2/8発売 麺の底力 濃厚貝だし醤油豚骨

2/8発売の「麺の底力 濃厚貝だし醤油豚骨」を食べました!
明星の「麺の底力」シリーズの縦型版からの新作となります!

2/8発売 麺の底力 濃厚貝だし醤油豚骨

貝だし+醤油豚骨という路線はなかなか珍しいですね!
このところ貝だしのラーメンもよく見るようになりましたね!

貝好きなだけにこの傾向はこれからも続いてほしいところです!(`・ω・´)

2/8発売 麺の底力 濃厚貝だし醤油豚骨(内容物)

後入れ液体スープなどはなく、お湯を注ぐだけの仕様です!
貝だしをうたっていることもあり、具にも貝が見えますね!

2/8発売 麺の底力 濃厚貝だし醤油豚骨(できあがり)

明星の縦型ノンフライ麺はカップに対してスープが多めなので、
麺が沈んでしまって具のレイアウトが非常に難しいのですよね!

具を置くとその場に沈んでしまって形が崩れてしまいますし;
ねぎの手前に配置したキャベツも沈んでしまいましたし;

まずはスープですが・・・これはクセのない貝だしですね!(=゚ω゚)

ベースとなっているのは豚骨醤油スープではあるのですが、
動物系の主張はごく軽く、あくまでスープのベースの部分に
軽いまろやかさを持たせる役割のみを担っている感じです!

そして旨味の部分は主に貝だしによってカバーされています!

その貝だしはあさりとホタテのミックスという形なのですが、
サンヨー食品が作る貝だしに比べるとクセはかなり抑えめで、
二枚貝特有の舌を痺れさせるような感覚はほとんどないです!

全体のバランスで見ても貝柱系の丸い旨味のほうがより強く、
そこにあさりの旨味を加えることで軽く厚みをつけています!

チャルメラのほたてだしと比べてもクセは抑えめかもですね!

ただ、貝の旨味そのものがすごく弱いというわけではなく、
あくまでとっつきやすい風味に調整されている感じですね!

スープの原材料はポークエキス、魚介エキス、糖類、食塩、
ビーフエキス、乳等を主要原料とする食品、鶏肉エキス、
しょうゆ、香辛料、酵母エキスなどという構成になっています!

動物系が豚だけでなく牛や鶏を含んでいるのは面白いですね!
それによって特定の動物系のみが目立たない形になっています!

麺は「麺の底力」シリーズらしいノンフライ麺となっています!

食感はややポソポソとした低加水系で小麦の風味がやや強く、
ほんのりとした甘みを感じさせる中細麺となっています!

なので、麺単体としては非常に味のいい麺と言えるのですが、
それゆえに麺が立ちすぎていたようなきらいがありましたね!(*゚ー゚)

風味はいいので決して嫌味に感じさせるところはないのですが、
スープの主役である貝もクセを抑えた形になっているので、
麺の風味が貝の存在感をマスクするところがあったのですよね!

なので、そこはちょっともったいないと思ったりもしましたね!

スープもそれだけで飲むと貝の風味もけっこう生きていましたし、
両者がともに生きるバランスなら印象もより良くなったと思います!

麺の量は65gで、カロリーは331kcalとなっています!
脂質は6.1gで、ノンフライ麺ということもあって軽めです!

具は貝柱、キャベツ、ねぎ、卵という構成になっています!

卵は量は少なめながらもふんわりとした優しい食感のもので、
キャベツはごく普通のものですがスープとの相性はなかなかよく、
ねぎはごくごく普通のもので量がやや多めといった感じでした!

そして主役の貝柱ですが、これは非常によくできていますね!(●・ω・)

貝柱らしい繊維質の食感が心地良く、風味も貝らしさがあり、
また他社の貝柱系具材に比べるとやわらかく食べやすいです!

でもって、一つ一つのサイズが大きいのもポイントが高いですね!

貝柱系の具材は他のメーカーでもちょくちょく使われますが、
これは「貝柱風かまぼこ」ではなく本物の貝柱のようですし、
大きさ・食感・風味のどれをとっても最高クラスと言えます!

このカップ麺の最大のポイントといってもいいぐらいですね!
この貝柱のおかげで全体のグレードが数段上がっています!

軽くまろやかさのある貝だしはスープ単体で見ると面白いものの、
麺と合わせて考えるともう少し個性を強めても良かったとも思え、
面白い要素がいろいろありながらも少し物足りなさもありました!

でも貝柱などは非常に内容が良く、見どころはけっこうありました!

特にこの貝柱は他のカップ麺での活躍にも期待したくなりますね!(゚x/)モッキュルー

【関連記事】
麺の底力 濃厚貝だし醤油豚骨
麺の底力 四川風怪味麺
麺の底力 濃厚魚介豚骨みそ
ラーメンの底力 バリカタ極細麺と濃厚とんこつ(2013年)
ラーメンの底力 バリカタ極細麺と濃厚とんこつ(2012年)
ラーメンの底力 極細バリカタ麺ととろり濃厚とんこつ
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
> 明星の縦型ノンフライ麺はカップに対してスープが多めなので、
> 麺が沈んでしまって具のレイアウトが非常に難しいのですよね!
そうなんですよ・・・麺を土台に出来ないんですよね(苦笑)
写真に拘る我々としては非常に困ったポイントのひとつですw

たしかに豚骨醤油と貝出汁には新鮮味を感じますが、
貝出汁を打ち消していないようで安心しました。

でもチャルメラよりホタテが控えめ、
というのはちょっと意外でもありましたね。

それでもきちんと貝は感じられるみたいですが!

強烈な貝出汁系の製品ではなく、
あくまでもバランス重視である事を
念頭に置いて食べてみたいと思います。

・・・覚えてたらw(如何せん実食までの期間が長いw)

あとは麺の風味を自分がどう感じるかという部分と、
本物の貝柱が入っているという部分に注目したいですね。
takaさん、こんばんは!

>そうなんですよ・・・麺を土台に出来ないんですよね(苦笑)
>写真に拘る我々としては非常に困ったポイントのひとつですw

ほんとこれは困ってしまうのですよね;

今回もできるだけ麺を上のほうに盛ってみたのですが、
キャベツを置いたら沈んでしまってがっくりきました;

なので、次回以降はこのタイプだけ別の対策を取るかもです!(`・ω・´)

このラーメンの貝だしにはちゃんと厚みはあるのですが、
貝特有のクセを前面には立てない形になってるのですよね!

チャルメラでも一定程度はそういうクセを出していますが、
それと比べてもやわらかい風味なのが大きな特徴ですね!

もう一つの主役の貝柱はほんとよくできていましたよ!
今後の明星のラーメンにもぜひ登場してほしいぐらいです!

たとえば貝系のカップ焼そばなんかに入ってもよさそうですし!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.