1/26発売 元祖タンメン屋監修 岐阜タンメン

1/26発売「元祖タンメン屋監修 岐阜タンメン」を食べました!

PrimeONEということでサークルKサンクス等で扱われています!
東海地方のお店ということもあってか作っているのは寿がきやです!

元祖タンメン屋監修 岐阜タンメン

関西在住なので「岐阜タンメン」という名前は初めて聞きましたね!
しかも「元祖タンメン」とはずいぶんと思い切った名前ですね!

調べたところ岐阜県に4店舗、愛知県に5店舗が展開されています!(*゚ー゚)

元祖タンメン屋監修 岐阜タンメン(内容物)

内容物はかやく、液体スープ、辛味あんとなっています!
どうもこの「辛味あん」がこのタンメンの特徴のようですね!

元祖タンメン屋監修 岐阜タンメン(できあがり)

タンメンながらも野菜以上に豚肉の存在感が際立っていますね!

まずはスープですが・・・おっと、これは想像以上にワイルドですね!(`・ω・´)

豚系清湯にラードなどを加えた清湯ベースの塩系スープですが、
何よりガツンと攻めてくるにんにくの強さが目立っています!

また少量ではありながらも背脂っぽいものも浮かんでいます!

タンメンというと優しいスープという印象があるのですが、
こちらはそういったスープとは全く違うと言っていいですね!

動物系も豚メインということで鶏系よりも力強さがありますし、
にんにくがとにかく強く、さらに塩もあえて強く立てています!

塩カドが強めでにんにくと合わせてずいぶんとがった風味ですが、
それが逆に好感を持たせるあたり上手く組み上げられていますね!

塩もとがらせていることで、全体としてより引き締まった印象となり、
「鋭く野性味のあるタンメン」としての個性が明確になっています!

もっとも食塩相当量が8.1gと極めて高い数字になっているので、
スープを全部飲むのはさすがに厳しいと言える塩分濃度ですが、
麺を食べる分にはこのとがり具合もまたいい個性となってます!(●・ω・)

そして辛味あんですが、タンメンに合うのかと不安もありましたが、
この路線のスープであれば、その心配は無用と言っていいですね!

前半は辛味あんをまぜずに、途中からまぜて食べてみたのですが、
豆板醤に近いとがりのある塩味を持った辛味あんということもあり、
スープと方向性が近いこともあってバランスは全く崩れることなく、
むしろスープの個性をより高めてくれるような効果がありますね!

辛さについてはそこまで強くなく、あくまでピリ辛のレベルです!
もっと辛くしたい人は豆板醤をお好みで入れればいいでしょうね!

ただしその場合は塩分が強くなりすぎないように注意が必要ですが!

スープの原材料は動物油脂、ポークエキス、唐辛子調味料、食塩、しょうゆ、
にんにく、香味油、ローストガーリックペースト、香辛料などとなってます!

原材料でも豚系、にんにく、唐辛子系の3つが核となっていますね!

麺は寿がきやらしい縮れのあるノンフライ麺となっています!

自分はあまり寿がきやのカップ麺は頻繁には食べないのですが、
色が白めで、寿がきやの中でも優しいタイプの麺に感じました!(=゚ω゚)

食感も比較的やさしく、湯戻しの標準時間は4分となってますが、
3分30秒ぐらいでも普通に食べられそうな感じがしましたね!

強いスープにやさしい麺ということで完全にスープ優位ですが、
スープの特徴をわかりやすく伝えるという役割は果たせてますね!

麺の量は65gで、カロリーは381kcalとなっています!
脂質は12.5gで、ノンフライ麺の塩系にしては少し高めですね!

具は豚肉、キャベツ、白菜という組み合わせになっています!

寿がきやのカップ麺は具が貧弱なことがけっこう多いのですが、
さすがにタンメンというだけあって今回はちゃんとしています!

キャベツはオーソドックスですが、白菜は食感もシャキッとしていて、
冬に合うタンメンといった雰囲気を上手く作り出していましたね!

そして最大のポイントは豚肉で、チャーシューチップ的なものではなく、
ちゃんと肉らしい食感と風味を備えたリアルなものとなっています!

これがなかなか量も多く、タンメンでありながら野菜以上に
肉の方面で食べごたえを見せてくれたのは良かったですね!

いつもの平凡なチャーシューよりも遥かによくできていました!
普段からこれぐらいの肉具材を投入してほしくなったりもしますね!(*゚◇゚)

他のメーカーのタンメンに比べると野菜の量に弱さはありますが、
肉に関してはむしろ上と言っていいだけのものがありましたね!

普通のタンメンのイメージで食べると面食らってしまうような、
ワイルドでにんにくのガツンと効いたタンメンとなっていて、
塩カドの強さも含め、思っていた以上のインパクトがありました!

なので、タンメンらしいタンメンを食べたいときに食べるというよりも、
パンチの効いた塩ラーメンを求めて手を出すのがいいかもしれませんね!

「こんなタンメンもアリなんだな」と思わせてくれる一杯でした!(゚x/)モッキュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
寿がきや食品は基本、具材が貧弱ですけど、
プライムワンが絡むと頑張りますよね(笑)

自分も岐阜タンメンは初めて耳にしました!
ベトコンラーメンだけじゃないんですねー。

でもニンニクが特徴になっているようなので、
方向性にベトコンラーメンの影響を感じました。

塩気に対する不安は否めませんが、
そんな塩気にニンニクのスタミナ感と
辛味あんによるピリ辛アクセントが相俟って
なんだか夏に食べたくなりそうな雰囲気です(笑)
takaさん、こんばんは!

寿がきやというとほんと具が貧弱な印象なのですが、
今回は豚肉をはじめけっこう頑張ってくれましたね!

ベトコンラーメンはこれまで食べたことがないですが、
岐阜タンメンと同様に愛知や岐阜がルーツとのことで、
野菜が多いところも含めて関連性はあるのかもですね!(●・ω・)

このラーメンは醤油ではなかったことも功を奏してましたね!

もし醤油だともっとカドばかりが前面に立ったと思いますが、
塩+にんにくだと意外と塩が立ってもあまり嫌味にならないですし、
鋭さは明確にありながらも思っていたより受け入れやすかったです!

takaさんの場合は食べる前に熱湯を横に準備しておいて、
いつでも薄められるようにしたほうがいいかもですが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.