新王道の一杯 特製中華そば

12/28発売のエースコック「新王道の一杯 特製中華そば」を食べました!
まさかこの週に新しいブランドを投入してくるとは思いませんでしたね!

今週の新作は各社合わせてこれを含む2商品しかないですし、
もう一つはコンビニではあまり見かけないタイプなので、
いち早く紹介できるのはおそらくこれだけになりそうです!(*゚ー゚)

新王道の一杯 特製中華そば

鰹が効いて王道というと、鶏がら+魚介のWスープ系っぽいですね!

王道系のスープというと仕上がりが優しくなりすぎることもありますが、
そのあたりのバランスをどう調整しているかがポイントにもなりそうです!

新王道の一杯 特製中華そば(内容物)

内容物はかやく、後入れ粉末スープ、液体スープとなっています!
ノンフライ麺のカップ麺としてはオーソドックスな構成と言えますね!

今回はエースコックが得意とする多加水麺とはうたわれてないですが、
お湯を入れる前の香りは「もちもっち多加水麺」に非常に近いですね!

新王道の一杯 特製中華そば(できあがり)

ねぎも本当は先入れなのですが、見た目も考えて後入れにしました!
それにしても、そのビジュアルからして王道といった感じがしますね!

まずはスープですが・・・おっ、これは非常によくできてますね!(●・ω・)

口に含んだ瞬間にまずやってくるのは鶏油によるふくよかなコクです!

ベースの鶏のスープの思っていた以上にしっかりしていて弱さはなく、
それを追いかけるようにしてカツオの旨味が一気に上がってきます!

ここに昆布や椎茸などの和風の旨味などを合わせられてはいますが、
それぞれが単体で目立つというよりは、この2つはカツオの旨味と
合わさることで相乗効果を見せるために入っているといった感じです!

なので、主役となっているのは鶏とカツオの2つと言っていいでしょう!

でもって、その旨味の相乗効果がいい具合に効いているのですよね!
カツオだけでは出し切れないふくよかさを上手く演出しています!

食べる前はもっと大人しさのあるスープのなるのかと思っていましたが、
あっさりとした中にも骨の太いコクと旨さをきっちりと感じ取れます!

また、魚介のメインがカツオであることもいい効果を挙げていますね!

ラーメンに合わせる魚介というと煮干やさば節などの魚介の中でも
力強さを感じさせる旨味を持った素材が使われることが多いですが、
こちらはカツオを使うことで旨味にやわらかい広がりがあるのですよね!

これが従来のWスープ系のラーメンとは違った個性を生み出していて、
このラーメンならではの良さというものを上手く確立しています!(*゚◇゚)

スープの原材料はしょうゆ、鶏・豚エキス、鶏油、植物油脂、豚脂、
糖類、食塩、魚介エキス、でん粉、酵母エキス、香辛料、オニオンパウダー、
コンブエキス、シイタケエキスといった組み合わせになっています!

原材料表示では魚介に関してはエキス以外は書かれていませんが、
実際にはカツオの粉末なども多少加えられていると思われます!

スープを飲んだときに底に魚介の細かい破片が少しありましたので!

麺はかなり細めで縮れがほとんどノンフライ麺となっています!
これだけ細めで自然な質感の麺はエースコックでは初かもですね!

それでいて食感はエースコックの多加水麺らしいもっちり感があり、
「この麺でこれだけの弾力があるのか」と思わせる力があります!

細いので時間経過による食感のゆるみは多少速くはありますが、
それもネガティブな印象にはならず、ほぼ縮れがないことによる
なめらかな表面の質感といい、かなり高い水準の麺と言えます!

今のエースコックの技術力の高さがしっかりと伝わってきますね!(`・ω・´)

麺の量は60gで、カロリーは331kcalとけっこう低めです!

脂質は9.4gと少なめですが、油脂感が弱すぎることはなく、
この量でありながら鶏油のコクなどは十分に堪能できます!

具はチャーシュー、メンマ、ねぎというシンプルな構成です!

チャーシューはごく普通のカップ麺向けの薄いものとなっていて、
メンマもエースコックにしてはやや強さに欠けるところがあります!

ねぎはたくさん入っていますが、ちょっと多すぎる気もしますね!

というのも、ねぎの風味が多少スープにも影響を出すのですが、
それが必ずしもプラスの変化を加えている感じでもなかったので、
ねぎの量は逆にもっと控えめにしても良かったように思いました!

むしろこのスープと麺なら、具なしでも良かったかもしれませんね!
スープと麺だけで十分に勝負できるだけのものがありましたので!(●・ω・)

ほんの少量の白髪ねぎとメンマぐらいがベストだったかもです!

麺・スープともに思っていた以上にレベルの高い仕上がりで、
エースコックの本気が十分すぎるほど伝わってくる内容でした!

「2015年のエースコックにとっての集大成」と呼びたくなるような一杯で、
今作ることができる最大限の麺とスープをそのまま落とし込んだかのような
実直に作られた内容には今年のラストを飾るにふさわしいものがありました!

どうしてこんな時期に新ブランドを出したのだろうとも思いましたが、
エースコックの側にもそういった狙いがあったのかもしれませんね!

今後のこのブランドの展開にも大きな期待を持たせるものがありました!

さて、この1時間後には今年のカップ麺記事の総まとめとなる、
「カップ麺Award 2015」の記事を更新する予定となっています!

1年の終わりにぜひそちらも合わせてお楽しみくださいませ!(゚x/)モッキュリーリ
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.