麺と心 7 牡蠣白湯

2月の限定を求めて「麺と心 7」へと足を運んできました!
2月のテーマは牡蠣ということで、牡蠣の魚介白湯となります!

調べてみたところ昨年の2月も牡蠣の白湯となっていますね!

昨年は第1弾第2弾も基本の形は牡蠣+味噌となってましたが、
今年はどのような形の牡蠣白湯になるのか気になるところです!(*゚ー゚)

麺と心 7 牡蠣白湯

今回はひさしぶりにサイドメニューのから揚げも注文しました!

サクサクカリカリの衣にジューシーな肉質という旨さはそのままに、
衣に粗挽きの黒胡椒が入ることでピリッとした刺激が出ましたね!

以前のバージョンも良かったですが、今のはさらにいいですね!
しかも真ん中あたりに切れ目が入っているので食べやすいです!

さて、牡蠣白湯のスープですが・・・これは牡蠣がガンガン来ますね!(`・ω・)+

昨年の第2弾に匹敵するか、あるいはそれ以上の牡蠣の強さですね!
そして今年も牡蠣+味噌だれという組み合わせになっています!

牡蠣+味噌というと、牡蠣の土手鍋でも定番の組み合わせですしね!

味噌もきつさはなく、全体のまろやかさを高めるような感じで、
その中から牡蠣の旨味とクリーミーさがグイグイと押し寄せます!

風味はほぼ牡蠣と味噌のみと言っていいぐらいの牡蠣攻めです!

そして途中で店員さんのオススメどおりにミンチを溶かします!

なんとこの奥に見えるミンチも牡蠣でできているみたいです!
牡蠣のミンチが乗るラーメンなんて他ではまず見ないですね!

そうすると・・・今度はピリッとした辛味が立ってきますね!(●・ω・)

牡蠣ミンチそのものもやや辛めの刺激的な味付けとなっており、
さらにその周りに添えられたラー油の風味も全体と絡みます!

面白いことに、それよってちょっと担々麺ぽくなるのですよね!

これはラー油の持つごまの風味と辛味のあるミンチが合わさり、
それとまろやかなスープが合わさるがゆえの効果なのでしょう!

使われている素材だけを見れば決して担々麺ではないのですが、
この「牡蠣の担々麺」的な感覚が出てくるのは面白かったです!

食べ進めるとラー油の主張が薄まるので担々麺ぽさも減退し、
牡蠣白湯と牡蠣ミンチのスパイス感が合わさる感じになります!

どちらかといえば前半のほうが牡蠣をストレートに味わう感じで、
後半はそこに刺激によって変化を加えるような形になっています!

トッピングはレアチャーシュー、牡蠣ミンチ、小松菜、
ニラ、刻み玉ねぎ、糸唐辛子という構成になっています!

レアチャーシューは写真では1枚しかないように見えますが、
実際は牡蠣ミンチのすぐ下にさらにもう1枚入っています!

レアチャーシューはつい最近レシピが変えられたようで、
以前に比べるとレアっぽさが少し抑えられていますね!

風味については以前のものと大きくは変わっていませんが、
前のものよりも万人受けしやすい風味になった感があります!

自分の場合はどちらかと言えば新しいバージョンが好きですね!(=゚ω゚)

前のがすごく好きだった人は少し物足りなく感じるかもですが!

小松菜はほんのりとした苦味がいいアクセントになってましたね!

ニラや玉ねぎなど主張が強めの野菜が合わせられていますが、
牡蠣もかなり強いのでこれらの野菜を合わせても負けませんね!

麺と心 7 牡蠣白湯(麺のアップ)

麺はけっこう太めでプリンとした食感の麺となっています!
このタイプの麺はこのお店では珍しい印象がありますね!

こちらのお店というと平打ちで歯切れの良さが光るタイプの麺や、
強烈にもちもち感を主張する極太麺などがよく登場しますが、
今回の麺はそのどちらとも違ったタイプの特徴がありますしね!

けっこう太いものの極太というほどの太さにはなってないですし、
もちもち感というよりはプリンと軽く弾ける食感となっていて、
味噌系のスープとの相性の良さを感じさせる麺となっていますね!

今回はそのままスープも飲み干すという形で完食しましたが、
締めにご飯を投入して牡蠣味噌雑炊風にするのもアリでしょう!

3月にはウニ白湯が登場するので、もちろんこちらも狙っていきます!(゚x/)モキュリン

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 牡蠣白湯(メニュー)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.