ふく流らーめん 轍 総本家 濃厚担々麺

寺田町にある「ふく流らーめん 轍 総本家」に行ってきました!
以前から行こうと思っていながら今回が初訪問なのですよね!

というのも、阿倍野の少し南から歩いていくことを考えていたので、
距離がやや長いことから春まで訪問を先延ばしにしてたのですよね;

春になったということでこうして実際に足を運んだのですが、
さすがに松虫あたりから寺田町まで徒歩で行くのは面倒ですね(;゚ω゚)

天王寺まで徒歩→電車で1駅 ぐらいの経路が無難なようです!

さて、轍への訪問がいつ以来なのかちょっと調べてみたところ、
本町の店舗の最終訪問が昨年5月とほぼ1年ぶりになるようです;

その途中で「ふく流ラパス」には何度か訪問してはいますが、
これほどまでに期間が空いていたとは自分でも予想外でした;

さて、今回はつけ麺でも食べようかと思っていたのですが、
期間限定の担々麺が気になったのでそちらを注文しました!

そういえば自家製麺になってからの轍も初めてなのですよね!
なので、今回はその自家製麺もかなり気にしてみたいと思います!

ふく流らーめん 轍 総本家 濃厚担々麺

うん、轍らしく表面がふわっと泡立ったスープとなっています!
ご飯は追加注文ではなく、自動的にセットとしてついてきます!

まずはスープですが・・・おおぉ、これは想像以上の濃厚さですね!(●・ω・)

これはさすがに驚きました! 何という白ごまの風味の豊かさでしょう!

スープの粘度は著しく高く、これでもかと麺にスープが絡みつき、
それにともなって大量のすりごまが麺と一緒に口へと運ばれます!

とにかく徹底的にごまを堪能しつくせる担々麺を食べてみたい、
そんな望みがあるなら、この担々麺は見事にそれを叶えてくれます!

その強烈なごまのコクの裏には優しい動物系白湯の支えがあり、
さらに魚介の旨味が加わることでその風味に重層感も与えます!

また、担々麺に必須である花椒などのピリッとした要素も
しっかりと感じ取ることができ、肉味噌を絡めずに食べても、
これだけで十分すぎるほどに完成されたスープとなっています!

そんなごまの強烈なまったり感をひたすら押し出したスープに対し、
肉味噌はにんにくや辛味噌の風味がガツンと効いたワイルド仕様です!(*゚◇゚)

スープでまろやかさを、肉味噌でジャンクな攻撃性をという役割分担で、
この肉味噌をどれくらい絡めながら食べるかによって味の表情が変わります!

担々麺の肉味噌というと、比較的水分が少なめのものが多いですが、
こちらの肉味噌はとろりとした餡の割合が高めのものとなっています!

この肉味噌に豆腐を加えて煮込めばそのまま麻婆豆腐になる感じですね!
そして肉味噌の中には主役である豚肉とともにエリンギも入っています!

この肉味噌はスープと全部まぜて一体化させてしまうよりも、
ときどき麺に絡めながら食べるという方法がオススメですね!

スープの粘度が高いので肉味噌が全然沈まないのも面白いです!
普通の担々麺だと、勝手に肉味噌がスープに溶け込みますからね!

肉味噌以外のトッピングはチンゲン菜とねぎと糸唐辛子です!

やはり担々麺だけあって、チンゲン菜との相性は非常にいいです!

ふく流らーめん 轍 総本家 濃厚担々麺(麺のアップ)

そして麺は焙煎全粒粉を練り込んだ自家製の太麺となっています!

加水はおそらくかなり高めで、がっしりとした食感ではなくて、
噛むとモチッと歯に吸い付くような踊るような弾力を見せます!

どうも自分はこのタイプの弾力を見せる麺がツボのようですね!
お餅と言うと大げさですが、弾力にいい粘りがあるのですよね!

担々麺というと加水の低い細麺が合わせられる印象がありますが、
こちらはスープのごまの濃度が著しく高いということもあって、
これぐらい太く主張のある麺でやっとスープと張り合える感じで、
一見すると意外性がありながらこのスープとは絶妙のコンビです!

しかしこの麺の画像でも、スープの濃度の高さがわかりますね!
何もしなくてもこれでもかというぐらいにスープが絡んでますし!(●・ω・)

自分としてはこれが轍さんの自家製麺の初めての体験となりましたが、
これはちょっと他のラーメンの麺への興味も急上昇してきますね!

ふく流らーめん 轍 総本家 濃厚担々麺(締めご飯)

そして最後は余ったスープをご飯と合わせていただきます!

今回はきれいに写真を撮るためにご飯にスープをかけましたが、
実際にはご飯をスープに投入するほうが食べやすいと思います!

ご飯と合わせるとご飯の甘みとごまが合わさることによって、
麺のとき以上にまったり感を強く主張する風味になりますね!

また、今回のスープは濃度という点では極めて高いのですが、
基本がごまなのでこれだけ食べても全然もたれないのですよね!

このあたりはこのお店のバランス感覚の高さを再確認させられます!(*゚ー゚)

今回はふと気になってこの限定に手を伸ばすという形でしたが、
これまでに食べた轍のラーメンの中でもトップクラスの旨さでした!

なぜこのところ訪問していなかったのか強く後悔させられるほどで、
この1年間でのお店のレベルアップ具合も痛感させられましたね!

こちらの寺田町のお店は営業時間が長く訪問がしやすいので、
今後は基本のメニューと合わせてリピートしないとですね!

ごまの濃厚な担々麺を求めるなら外せないと言える見事な担々麺でした!(゚x/)モッキュルルル

[今回のラーメンの紹介]
ふく流らーめん 轍 総本家 メニュー(濃厚担々麺の紹介)

[メニュー]
ふく流らーめん 轍 総本家 メニュー(その1)

ふく流らーめん 轍 総本家 メニュー(その2)

お店の住所と地図 大阪府大阪市天王寺区寺田町2-5-6

【関連記事】
ふく流らーめん 轍 総本家 濃厚担々麺
ふく流らーめん 轍 ダブル☆クラッチ
ふく流らーめん 轍 SHURI
ふく流らーめん 轍 冷やし醤油らーめん
ふく流らーめん 轍 冷やし塩らーめん
ふく流らーめん 轍 煮干醤油らーめん 背脂増し
ふく流らーめん 轍 ふく流らーめんRemix
ふく流らーめん 轍 マゼニボジャンキー
ふく流らーめん 轍 煮干醤油らーめん
ふく流らーめん 轍 味玉ふく流らーめん
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.