綿麺 和風とんこつ&替え玉(2015年12月)

今年の綿麺の夜営業最終日だった29日に足を運んでまいりました!

事前に31日の昼までは営業するという話を耳にしていたので、
それなら最終週の訪問でも大丈夫と思ってこの日にしました!

ちなみにその翌日の30日にはいつもの阿倍野方面に行く帰りに
別のラーメン屋さんに寄る予定でしたがお店が閉まっていたので、
結果的にこの日の綿麺への方面が今年の食べ納めとなりました!

30日に行こうとしたお店は30日が年内最終営業日だったので、
材料が全て終わったのか1時間以上早仕舞いしていたのですよね;

年末の訪問はこういったことがあるので注意が必要ですね!

さて、12月もあと数日という時期でしたが綿麺は賑わってましたね!
年の最後にもう一度訪問しておこうという人が多かったのかもです!(=゚ω゚)

前回の訪問がつけ麺だったので、今回は和風とんこつにしました!

ところでいつもはタイトルに「替え玉」は書いたりしないのですが、
今回あえて記事タイトルに書いたのは理由があるのですよね!

それについてはまた記事の中で触れていくことにしようと思います!

綿麺 和風とんこつ(2015年12月)

ということで、綿麺の基本である「和風とんこつ」がやってまいりました!

今回もデジカメのおかげで白ねぎがきれいに写っております!
このところ綿麺の記事を書くたびに毎回言ってる気がしますが!

とろけるようなバラチャーシューが主役としてトッピングされ、
味玉、白ねぎ、かいわれが乗るおなじみのビジュアルですね!

1年半ほど前までは中ぐらいの太さの麺が合わせられていましたが、
昨年の9月からは新しい太麺がこのラーメンの定番となっています!

まずはスープですが・・・おっ、魚介の風味が非常にいいですね!(●・ω・)

和風とんこつも4ヶ月ぶりなので多少は記憶の変化もありそうですが、
タレの構成などに何らかの手が加えられたような気も少ししますね!

タレの持つ醤油の風味などが以前にも比べて丸みを帯びるようになり、
直線的にタレが主張するのではなく、広がりをもって舌に伝わるような
それと同時に魚介もより深みを見せつつ奥から浮かび上がる感覚が強まり、
この和風とんこつのもう一つの主役である魚介と醤油という2つの要素が
より一段とそのふくよかさを増したというような印象を受けましたね!

この日はベースとなる豚骨がいつもよりいくぶん軽めでもあったことで、
タレの持っている旨さをよりダイレクトに感じ取ることができましたね!

これまではあまりこのラーメンのタレを強く意識して食べた記憶がないですし、
「あぁ、このタレいいなぁ」と思いつつ味わったのは新鮮さもありましたね!

何度食べてもそのたびに何らかの発見があるというのは面白いですね!

お店が最も長く付き合って力を入れているのはレギュラーメニューですし、
普段からつねにいろいろと細かな調整もかけてきているでしょうからね!(*゚ー゚)

そしてトッピングのバラチャーシューはやはりよくとろけますね!

箸で軽く触れるだけでほどけるので、そのまま食べるのもいいですが、
箸で少し切ったうえで麺と一緒にすすって口に運ぶのも非常にいいです!

最近ではこういったとろけるバラチャーシューを出すお店も多いですが、
これだけスッとほどけて溶ける水準のものはそうは見かけないですね!

味玉の風味もいつもながらちょうどほどよいラインに調えられています!

また、レギュラーメニューのねぎはあえて辛味を立てているので、
スープにあまりつけずにできるだけフレッシュな状態を維持させて、
ときどき麺やチャーシューと絡めつつ食べるのが最もいいですね!

薬味としての効果が生きるように食べるとより楽しむことができます!(*゚◇゚)

綿麺 和風とんこつ(2015年12月)(麺のアップ)

そして麺ですが、このプリプリと弾ける麺はいつ食べてもいいですね!

この「和風とんこつ」の麺は細めだった時代からずっとこの食感が命で、
卵麺らしいプリプリと小気味よく口の中で踊るのが最大の魅力です!

今の太めの麺になっても、もっちり路線にシフトしたりするのではなく、
むしろ太くしたことでそのプリプリ感がより際立つようになっています!

この麺がやみつきになって何度もリピートしている人は多いでしょうし、
自分もこれが食べたくなるときはこの麺を求めていることが多いですしね!

上の写真からもチャーシューのほどけ具合の良さが見えてきますね!(`・ω・)+

綿麺 和風とんこつ 替え玉(2015年12月)

そして替え玉を注文すると、レアチャーシューとねぎもついてきます!
麺にタレもかけられているので、スープに投入しても味は薄まりません!

この替え玉なのですが、実はレギュラーのラーメンを食べる際に
替え玉を注文したのは今回が初めてだったりするのですよね!(*・ω・)

フライデーナイトのラーメンのときはいつも替え玉を注文していますが、
これは「この日しか食べられないから少しでも多く食べたい」という理由で
ラーメンの際は替え玉を注文するようになったという背景があったりします!

レギュラーメニューに関してはそれよりも前から既に何度も食べていて、
当時は替え玉を注文する習慣が全くなかったので、それがずっと続いて、
なぜかレギュラーメニューでは替え玉経験がないままだったのですね!

レギュラーのときはチャーシュー麺にするという方法もあれば、
サイドメニューを注文するなど、いろんな食べ方があることで、
それもまた替え玉になかなか手が伸びない理由でもありました!

でもこうして注文してみると、替え玉には替え玉の良さがあるのですよね!

特に替え玉を投入した直後は全体の中での麺の比率が上がるので、
ひたすら麺に集中して麺を食べまくる楽しみ方ができるのですよね!

普段は麺・スープ・トッピングのバランスを意識しつつ食べますが、
一時的に麺一辺倒になれる瞬間があるというのもいいのですよね!(*゚◇゚)

特にこの「和風とんこつ」は麺の個性が大きな魅力になってるので、
替え玉によってそこに集中する機会を得るのもなかなかいいのです!

また、替え玉にかけられているタレだけをあえて味わうことで、
タレの特徴に思いを馳せるのも隠れた楽しみ方だったりします!

フライデーナイトで替え玉を注文するときもそうなのですが、
タレだけの味に触れることができる貴重な機会ですからね!

というわけで、訪問8年目にして初の和風とんこつ+替え玉でした!

2016年もレギュラーに限定にと、綿麺に足を運んでまいります!(゚x/)モッキュー

[メニュー]
綿麺 券売機

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.