ラーメンZikon たまり醤油の極み煮干しそば

四ツ橋駅すぐそばの「ラーメンZikon」へと行ってきました!
駅からのアクセスが非常にいいので気楽に足を運べますね!(*゚ー゚)

これまで塩と味噌を食べてきたので、今回は醤油にしました!

塩はあさりを効かせ、味噌はバランス型の路線となってましたが、
今回の醤油はそのどちらとも違い煮干が効かされているようです!

ラーメンZikon たまり醤油の極み煮干しそば

今回は味玉を追加トッピングとして注文いたしました!

まずはスープですが・・・うん、実にこのお店らしいスープですね!(=゚ω゚)

こちらのお店は鶏+豚骨による比較的ライトな動物系白湯をベースに、
タレなどによって味に変化をつけるというスタイルとなっていますが、
やはりこちらの醤油ラーメンもその路線の延長線上にありますね!

清湯ほどあっさりではなく、白湯ではありながらも重さはあまりなく、
コクがありながらも飲みやすいバランスに仕上がっているのが特徴です!

この日はまだお腹に強い負担をかけたくない時期でもあったので、
白湯ながらも優しいスープのこちらのお店を選んだのですよね!

営業時間をチェックしてなかったので閉店間際の入店になりましたが;

さて、そんなライト白湯に煮干の香ばしさと旨味が溶け込み、
そこにたまり醤油のまったりとした風味が加わる形となります!

たまり醤油を使ったラーメンは色が濃いものが多いですが、
こちらは醤油の主張そのものの強く打ち立てるのではなく、
醤油感は控えめながらもそこにたまり特有の深みを取り込む、
そういったたまり醤油の使われ方がしているのが特徴ですね!

また、煮干もその強い旨味をしっかりと引き出しながらも、
ゴリゴリに煮干で攻め立てるようなバランスにはしないで、
その香ばしさの中から旨味がじわりと上がってくる感じです!

このあたりの中庸的なまとめ方はいかにもこのお店らしいですね!(●・ω・)

トッピングはバラチャーシュー、かいわれ、紫玉ねぎ、
そして追加トッピングの味玉という組み合わせです!

これまでのチャーシューは脂の部分が多いことがあったり、
逆に赤身の部分が多いこともあるなどまちまちでしたが、
今回はいかにもバラチャーシューらしい感じになってますね!

噛むとホロリとほどけるなど以前よりやわらかさも増しており、
バラチャーシューとしての完成度もより上がった感があります!

ただ、個人的にはこのチャーシューの脂の部分の風味が
ちょっと苦手という印象が初期の頃からあったりしますが;

かいわれと紫玉ねぎはどちらも薬味としての役割ですが、
紫玉ねぎの辛味はなかなか強く非常にパンチがありますね!

ラーメンZikon たまり醤油の極み煮干しそば(麺のアップ)

麺は他のラーメンと同じく細めのストレート麺となっています!
こちらのお店はかなり加水が低めの麺を使うのが特徴なのですよね!

豚骨向けの細麺に近いぐらいのパツパツとした歯切れのいい麺で、
低加水の細麺ということでスープの持ち上げは非常にいいです!

一見するともう少し加水の高い麺でも良さそうな気もするのですが、
中加水以上の麺だとスープの印象がより軽くなってしまいそうですし、
スープの持ち上げのいいこの麺だからこそスープが生きるのでしょうね!(*゚◇゚)

こちらのラーメンはどれもバランスが良くきれいにまとまりつつも、
全体の印象がどこか似通ってしまうのは難しい点でもありますね!

タレなどに変化をつけることでラーメンごとに個性は出しながらも、
清湯と濃厚系白湯の中間的な路線でなおかつバランスを重視した
中庸的なラーメンが多いのでどうしてもそうなりがちなのでしょうね!

ライト白湯以外のラーメンがあるとまた目先も変わるかもですが、
そうなると今度はラーメンの種類が多くなりすぎますからね;

これで残るレギュラーメニューはカレーラーメンのみとなりましたが、
そのときは追加トッピングでチーズもつけてみるのもアリかもですね!

バランスが良く、誰からも好まれそうな煮干醤油ラーメンでした!(゚x/)モキュー

[メニュー]
ラーメンZikon メニュー(その1)

ラーメンZikon メニュー(その2)

ラーメンZikon メニュー(その3)

お店の住所と地図 大阪府大阪市西区新町1-5-7 四ツ橋ビルディング B1F

【関連記事】
ラーメンZikon たまり醤油の極み煮干しそば
ラーメンZikon oh! それみ~そ食べて味噌
ラーメンZikon 天然塩の極上あさりそば
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.