ばいりん! 2016 Part2

ということで、大阪城の梅林紹介記事の第2弾でございます!(`・ω・´)

今回の記事も全部で4種類の梅を一つずつ紹介していきます!

例年は1つの梅を何枚か撮影することもあったのですが、
今年はできるだけ多くの梅を紹介したいということで、
1つの梅につき写真も1枚のみという方針で撮影しました!

ばいりん! 2016 Part2(八重揚羽:やえあげは)
(八重揚羽:やえあげは)

大阪城梅林の中でも特に目立つ梅の一つがこの「八重揚羽」です!

今回はアップで撮りましたが、全景写真も非常にいいのですよね!

というのも、この八重揚羽は天に向かうように枝が伸びるので、
木全体での勢いをものすごく強く感じさせてくれるのですね!

また、花についても包み込むような感じで咲くのがとても美しく、
近くで観ても離れて観ても楽しむことの出来る梅となっています!

いかにも八重らしい、ギュッとつまった花もまた美しいですね!(*・ω・)

ばいりん! 2016 Part2(夫婦梅枝垂れ:めおとばいしだれ)
(夫婦梅枝垂れ:めおとばいしだれ)

こちらは「八重揚羽」とはうってかわって枝垂れ系の梅です!

大阪城の梅林にはこういった枝垂れ梅もたくさんありますが、
その中でも特に多く観られるのがこの「夫婦梅枝垂れ」です!

天から降るような枝が実に風流で、またピンクの花も美しく、
梅林に来ると最低でも1つはこの梅を撮りたくなりますね!

でもって、この梅は魅力的な木が梅林内にたくさんあるので、
どの木を撮るのか迷ってしまう贅沢な悩みもあったりします!(●・ω・)

ばいりん! 2016 Part2(紅千鳥:べにちどり)
(紅千鳥:べにちどり)

大阪城梅林の紅系の梅を代表するのがこの「紅千鳥」です!

携帯電話で撮影していた頃は「緑萼」系の梅と並んで、
これらの紅系の梅の撮影にずいぶん苦労したのですよね!

でも、デジカメになったのでいい感じに撮ることができました!

今回は紅系の梅は全体的に見頃より少し前といった感じでしたが、
この枝はきれいに咲いていたので、そこに注目して撮りました!

来年以降は紅系の梅ももっと紹介していきたいですね!(`・ω・)+

ばいりん! 2016 Part2(東錦:あずまにしき)
(東錦:あずまにしき)

この第2弾記事のラストを飾るのは、こちらの「東錦」です!

大阪城の梅林には白とピンクの2色の花が一つの木に同時に咲く
「紅白咲き分け」と呼ばれるタイプの梅がいくつかあります!

その代表格の一つがこちらの「東錦」という梅なのですね!

2色の花が同時に咲く梅はまた他とは違った格別の良さがあります!

白とピンクの枝がある程度くっきり分かれているところもあれば、
白い枝ばかりの中からピンクの花の枝が1本だけ出てもいたりと、
美しいと同時にその不思議さも楽しめるのがいいのですよね!(*゚ー゚)

ちなみにこの日は午前中に時間を撮って梅林に訪問したのですが、
幼稚園児や保育園児も遠足でこちらの梅林にたくさん来ていました!

小さい子どもたちがどれぐらい楽しめていたのかは謎ですが、
いつもの梅林とはまた違ったにぎやかさもこの日はありました!

ということで、今年の第2弾記事はこれにて終了でございます!(゚x/)モッキュルー

【関連記事】
ばいりん! 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

コメント

 
今年も楽しみに待ってました梅林記事!

いやいや、見事に咲き誇ってますね〜。

それに写真の画質も昨年から上がってて
より綺麗で見やすいし迫力が伝わってきました!

自分的に「華農玉蝶」が印象的だったので、
残りの記事で紹介されるのかなー、って(笑)

今年は1つの花に2色の梅は無かったですか?
takaさん、こんばんは!

今年は実は撮りたい梅が満開じゃないケースが多く、
どの梅を撮るかけっこう迷ったりもしたのですが、
何とかいいものを選ぶことができたと思ってます!(●・ω・)

やっぱりデジカメにしたことで画質も上がってますし、
より春らしい雰囲気が伝わるようになりましたね!

>自分的に「華農玉蝶」が印象的だったので、
>残りの記事で紹介されるのかなー、って(笑)

takaさんがこのコメントを投稿した1時間後に登場しましたね!笑

しかも今年は中の花もちょっと開いたりしてますし、
昨年以上にその良さが感じられるかなと思います!(`・ω・´)

>今年は1つの花に2色の梅は無かったですか?

それもまたぜひお楽しみにしておいてください!笑

ではでは、コメントありがとうございましたっ!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.