麺と心 7 濃厚雲丹のスープまぜそば

3月の限定を求めて「麺と心 7」へと行ってまいりました!
今月の限定はウニを使った「スープまぜそば」とのことです!

しかし「スープまぜそば」とはなかなか斬新な路線ですね!
いったいどういう感じに仕上がっているのか気になります!

麺と心 7 濃厚雲丹のスープまぜそば

ということで、「濃厚雲丹のスープまぜそば」がやってきました!

この横に長い器で提供されたのは今回が初めてですね!
ちょっとそのビジュアルだけで驚いてしまいました!

提供されると、まずは店員さんが食べ方の説明があります!

まずスープだけを飲んでみてウニの風味を味わった後、
魚介餡が絡んだ麺だけを食べてその風味を楽しんでから、
全体をまぜてまぜそばとして食べるという流れのようです!

そこでまずはスープですが・・・これはウニそのものですね!(`・ω・)+

「ウニそのもの」以外にしっくり来る言葉がないというか、
あえてほとんどひねりを入れずにウニの旨さを打ち出していて、
ウニの持つまったりとしたまろやかさと海の香りが一つとなり、
これが麺に絡むとさらに旨いだろうなぁと思わせてくれる味です!

それでいて生臭さが全くないので嫌味に感じる部分は皆無です!

そして麺の風味ですが・・・こちらは海苔が生きていますね!

緑がかった魚介餡は魚介の旨さも感じることができますが、
それ以上にベースとなっている海苔の風味が効いています!

この魚介餡と麺だけでも十分に一つの料理として完成しています!

そして全体をまぜ合わせると、2つの個性が一つにまとまります!(●・ω・)

クセを抑えてまろやかに仕上げられたウニのソースの旨さに
魚介餡の海苔の磯の香りが加わることで海らしさが強まります!

また粗挽きの黒胡椒がけっこう多めに加えられていることで、
まろやかさの中にピリリとした刺激も時折顔を出してくれます!

まろやかなソース+黒胡椒の組み合わせはカルボナーラ的でもありますね!

カルボナーラに比べるともうちょっとすっきりとした風味ですが、
まろやかさの中から軽く刺激を出す構成は共通してると言えます!

また、このソースならパスタと合わせても何ら違和感はないでしょうね!

ウニを大量に使いながらもクセがきれいに抑えられていますし、
これは女性も含めてかなり幅広い層に好まれる力があります!

トッピングはレアチャーシュー、味玉、れんこん、ねぎ、糸唐辛子です!

レアチャーシューはいつもよりも厚切りで食べごたえがあります!
麺と絡めて食べる感じではなく、合間に単独で食べるものですね!

れんこんは優しい味付けがほどよく、食感にアクセントをつけます!

まぜそばってどうしても食感の面では単調になりがちなので、
こうした具材が入っていると最後まで飽きずに食べられますね!(=゚ω゚)

味玉は熱の入り具合が非常に良く、さらにまろやかなソースと
味玉の持つまったりとした風味がいい相性を見せてくれます!

そしてねぎの辛味もまったりとした中でいい刺激を加えます!
食べていると意外とこのねぎが最後まで効いてくるのがわかります!

麺と心 7 濃厚雲丹のスープまぜそば(麺のアップ)

麺は軽く平打ち気味の加水の高いもっちりとした麺となっています!

ただ、まぜそばでよく見る主張の強さを感じさせる麺ではなく、
質感が非常になめらかで、みずみずしさの強い麺ということで、
まずウニと魚介餡の海の香りを麺に乗せて運んできたうえで、
その表面の質感と食感の心地良さで相乗効果を与える感じです!

今回のような上品なまろやかさを持ったソースには非常に合いますね!(*゚ー゚)

ウニという素材はできるだけ高い濃度で楽しみたくなるものですし、
そういう点ではタレの量がほどよい今回のまぜそばは良かったですね!

昨年の3月もまぜそばつけ麺と2つのウニ白湯を楽しみましたが、
今年のまぜそばはそれらを超える仕上がりだったと言えそうです!

何より素直にウニそのものの旨さを味わうことができながら、
魚介餡や麺もウニを生かす形での相乗効果を発揮していて、
最初から最後までウニの旨さをひたすら堪能できましたからね!

ウニが好きな人はもちろん、クリーミーなソースのパスタが
好きな人などもこれはかなりオススメと言って良さそうです!

4月は鯛の白湯ということで、こちらもまた楽しみになってきますね!(゚x/)モキュート

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 濃厚雲丹のスープまぜそば(メニュー)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : まぜそば | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.