2/23再発売 地域の名店シリーズ 新福菜館

2/23再発売の明星「地域の名店シリーズ 新福菜館」を食べました!
セブンプレミアムということで、セブンイレブンで販売されています!

販売地域は近畿以西の地方のみに限定されているようです!

2/23再発売 地域の名店シリーズ 新福菜館

「新福菜館」というと、京都を代表するラーメン店の一つで、
黒醤油の色が大きな特徴となっていることで知られています!

黒醤油系のラーメンって、どちらかといえば苦手なのですがね;

ちなみに以前にローソンで発売された「末廣ラーメン本舗」は、
この「新福菜館」で修行された方が秋田で始めたお店のようです!

その「末廣ラーメン本舗」のスープは完全に好みから外れていたので、
今回の「新福菜館」も果たして大丈夫かどうか不安が募ってきます(;゚ω゚)

でもって、他の人の感想を見ても賛否が大きく分かれているのですよね;
お店に近いと評価する人もいれば、醤油が強すぎるという声も多いです!

そこで気になったので栄養成分の塩分のところを見てみると、
スープだけで塩分7.1gと前代未聞の数字がそこにはありました;

これはさすがにお湯をかなり多めに入れたほうが良さそうですね・・・(;・ω・)

2/23再発売 地域の名店シリーズ 新福菜館(内容物)

内容物はかやく、後入れかやく、液体スープとなっています!
この構成だと撮影のための下準備が不要なので非常に楽です!

2/23再発売 地域の名店シリーズ 新福菜館(できあがり)

お湯を多くしたので麺が沈んでますが、それは仕方ないですね;
でもって、スープの色が濃いので下のほうが全く見えないですし!

それにしてもこれぞ黒醤油系といったビジュアルのスープですね!

まずはスープですが・・・おっ、これなら塩分的には大丈夫です!(●・ω・)

やはり思い切ってお湯を多めに入れたことが功を奏したのか、
塩カドや醤油の強さでいきなりやられてしまうことはないです!

ただ、これだけお湯を多めに入れても薄いとは感じなかったので、
お湯を標準量かそれより少なくするとかなり鋭くはなるでしょうね!

その味ですが、やはり主役は醤油の持つ風味となっていますね!

ベースは鶏ガラと豚骨をミックスした動物系のスープなのですが、
主張はそれほど強くなく、前面に出てくるのは醤油の持つ風味です!

醤油の持つコク、そして何よりその香ばしさがふわっと上がってきます!

どちらかといえばそれほど得意ではない部類のスープなのですが、
醤油ダレの持っている独特のおいしさはたしかに感じ取れますね!

醤油の風味を楽しみたい人が気に入るだけのものは持っています!

基本的には醤油と控えめに感じられる動物系で構成されていますが、
麺をすする際に表面のラードが絡むとほんのりと甘みを感じます!

このラードの甘みがミックスされたときが最もおいしく感じますね!

そうでないときはちょっと醤油の存在感ばかりが立つのですが、
ラードが絡むと動物系のコクと甘みが醤油と重なることにより、
このラーメンの持つ複合的な旨味をちゃんと感じることができます!

なので、このラードがもう少し多ければもっと良かったかもですね!

実際のお店には行ったことはないですが、お店のほうのスープも
鶏ガラと豚骨をベースにチャーシューダレと濃口醤油を加え、
そこにトッピングする多めの肉の風味が加わるという形なので、
スープの構成そのものはけっこう似ていると言っていいのでしょう!

ただ、お店のスープは色は濃くても塩分濃度は高くないそうなので、
今回のようにお湯を多めに入れたほうが近くなるのかもしれません!(*゚ー゚)

スープの原材料は豚・鶏エキス、しょうゆたれ、ラード、食塩、糖類です!
これだけシンプルな組み合わせのスープはめったに見かけませんね!

麺は少し平打ち気味で太めのノンフライ麺となっています!
加水はかなり低めで、食感はややポソッとしていますね!

調べてみたところ、お店の麺も太めの低加水麺のようなので、
太さ、加水ともに実際のお店の再現を意図しているのでしょう!

表面がつるりとしていてちょっとスープの乗りは良くないですが、
加水が低めなので時間が経つにつれてスープをよく含んでくれ、
スープと麺の風味の一体化が進むのはけっこう良かったですね!

一方で食べ始めはけっこう両者が独立した感じになるので、
できるだけ麺とスープをなじませて食べるほうが良さそうです!(*゚◇゚)

麺の量は80gと多めで、カロリーは416kcalとなっています!
脂質は10.5gで、まぁ標準的な数字と言ってよさそうですね!

トッピングはチャーシュー2枚と後入れねぎという組み合わせです!
実際のお店もチャーシューとねぎのみなので、構成は同じですね!

ねぎは多いですが、スープも強いので邪魔をする感じはなく、
ときどき麺に絡むことで軽く風味に変化をつけてくれます!

面白いのはチャーシューで、それほど厚みはないのですが、
噛んだときの食感にリアルな肉らしさが感じられるのですよね!

お店のチャーシューも薄めで素朴なものが使われているようなので、
その点を薄くてリアル感のあるチャーシューで再現したのでしょう!

こうして見るとスープに含まれる塩分の量には少々驚くものの、
それ以外の点はかなり忠実に再現しようとされていますね!

とにかくスープだけで7.1gという極めて高い塩分なので、
お湯は標準より多めに入れてちょうどいいぐらいでしょう!

そうすればこのスープの持っている醤油の旨さも堪能できますし!

好みの路線からは少々外れるものの、思っていたよりも楽しめました!(゚x/)モッキー

【関連記事】
地域の名店シリーズ 新福菜館
地域の名店シリーズ 中華蕎麦とみ田 超濃厚魚介豚骨醤油ラーメン
地域の名店シリーズ もちもちの木 中華そば(2015年)
地域の名店シリーズ もちもちの木 中華そば(2014年)
地域の名店シリーズ 博多だるま 豚骨ラーメン
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
自分、これアカンかったですワ・・・ (^_^;)
どうも醤油が真っ直ぐすぎてね。
そのラードの旨みを感じるレベルに至らずに箸前半で脱落です。

遠い記憶ですが泉ヶ丘にラーメン博物館あった時、
新福さんが一時入っていまして食べたことありますが、
その時はかなり美味しく食べれたのですがね~ (^_^;)
たういさん、おはようございます!

これを食べるときはたういさんの記事を参考にしたのですよね!

もともと醤油メインの黒醤油系のラーメンがやや苦手なうえに、
たういさんが完全に醤油にノックアウトされる結果だったので、
ここは思い切ってお湯を多くしようと試みて何とか成功しました!(=゚ω゚)

もし事前情報なしに食べていたらモロにやられていたと思います;

少し前に食べた「老舗の逸品」のときも同じ流れでしたね!
あのときも事前情報を参考にお湯を多めに入れて助かりました!

関西人としては醤油メインの味はけっこう要注意なのですよね;
醤油+塩カドとなると、途端にやられてしまいますから;

今回のラードもお湯を多くしないと感じられなかったでしょうね;

ではでは、コメントありがとうございましたっ!(゚x/)
このカップ麺も気になってるんですけど、
如何せん最寄りのセブイレが最寄りじゃなくて…w

> スープだけで塩分7.1gと前代未聞の数字がそこにはありました;
ヤマダイの凄麺シリーズに匹敵する食塩相当量ですね(笑)

スープの原材料が極めてシンプルな時は
当たるとデカい! みたいなイメージが漠然とw

最近は黒醤油系もイけるようになったようなので
お湯の加減には注意して食べてみたいカップ麺です!

あとは雰囲気的に黒胡椒を大量投下したいですねw
takaさん、こんばんは!

>ヤマダイの凄麺シリーズに匹敵する食塩相当量ですね(笑)

おぉ、ほんとだ!
調べてみると凄麺の塩分量はどれも高いですね!

特に台湾ラーメンはスープだけで7.9gもありますし!(;゚ω゚)

原材料がシンプルなものは総じて当たり外れが激しいですよね!
当たると大きいけど、外れると完全に好みの外に行くという;

今回はお湯を多めにしたことで助かりましたが、
素直にぶつかっていたら多分やられていました;

>あとは雰囲気的に黒胡椒を大量投下したいですねw

黒醤油系って、富山ブラックをはじめとして黒胡椒が合うのですよね!

高井田系のラーメンなんかも黒胡椒を入れることがありますし、
味変という点では唐辛子系よりも胡椒がより合いそうですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.