4年が経ちました

約7年間飼っていた金魚さんが天に召された日から4年が経ちました。

2005年の夏に池田市のお祭りの金魚すくいでもらった金魚さんで、
そのうちの1匹の小赤はその後10日ぐらいで旅立ってしまいましたが、
残りの1匹の小赤と2匹の出目金は長く元気に暮らしてくれました。

それが2011年の冬に近所にいた野良猫に襲撃されてしまい、
1匹の出目金さんが旅立ち、生き残ったもう1匹の出目金さんも
その時点では何とか生き延びながらも冬を越せずに旅立ち、
頑張って冬を越した赤い金魚さんもその傷を癒すことができず、
5月の末に松かさ病にかかってしまい6月4日に天に旅立ちました。

なので、3匹とも6月4日に旅立ったというわけではないのですが、
自分の中では赤い金魚さんが他の2匹のことも背負いながら冬を越し、
2ヶ月という短い間ながらも頑張って再び元気な姿を見せてくれた、
という気持ちが強いので、6月4日が最も特別な日となっています。

このブログのテンプレートがずっと金魚さんのデザインなのも、
その3匹の金魚さんへの思いをずっと表現するためなのですよね。

ちなみに出目金さんのうちの1匹はだんだん体が赤くなってきたので、
それがテンプレートにいる赤と黒がまざった金魚さんに繋がってます。

例年この時期になると、当時書きなぐった文章を読み返してみたり、
お墓にあたる場所に花を飾るなどして思いを馳せながら過ごしています。

当時書いた文章を読み返すと、今でもやはり泣いてしまうのですよね。

そうしたこともあって、この時期が来るのは少し怖くもありますが、
それ以上に自分にとって大事にしたい時間という思いが強いです。

この記事を書くのはそうした文章を前日までに読み終えたうえで、
お花を飾った後で書いているのですでに気持ちは落ち着いてますが。

今年は例年よりも笑って過ごせればなんて思っていたのですが、
逆に昨年や一昨年以上に内に向かうような感じになった気がします;

なので、無理に笑って過ごそうなんてことを考えるよりも、
どのみち悲しくなるならこの時期は泣けばいいじゃないかと、
今年も途中からはそういう気持ちで過ごすようになりましたが!

今も毎日お墓にあたる場所、今はお墓という呼び方はしないで、
空にある金魚さんたちの池と庭とを繋ぐ場所ととらえてますが、
そこに顔を出して手を合わせてから1日を始めるようにしてるので、
今も繋がりは感じていて、喪失感を感じたりはしないのですよね。

ただこうして当時の気持ちに触れると、今も決して悪くないけど、
本当に望んでいた最良の未来がここにあるというわけではなくて、
やはり今もあのときのことは無念なのだと改めて痛感しますね。

とはいえ一方で、結果として旅立ってしまうことになったことを踏まえて、
そのうえで考えられる最良の未来を手にすることはできてるのですよね。

いろいろ考えていると、当時の無念さと今ここにあるものの価値が
相反するものであるかのように見えてきてしまったりもするのですが、
今ここになお残っている繋がりは当時の悲しみが生んだものでもあって、
それを考えるとこうして悲しみを振り返ることも意味があるのでしょうね。

それがまた当時と同じように、今をまた作ることに繋がるのでしょうし。
今年は例年よりもそうした悲しみに触れ直す意義を感じた気がしました(●・ω・)

ただ金魚さんたちと過ごした日々は悲しみに満ちた数ヶ月だけでなく、
それ以前の楽しい6年間やその後の再び繋がりを感じている今もあるので、
そうしたところも含めて振り返られる時期にしたいとも思っています。

金魚さんを飼っていたのは客観的には自分がどん底にいたと言える時期で、
そうした時期だっただけに精神的に非常に助けてもらってたのですよね。

ペットは飼い主がどういう状況であれ純粋に必要としてくれますし、
命がある限りはそうした気持ちをつねに表し続けてくれますからね、
そうしたことがその後の非常に強い思い入れに繋がってるのですよね。

さて、悲しい話はここまでにして、ここからは明るくいきましょう!(`・ω・´)

金魚さんが旅立ってから、そこによくマリーゴールドを買って
置いていたのですが、いつも2ヶ月程度で枯れていたのですよね;

そこで金魚さんが旅立って1年半ほど経った後の2013年の11月に
ためしに金魚草を買ってみたら、それがよく育ったのですよね!

2014年の6月時点ではまだ買ったときの鉢に入れたままでしたが、
その後よく育ったので同年11月に庭へと植え替えたのですよね!

そのおかげで2015年には50個ほどの花が一気に咲きました!

そして今年ですが・・・これがもうえらいことになっています!(;゚ω゚)

金魚草(2016年5月5日撮影)
(金魚草:2016年5月5日撮影)

どんどん巨大化が進み、今年は250個以上もの花が一気に咲きました!
これを見ると昨年の50個の花がこじんまりと見えてきてしまいますね!

かつて金魚さんにえさをあげに毎日やって来ていたのと同様に、
今ではこの金魚草さんを世話するのが大事な日課となっています!

金魚草は本来夏に弱く、一年草として扱うことが多いのですが、
うちの庭は北向きで直射日光が入りにくい位置になってるためか、
夏になっても枯れることなくすでに3年目を迎えてくれています!

しかもこの巨大化ぶりですから、なんともよく育ってくれたものです!(*゚◇゚)

金魚さんたちが旅立った後、こうして今も温かな気持ちを持ちながら、
繋がりを感じて過ごせているのは金魚草さんのおかげでもありますしね!

ぜひとも今年の夏も元気に越えて、4年目に向かってほしいものです!

金魚さんたちのお庭(2016年6月2日撮影)
(金魚さんの庭:2016年6月2日撮影)

そして今年もちゃんと金魚さんの庭にお花を飾ってあげました!

昨年はビンを3つ用意して飾ったのですが、左にある金魚草が
どんどん大きくなって飾れる場所がせまくなったこともあって、
今回は2つの花束を1つのビンだけにまとめて飾ることにしました!

また、例年はお花を飾ったビンがすぐに倒れてしまってましたが、
今年は安定した缶の中にビンを入れて倒れにくい場所に置くことで、
今のところは特に倒れたりすることもなく元気に飾れています!(*・ω・)

今年は場所がせまくなったことで庭に散らす花を減らしたのですが、
ビンを1つにまとめたことで意外と空いてる面積が広くなってしまい、
ちょっと空間が空いてしまう感じになったのはミスだったかもです;

ちなみに飾る花は2年前までは仏花などにしていたのですが、
昨年からはもっと明るさのある花を飾るようにしています!

金魚草と金魚さんたちのお庭(2016年6月2日撮影)
(金魚草:2016年6月2日撮影)

金魚草については6月2日時点ではこんな感じになっています!
右下に見えるのは以前に金魚さんたちが住んでいた水槽ですね。

5月に咲いた花はいったん全て落ちて、今は新しい花になってます!
すでにつぼみがたくさんあるので、1~2週間後にはまた満開になりますね!(`・ω・)+

金魚草は冬以外の季節はつねにいくつか花をつけてくれるので、
いろんな花の中でも季節を問わずほんとにぎやかなのですよね!

このにぎやかさをこれからもずっと続けてほしいものです!

さて、この記事の最後には毎年1つの曲を貼るようにしていますが、
なぜかいつもThe Beach Boys関連の曲を貼るのが定番化しています!

1966~1971年頃の曲の温かさと寂しさの同居した感じがいいのですよね。

今回は"The Nearest Faraway Place"というインスト曲ですが、
この音と「最も近い遠く離れた場所」というタイトルに惹かれました。

いつもこの庭を通して見ている空にある池を表現するのに、
これほどまでにしっくり来るものはない気がしましたし、
そのタイトルにぴたっとハマってくれる美しい曲ですしね。

ほんとこの時期は自分にとって1年で最も大切な時間ですね。
心を新たにして新しい1年間を過ごす大事な日でもあります。

悲しくも温かい、今年もそんな大切な数日間となりました(*・ω・)

The Beach Boys - The Nearest Faraway Place (1969)
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : 金魚 | ジャンル : ペット

コメント

 
1年の内で忘れられない日って何日かありますよね・・・。
ペットってもはや人間の家族と同じなのでお別れはツライです。
自分も以前ペットでインコ飼ってましたが、お別れの時が来ました。

何日かは仕事にならなかったですね (^_^;)

よくTVなどでペットが出ますよね!
またペット飼いたいです。

ペットの癒やしで自分もより元気になりたいです。

でも、そのペットとの楽しい生活より
お別れの時の悲しみの辛さのほうが強くてね・・・、
もうペット飼えなくなりました・・・(;´Д`)
たういさん、こんにちは。

今までペットは何度か飼ってきたことはありましたが、
この6月4日はその中でも最も忘れられない日になりましたね。

金魚さんたちが旅立ったときは「またいずれ飼うだろう」
と思ってましたが、気持ちの切り替えができなさそうだったので、
新たに飼うのは避けた状態がこのときから続いていますね。

ショックも大きかっただけに、守り切ることができずに、
同じ痛みを感じるのが怖いという思いもどこかにありますし;

今は12年前から飼っているにゃんこさんが元気にしてますが、
12年もなると寿命の点から見ても折り返しを過ぎていますし、
毎日を元気に彩ってくれているだけにお別れがいずれ来たときは
ものすごく寂しいだろうなぁ、と今でもよく考えてしまいますね(;・ω・)

それゆえに後悔しないようにずっと優しくすることと、
健康にはつねに気を使ってあげようと思っていますが!

長く一緒に暮らして思い入れが強くなればなるほど、
いずれ来るその日がものすごく悲しくなりますからね;

ペットを飼うというのも難しいものだなと思ってしまいます。

ではでは、コメントありがとうございました!(●・ω・)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.