
このブランドはカップを問わず展開できそうですね!

きちんとトータルのバランスも整っているようですし、
それでいて複雑なスープの構成にも興味をそそられます。

もちろん低加水寄りのノンフライ麺にも!
takaさん、こんばんは!

「麺の底力」も「バリカタ」も内容はどんぶり型のほうが良く、
できればどんぶり型メインで展開してほしいとは思うのですが、
明星としては核となるブランドを少なめに絞り込んだうえで、
それを双方で展開するという手法をこのところ採用してますね!

これはこれでブランド力を利用できる利点があるのでしょうね!(●・ω・)

「ラーメンの底力」のときはほとんど食べてなかったですが、
今回の縦型を見るに、縦型カップでも内容はなかなかいいですね!

縦型カップでノンフライ麺を広く扱ってるのは明星ぐらいですし、
そのアドバンテージを上手く生かしているなぁという印象でした!

でもって、魚介の効かせ方がちょうどいいバランスでしたし!

これならこのブランドの縦型には今後も期待できそうですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.