そば 俺のだし監修 俺のラー油肉そば

11/30発売「そば 俺のだし監修 俺のラー油肉そば」を食べました!
「俺の○○」系の一つである「そば 俺のだし」の監修商品です!

そば 俺のだし監修 俺のラー油肉そば

先に「どん兵衛」を紹介したのはこの商品との関連なのですよね!
和だし+ラー油という組み合わせがものの見事に共通してますので!

自分としてはどん兵衛の鴨系和風だし+ラー油が気に入ったので、
近い路線であるこのカップ麺への期待も自ずと高まってきます!

それはハードルがやや上がってしまうということでもありますが!(゚◇゚)

そば 俺のだし監修 俺のラー油肉そば(内容物)

鶏肉とねぎ以外に緑色の揚げ玉が入ってるのが面白いですね!

鶏肉がこれだけ入るということは、おだしも鶏系が強そうですし、
やはりこちらも動物系和風だし+ラー油となってるようですね!

そば 俺のだし監修 俺のラー油肉そば(できあがり)

後入れの調味油(ラー油)を仕上げにかけると完成となります!

まずはおだしですが・・・ラー油の主張が強いですね!(●・ω・)

ラー油の主張に関しては明らかに「どん兵衛」よりも強いです!

ラー油による油脂感も強めですし、何よりその風味が強いです!

辛さに関してはあくまでほどほどといったレベルではありますが、
唐辛子特有の香ばしさと刺激が同居した風味がかなり主張します!

辛さ以上に唐辛子の風味を立てているのは珍しいですね!

ただ、そのラー油の主張ゆえにおだしがやや後ろに回りがちで、
おだしの個性が前に出にくくなっている側面は否めません!

おだしは鶏の風味の効いた和風だしで東京のお店らしく色は濃く、
醤油の存在感も強めながらも甘めなのでカドはあまりありません!

甘めのおだし+ラー油という点はどん兵衛と共通していますね!
やはりこの組み合わせがラー油には基本になるのでしょう!(=゚ω゚)

おだしの原材料は糖類、食塩、デキストリン、ラード、しょうゆ、
鶏肉エキス、チキンオイル、かつおエキス、香味油、香味調味料、
かつおぶし粉末、ビーフエキス、リンゴ食物繊維となっています!

ビーフエキスやリンゴ食物繊維はかなり珍しい存在ですね!
また鶏エキスではなく「鶏肉」エキスなのも目を引きます!

麺はかなり色が濃く、縮れが強めについた油揚げ麺のそばです!
数あるカップそばの中でもとりわけ色が濃いと言っていいです!

それゆえにそばの香りも強めになっているのですが、
同時に油揚げ麺の香りも強いのが弱点となっています;

また、カップの下のほうの麺が油を吸いすぎているためか、
規定の湯戻し時間になってもごわごわとしているのですよね!

先におだしがラー油にややマスクされていると書きましたが、
それ以上にこの麺もおだしをけっこうかき消していますね!

どん兵衛のそばに見られるつるつる感とはあえて正反対の
わしわしとした食感とそばの香りを重視した路線は個性的で
上手くハマれば面白くなったのではないかと思うのですが、
油揚げ麺の香りでアンバランスになった感はありますね!(*゚ー゚)

麺の量は75gで、カロリーは431kcalとなっています!
脂質は18.4gで、麺量を考えると標準的と言えそうです!

具は鶏肉、あおさ入り揚げ玉、ねぎ、ごまとなっています!

鶏肉はあえてほぐされているので一つ一つは小さめですが、
鶏らしさはしっかりとあり、量もあるので満足度は高いです!

揚げ玉は噛むとあおさの風味がかなり強めに広がるなど、
その個性の強さは具の中でもとりわけ光っていますね!

ただラー油、麺の風味、揚げ玉と押しの要素ばかりが目立ち、
押し引きの妙があまりないので単体で見ると面白い要素も
トータルとして見ると重さが目立つといったきらいがあります!

押し重視だからこそ「俺の○○」なのかもしれませんが!

甘めのおだしに唐辛子の風味が強めのラー油、あおさの風味、
香りを立てたそばと、一つ一つは工夫が凝らされているのに、
合わせてみるとおだしの存在感が後ろに下がってしまうなど、
調和という点では「どん兵衛」には遥かに及ばない印象でした!

「どん兵衛」はラー油によって鴨だしが打ち消されるどころか、
逆に鴨だしの持つ良さを引き立てる方向に向いてましたからね!

なかなかたし算どおりには行かないのだなぁと思った一杯でした!(゚x/)モッキー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
“辣油+和蕎麦” と言えば・・・

「マルちゃん ラー油入り肉そば」
「マルちゃん 本気盛(マジモリ) ラー油肉そば」

この2品が記憶に新しいですね!
「本気盛」は手違いで食べ損なってしまいましたが(苦笑)

こちらは辣油の主張が顕著だったようですが
唐辛子特有の芳ばしさや風味が強いということで
これはもう唐辛子好きとしては非常に好印象です!

無条件に評価を上げないよう気を付けなければ…w

“かえし” が甘めの濃口醤油ベースで
そこに辣油の刺激を加えるという組み合わせは
「マルちゃん ラー油入り肉そば」とも似てますね!

鶏の旨味という点は大きく違いますが!

それに “鶏肉” エキスにビーフエキスまで入っていて
リンゴ食物繊維という見慣れない原材料が興味深い(笑)

でも肝心の蕎麦が微妙でしたか…

それぞれの要素が精巧なだけに、
調和がとれていないのはイタイですね;;
takaさん、こんにちは!

マルちゃんの二つの商品はどちらも食べてないですね;
もともとラー油系商品をあまり食べないためでもありますが;

「どん兵衛」が鴨を生かしつつバランス重視だったのに対し、
こちらはラー油や唐辛子特有の風味を前面に出してましたね!

それゆえにバランス感では明らかに「どん兵衛」が優位なのですが、
唐辛子の風味の立ち具合を求めるならハマるかもしれませんね!

攻めの要素が強いのはおそらく意図的だろうと思いますし!(=゚ω゚)

つゆは甘めながらも醤油が強いのでそこも鍵になるかもですが!

自分の場合、和風だしに油揚げ麺臭が強く出るのにやや弱いので、
そのあたりはある程度は差し引いたほうがいいかもしれませんね!

あとは全体が攻め一辺倒な点をどう感じるかも大きそうです!

ではでは、コメントありがとうございましたっ!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.